東野鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東野鉄道
概要
現況 廃止
起終点 起点:西那須野駅
終点:那須小川駅
駅数 13駅
運営
開業 1918年4月17日 (1918-04-17)
廃止 1968年12月16日 (1968-12-16)
所有者 東野鉄道
使用車両 車両の節を参照
路線諸元
路線総延長 24.4 km (15.2 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
STRq
国鉄東北本線
exSTR+r
0.0 西那須野駅
exBHF
1.6 乃木神社前駅
exBHF
3.7 大高前駅
exBHF
4.6 大田原駅
exTUNNEL1
大田原隧道
exWBRÜCKE1
蛇尾川
exBHF
6.3 中田原駅
exBHF
9.8 金丸原駅
exBHF
11.7 白旗城址前駅
exSTR
↑1968年廃止区間
exBHF
13.1 黒羽駅
exSTR
↓1939年廃止区間
exBHF
? 狭原駅
exBHF
16.2 湯津上駅
exBHF
? 笠石前駅
exBHF
21.3 佐良土駅
exWBRÜCKE1
箒川
exKBHFe
24.4 那須小川駅

東野鉄道(とうやてつどう)は、かつて栃木県那須郡西那須野町(現・那須塩原市)の西那須野駅から同郡黒羽町(現・大田原市)の黒羽駅を経て同郡小川町(現・那珂川町)の那須小川駅までを結んでいた鉄道路線およびその運営会社である。黒羽 - 那須小川間は1939年に、西那須野 - 黒羽間が1968年廃止された。会社は鉄道事業廃止後、社名を東野交通と改め、バス専業の事業者として、2018年関東自動車と合併するまで存続した[1]

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):西那須野 - 那須小川間 24.4km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:13駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化

歴史[編集]

1918年に西那須野 - 黒羽間で開業した東野鉄道は沿線の農作物の輸送や、太平洋戦争前は金丸原(現・大田原市)の陸軍飛行場の軍事物資輸送を担っていた。1924年には八溝山地の木材輸送を目的として黒羽から那珂川に沿って南下し那須小川まで延伸されたが、昭和恐慌により那須小川から東進し茨城県大子まで延伸する計画は放棄された。これにより黒羽 - 那須小川間は存在意義を失い、さらに1938年8月の台風は箒川鉄橋に被害を与え復旧費は経営に多大な負担をかけたため1939年には廃止された[2]。残る西那須野 - 黒羽間も、旅客・貨物輸送量の低下や災害復旧にかかる経費の問題から1968年に廃止された。

なお、西那須野 - 大田原間には1908年から那須人車軌道が人が車両を押す人車軌道を運行しており1913年5月に東野鉄道と間で併合契約を締結していた。しかし金銭面で折り合いがつかず解約になってしまう[3]。その後は蒸気鉄道の東野鉄道の開業による影響で1921年頃から運行を取りやめ1934年に正式に廃止となった。

年表[編集]

  • 1913年(大正2年)
    • 3月3日 植竹三右衛門ほか26人が東野鉄道敷設許可申請を内閣総理大臣に提出[4]
    • 5月31日 那須人車軌道との併合契約締結(のちに解約)[4]
    • 8月15日 鉄道免許状下付(那須郡西那須野村-久慈郡大子町、那須郡川西町-同郡烏山町間)[5]
  • 1915年(大正4年)11月5日 起業目論見変更認可(那須郡西那須野村-同郡川西町間)[6]
  • 1916年(大正5年)2月8日 東野鉄道株式会社設立(社長植竹熊次郎[4][7]
  • 1918年(大正7年)4月17日 西那須野 - 黒羽間が開業[8]。西那須野、大田原、金丸原、黒羽の各駅を設置[9]
  • 1919年(大正8年)11月19日 鉄道免許状下付(那須郡川西町-久慈郡大子町間)[10]
  • 1924年(大正13年)12月6日 黒羽 - 那須小川間が開業[11]。湯津上、佐良土、那須小川の各駅を設置[9]
  • 1928年(昭和3年)2月1日 瓦斯倫動力併用実施[4]
  • 1933年(昭和8年)
    • 8月12日 笠石前停留所設置[4]
    • 8月17日 成田山前、中田原停留所設置[4]
  • 1935年(昭和10年)8月21日 乃木神社前停留所設置[4]
  • 1936年(昭和11年)5月14日 白旗前停留場設置(9月29日白旗城址前に改称)[4]
  • 1938年(昭和13年)9月1日 大出水により一部区間不通(再開1939年3月4日)[4]
  • 時期不詳 狭原駅開業
  • 1939年(昭和14年)
  • 1940年(昭和15年)9月12日 乃木神社前、成田山前、中田原、白旗城址前各停留場廃止認可[4]。成田山前は大田原中学校通学のため存続[14]
  • 1951年(昭和26年)以降 成田山前駅を大高前駅へ改称[9]
  • 1966年(昭和41年)9月25日 台風により蛇尾川鉄橋が損傷し不通(1967年1月5日復旧)[4]
  • 1968年(昭和43年)12月16日 西那須野 - 黒羽間廃止[9]

