大川一司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大川 一司(おおかわ かずし、1908年11月16日 - 1993年11月13日)は、日本経済学者一橋大学名誉教授文化功労者。1950年日本農学賞受賞。

長期経済統計(LTES:Long-term Economic Statistics)の中心的人物としても知られる。

来歴[編集]

静岡県生まれ。1933年東京帝国大学農学部卒業宇都宮高等農林学校教授、東京商科大学教授、1949年経済安定本部調査課長、1950年一橋大学教授。1952年農学博士、論文の題は「食糧経済の理論と計測 」 1958年経済企画庁経済研究所(のち内閣府経済社会総合研究所)初代所長、1969年一橋大学経済研究所所長、1972年定年退職、名誉教授。1974年財団法人国際開発センター理事公共企業体等労働委員会委員等も歴任。

1980年、叙勲二等旭日重光章。1987年文化功労者、没後叙正四位

弟子に大塚勝夫(元早稲田大学商学部教授)、伊東壮(元山梨大学学長)[1]石渡茂国際基督教大学名誉教授)[2]など。

著書[編集]

  • 食糧経済の理論と計測 日本評論社 1945
  • 生活水準の測定 岩波書店 1953 (一橋大学経済研究叢書第1)
  • 農業の動態分析 如水書房 1954
  • 農業の経済分析 大明堂 1955
  • 日本経済分析 成長と構造 春秋社 1962
  • 日本経済の構造 歴史的視点から 勁草書房 1974 (経済学全集)
  • 経済発展と日本の経験 大明堂 1976
  • 日本と発展途上国 勁草書房 1986.4

共編著[編集]

  • 朝鮮米穀経済論 東畑精一共著 日本学術振興会 1935
  • 日本経済の分析 1-2 都留重人 勁草書房 1953-1955
  • 日本経済の成長率 1878-1942年に関する実証的研究 岩波書店 1956 (一橋大学経済研究叢書)
  • 現代農業分析の展望 川野重任 大明堂 1958
  • 過剰就業と日本農業 春秋社 1960
  • 国民所得 春秋社 1960 (日本経済の分析 第1)
  • 日本農業の成長分析 大明堂 1963
  • 日本経済の長期分析 成長・構造・波動 速水佑次郎 日本経済新聞社, 1973
  • 日本の経済成長 20世紀における趨勢加速 ヘンリー・ロソフスキー 東洋経済新報社 1973
  • 近代日本の経済発展 「長期経済統計」による分析 南亮進 東洋経済新報社 1975
  • 経済発展論 日本の経験と発展途上国 小浜裕久 東洋経済新報社 1993.3
  • Growth mechanism of developing economies : investment, productivity, and employment, co-edited with 大塚勝夫 and Bernard Key, International Center for Economic Growth, 1993.
  • Technology diffusion : productivity, employment, and phase shifts in developing economies, co-edited with 大塚勝夫, University of Tokyo Press, 1994.

翻訳[編集]

  • 農業保護政策批判 地代論 デイヴィド・リカアドオ 岩波文庫 1948
  • 経済進歩の諸条件 コーリン・クラーク 勁草書房 1953-1955
  • 利子率その他諸研究 ケインズ理論の一般化 J.ロビンソン 梅村又次共訳 東洋経済新報社 1955
  • Japanese economic growth; trend acceleration in the twentieth century (with Henry Rosovsky, Stanford University Press, 1973.
  • Japan and the developing countries : a comparative analysis (co-dited with Gustav Ranis and Larry Meissner), Basil Blackwell, 1985
  • Patterns of Japanese economic development ; a quantitative appraisal (co-edited with Miyohei Shinohara and Larry Meissner), Yale University Press, 1979.

脚注[編集]

[ヘルプ]