デートレイプドラッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デートレイプドラッグ[1]英語: date rape drug)は、飲料に混入させ、服用した相手の意識や抵抗力を奪って性的暴行に及ぶ目的で使われる、睡眠薬抗不安薬である[1]デート・レイプ・ドラッグ[2]デートレイプ・ドラッグ[3]とも表記され、また単にレイプ・ドラッグ[4]ともよばれる。

睡眠導入剤フルニトラゼパムがよく用いられており、多くの国々が厳しい規制をかけている[2]向精神薬γ-ヒドロキシ酪酸(GHB)[3]解離性麻酔薬ケタミン[3]なども使用される。意識を失わせる意味では、類の大量摂取も同じ役割を果たすことになりうる[3]。睡眠薬を混入させた酒であればコップ1杯程度で記憶や意識がなくなるといわれる[4]

日本で犯行の際主に用いられるのは、代謝速度が速く証拠が残りにくい睡眠導入剤や短時間型の睡眠薬で、警察署に備えられている検査キットに反応しない種類のものだといわれる[4]。即効性持続性の異なる複数の睡眠薬を絶妙に配合して使用した例も知られている[4]

短時間で人体から排出されるため、被害に遭った場合、ただちに医師が対応し、尿血液を採取しておくことが重要である[5][4]カウンセリング検体検査も可能なワンストップの性暴力被害者支援センターを備える医療機関に、阪南中央病院[5]ストックホルム南総合病院などがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]