駅一覧[編集]

西那須野駅 - 乃木神社前駅 - 大高前駅 - 大田原駅 - 中田原駅 - 金丸原駅 - 白旗城址前駅 - 黒羽駅 - 狭原駅 - 湯津上駅 - 笠石前駅 - 佐良土駅 - 那須小川駅

  • 1940年(昭和15年)に乃木神社前、成田山前、中田原、白旗城址前各停留場の廃止認可が下りている

接続路線[編集]

営業当時のもの

輸送・収支実績[編集]

年度 輸送人員(人) 貨物量(トン) 営業収入(円) 営業費(円) 営業益金(円) その他益金(円) その他損金(円) 支払利子(円) 政府補助金(円)
1918 115,304 15,391 26,366 24,153 2,213 建物売却及雑損金173 14,079
1919 211,825 50,213 68,337 55,880 12,457 3,134 12,786 19,931
1920 229,392 55,527 88,681 68,835 19,846 4,557 702
1921 226,528 50,590 101,793 63,649 38,144
1922 225,477 48,653 107,816 74,641 33,175
1923 231,085 47,074 104,639 60,220 44,419 32 4,335
1924 249,655 57,339 117,581 70,541 47,040 2,377 516
1925 310,400 57,423 150,265 108,788 41,477 29,279 7,185
1926 302,961 67,508 124,656 94,082 30,574 27,319 50,502
1927 289,183 68,405 156,612 110,518 46,094 16,903 47,020
1928 310,172 67,439 156,042 113,080 42,962 自動車業3,832雑損509 5,781 34,368
1929 292,380 62,211 139,207 100,481 38,726 雑損2,593自動車業4,580 3,865 31,583
1930 364,524 55,937 117,505 101,747 15,758 自動車業3,553 5,149 31,583
1931 319,006 53,617 103,085 85,321 17,764 自動車業2,354雑損588 4,888 26,301
1932 305,553 48,152 93,183 84,505 8,678 自動車1,959 2,926 29,099
1933 287,509 49,497 93,127 89,410 3,717 自動車2,023雑損52 878 31,658
1934 272,536 54,889 100,542 91,205 9,337 自動車業12,698 208 31,658
1935 259,863 46,656 93,240 76,020 17,220 自動車業4,603雑損2,847 370 434
1936 267,014 52,956 100,394 60,142 40,252 自動車業18,647雑損2,849 377 94,672
1937 318,046 58,014 115,062 78,108 36,954 自動車業5,367 雑損償却金69,054
自動車業10,473
1,067 24,343
1939 378,643 69,555
1941 643,121 89,877
1945 1,798,465 102,979
1952 1,153,744 55,177
1958 1,400千 50,310
1963 1,351千 58,890
1966 727千 33,981
  • 鉄道院鉄道統計資料、鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料、鉄道統計、国有鉄道陸運統計、地方鉄道統計年報、私鉄統計年報各年度版

車両[編集]

蒸気機関車[編集]

