小平重吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小平 重吉(こだいら じゅうきち、1886年9月10日 - 1960年4月3日)は、栃木県出身の日本の政治家

来歴・人物[編集]

1886年(明治19年)9月10日、栃木県の現下野市に生まれる。明治大学を中退後、1927年(昭和2年)の栃木県会議員選に立候補し当選。

1937年(昭和12年)には第20回衆議院議員総選挙に立候補し当選。1942年(昭和17年)の第21回衆議院議員総選挙(翼賛選挙)では落選した。1947年(昭和22年)4月に初代公選栃木県知事に当選。2期目任期途中の1955年(昭和30年)2月に辞任した。1960年(昭和35年)4月3日死去。享年73。

加藤武男(元三菱銀行頭取)と共に、日光カンツリー倶楽部の基を築き、毎年春には小平杯が行われている。

栃木県宇都宮市の総合運動公園の南側に、小平の銅像がある。

親族[編集]

長男の小平久雄は衆議院議員となり、総理府総務長官、労働大臣、衆議院副議長等を歴任した。

関連項目[編集]