佐藤貢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 貢(さとう みつぎ、1898年明治31年)2月14日 - 1999年平成11年)9月26日)は、大正時代から昭和時代北海道経営者教育者

北海道興農公社の設立に関わり、後身の雪印乳業の初代社長をつとめた。また、長らく学校法人酪農学園理事長を勤めた。

来歴[編集]

札幌市生まれ。1916年北海道庁立札幌第一中学校卒業。北海道帝國大學農学部卒業。アメリカオハイオ州立大学農科大学で細菌学乳業を学び、1922年に帰国。家業である農業を継ぐ。

1925年、父・善七が設立者の一人であった有限会社北海道製酪販売組合の技師となり、雪印の名で「北海道バター」を製造販売。1940年有限会社北海道興農公社の専務1946年経済安定本部勤務。1950年企業分割で雪印乳業株式会社が設立されると同社代表取締役社長となる。その後は、同社代表取締役会長や同社相談役を歴任。

1966年酪農学園大学学長・酪農学園大学短期大学部学長・学校法人酪農学園理事長に就任(大学及び短期大学部の学長は1969年退任)。1982年からは学校法人酪農学園学園長も兼務した(~1985年)。1991年学校法人酪農学園理事長を勇退し、学校法人酪農学園名誉理事長に就任。1999年に逝去。

受賞歴[編集]

エピソード[編集]

  • 祖父は北海道山鼻村屯田兵として入植した[1]。父・佐藤善七は北海道庁長官官房勤務を経て、宇都宮仙太郎や黒澤酉蔵らとともに北海道製酪販売組合を設立した。この三人は北海道の「酪農三羽烏」と称された[2]
  • 佐藤が北海道製酪販売組合時代に瀬尾俊三(後の雪印乳業社長・同社会長)と共に考案したのが、雪印乳業株式会社の社章となった、結晶の中に、北海道を象徴する北極星を組み合わせたマークである[3]
  • 後の雪印の代表的な製品となる「北海道バター」は、販売当初は東京では「大島バター」の名で販売されていたのを情けなく思って箱の図柄に北海道の地図と、雪の結晶の中に、北海道を象徴する北極星を組み合わせたマークを入れて販売したのが始まりである[4]
  • 父同様にクリスチャンであり、葬儀はキリスト葬で営まれた[5]

注釈[編集]

  1. ^ 佐藤貢「ミルク人生」『私のなかの歴史 4』(北海道新聞社、1983年、p55)
  2. ^ ウェブマガジン カムイミンタラ ~北海道の風土・文化誌 :わたしの歩んだ道 佐藤 貢 北海道に理想の酪農郷建設をめざし 不毛の原野を沃野へとの志をつらぬいた道程”. kamuimintara.net. 2020年5月11日閲覧。
  3. ^ 佐藤貢「ミルク人生」『私のなかの歴史 4』(北海道新聞社、1983年、p63)
  4. ^ 同上
  5. ^ 故・佐藤貢雪印乳業名誉相談役社葬に2000人” (日本語). 日本食糧新聞電子版. 2020年5月11日閲覧。

参考文献[編集]


先代:
-
雪印乳業社長
初代: 1950年 - 1963年
次代:
瀬尾俊三
先代:
黒澤酉蔵
酪農学園大学短期大学部学長
第3代: 1966年 - 1969年
次代:
橋本吉雄
先代:
黒澤酉蔵
酪農学園大学学長
第3代: 1966年 - 1969年
次代:
橋本吉雄
先代:
黒澤酉蔵
学校法人酪農学園学園長
第2代: 1982年 - 1985年
次代:
遊佐孝五
先代:
黒澤酉蔵
学校法人酪農学園理事長
第5代: 1966年 - 1991年
次代:
遊佐孝五
先代:
-
学校法人酪農学園名誉理事長
初代: 1991年 - 1999年
次代:
-