A形 (1, 2)
1896年、ボールドウィン製の車軸配置2-4-2(1B1)形27t級タンク機関車。元鉄道院200形 (200, 201)。200は、DC202の入線後は予備機として在籍し、1964年廃車。201は、1961年廃車。
3形 (3)
1923年、コッペル製の車軸配置0-6-0(C)形26t級タンク機関車。1937年9月、室蘭埠頭へ譲渡。
C251
1896年、米ピッツバーグ製の車軸配置0-6-0(C)形25t級タンク機関車で、元鉄道省1690形(1690)。1947年10月、南部鉄道C251を譲り受けたもの。1956年、富士重工業に譲渡。
1356
1924年、汽車製造製の車軸配置0-6-0(C)形31t級タンク機関車。1948年、国有鉄道から譲受。1956年に三井埠頭へ譲渡[15]

ディーゼル機関車[編集]

DC20形DC201
1952年、新潟鉄工所製の元津軽鉄道DC20形DC201号。1964年12月譲受。背の低い箱形車体とロッド伝導が特徴。廃線後トレーラーで搬出され[16]西武所沢車両工場に持ち込まれL形スイッチャーに改造された[17][18]
DC20形DC202
元津軽鉄道DC20形DC202号。1961年5月譲受。同上。譲渡時期の違いから津軽鉄道時代の薄灰色で使用され続けたDC201と異なり、末期には茶色で塗装されていた[19]

気動車[編集]

キハ1形(1-3)
1928年、丸山車両製の木造単端式ガソリン動車を1933年に日本車両で鋼体化。1938年に1と2は売却、残った3も1948年に廃車となり、廃車体は1954年まで黒羽機関庫に残されていたのが確認されている[20]
キハ10形(10,11)
1929年、日本車両製の半鋼製二軸ガソリン動車。1964年にエンジンを撤去し客車化(ハ32,ハ33)され路線廃止まで使用[21]
キハ20形20
1936年、日本車両製の半鋼製二軸ガソリン動車。一段窓であったキハ10形に対して二段窓の軽快な外見となった。キハ500形入線後は閑散時間帯の列車やキハ500形の増結車として使用され、1964年に客車化(ハ31)されたが、路線廃止前に除籍となっている[22]
キハ30形30
1938年に常総鉄道キハ13を譲受。1948年に客車化されハ30となり路線廃止まで使用[23]
キハ500形501
五日市鉄道キハ501。1944年に国鉄から譲受。1950年にガソリンエンジンディーゼルエンジンへ換装した[24]
キハ500形502
元日本国有鉄道キハ41000形(キハ41008)。1949年に国鉄から譲受。当初は客車代用として使用したが、1950年にディーゼルエンジンを取り付け。路線廃止後は茨城交通に譲渡され湊線ハフ46となる[25]
キハ500形503
元日本国有鉄道キハ04形(キハ043)。1958年に国鉄から譲受。晩年はエンジンの故障によりトレーラー代用となった。

客車[編集]

ハ1形(1-3)、ロハ1、ハニブ1[26]
1918年に梅鉢鉄工所で製造された木造二軸客車で、二軸ガソリン車の客車化が進んだ1964年までに全車廃車となった。
ハ10形(10,11)、ハニブ10[27]
1924年に日本車両で製造された木造二軸客車。梅鉢鉄工所製の客車と同じく1964年までに全車廃車。
ハ30
元キハ30形30
ハ31
元キハ20形20
ハ32
元キハ10形10
ハ33
元キハ10形11

貨車[編集]

ワブ1形(1,2)
元カブ1,カブ2。1918年梅鉢鉄工所製、晩年は貨物輸送が衰退したこともあり、主に気動車改造客車の緩急車として使用[28]
ワ1形(1-5)
1918年に越後鉄道から譲受した有蓋車[29]
ト1形(1-5)
1918年に川越鉄道から譲受した無蓋車[30]

廃線後の状況[編集]

線路跡地のうち、西那須野駅 - 大田原駅付近手前までの全長約4.2kmの区画は自転車歩行者専用道路として大田原市と西那須野町によって1985年に都市計画道路に決定し同年以降段階的に整備され1990年に全線開通[31]、「ぽっぽ通り」という名称がつけられている[32]。ぽっぽ通りは、路面はアスファルト舗装で一部にブロックや切石を敷き詰め、歩行者と自転車を分ける中央分離帯には樹木が植えられ、随所にホームや蒸気機関車などをモチーフとしたモニュメントや案内板が点在[31]し、往時にはここが鉄道路線であったことを伝えている。その他の区画にも、橋台の一部が残っている鉄橋の跡地や、使われなくなったトンネルといった遺構を確認することができる場所も点在する[32]

東野鉄道の西那須野駅舎跡は、現在ステーションビルとなっている場所である[33]。乃木神社前駅跡は、廃線後ホームなどのモニュメントが造られた位置ではなく、乃木神社参道を挟んだはす向かいの参道西側(西那須野駅側)にあった[33]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 栃木県内の2大バス会社合併へ 関東自動車と東野交通が10月 東北・北関東で最大規模 - 産経ニュース、2018年5月26日
  2. ^ 『東野鉄道の時代』3頁
  3. ^ 『東野鉄道の時代』59頁
  4. ^ a b c d e f g h i j k 「年表」『東野鉄道の時代』59-62頁
  5. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1913年8月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 「軽便鉄道起業目論見変更」『官報』1915年11月6日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 『地方鉄道及軌道一覧. 昭和12年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1918年4月20日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ a b c d 『日本鉄道旅行地図帳』3 関東1、27頁。
  10. ^ 「鉄道敷設免許状下付」『官報』1919年11月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  11. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1924年12月12日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  12. ^ 「鉄道運輸営業廃止実施」『官報』1939年6月16日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  13. ^ 「鉄道起業廃止許可」『官報』1939年7月31日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  14. ^ 『東野鉄道の時代』4-5頁
  15. ^ 『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』27頁
  16. ^ 『東野鉄道の時代』58頁
  17. ^ 改造中の写真『所沢車輌工場ものがたり(下)』ネコパブリッシング、2002年、21頁
  18. ^ 所沢車輌工場での写真があり無番号になっている「DC20のこと」『鉄道模型趣味』No.332、18-19頁
  19. ^ 『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』28頁
  20. ^ 『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』32頁
  21. ^ 『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』32-34頁
  22. ^ 『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』34頁、36頁
  23. ^ 『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』34頁、36頁、41頁
  24. ^ 『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』34-35頁
  25. ^ 『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』34-35頁
  26. ^ 『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』36-39頁
  27. ^ 『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』36-40頁
  28. ^ 『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』37-38頁
  29. ^ 『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』37頁
  30. ^ 『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』37頁
  31. ^ a b 「ぽっぽ通り」『西那須野町の交通通信史』西那須野町史編さん委員会、西那須野町〈西那須野町史双書〉、1993年3月31日、241頁。全国書誌番号:93056129
  32. ^ a b 旧東野鉄道跡(ぽっぽ通り他)”. 栃木県の土木遺産. 土木学会関東支部栃木会 (2007年). 2009年9月11日閲覧。
  33. ^ a b 「東野鉄道の駅と停留場」『西那須野町の交通通信史』西那須野町史編さん委員会、西那須野町〈西那須野町史双書〉、1993年3月31日、180頁。全国書誌番号:93056129

参考文献[編集]

  • 青木栄一「昭和52年5月1日現在における補遺」『私鉄車両めぐり特輯』1、鉄道ピクトリアル編集部、鉄道図書刊行会、東京、1977年、補遺2頁。
  • 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』3 関東1、新潮社、2008年。ISBN 978-4-10-790021-0
  • 高井薫平『東野物語―東野鉄道51年の軌跡―』ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY 13〉。ISBN 4-87366-2060
  • 鉄道省『昭和12年10月1日現在鉄道停車場一覧』鉄道史資料保存会(1986年覆刻)、東京(覆刻は大阪)、1937年、p. 274。ISBN 4-88540-048-1
  • 益井茂夫「東野鉄道」『鉄道ピクトリアル』1960年12月号臨時増刊:私鉄車両めぐり1、1960年、 pp. 10, 43-45。(再録:『私鉄車両めぐり特輯』1、鉄道ピクトリアル編集部、鉄道図書刊行会、東京、1977年。
  • 益井茂夫「東野鉄道(私鉄車両めぐり第1分冊補遺)」『鉄道ピクトリアル』No. 1281962年3月号臨時増刊:私鉄車両めぐり2、1962年、 p. 103。(再録:『私鉄車両めぐり特輯』1、鉄道ピクトリアル編集部、鉄道図書刊行会、東京、1977年。
  • 『東野鉄道の時代』大田原市那須与一伝承館、2012年

関連項目[編集]