山本美越乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 美越乃(やまもと みおの、1874年明治7年)1月22日[1] - 1941年昭和16年)5月13日[1][2])は、明治から昭和時代前期の日本経済学者京都帝国大学総長。

経歴・人物[編集]

鳥羽藩士・山本昇平の三男として三重県志摩郡鳥羽町に生まれる[2][3][4]。鳥羽商船学校を飛び級で卒業し、同志社普通学校を経て、1903年(明治36年)京都帝国大学法科大学選科を卒業する[2][3]

大阪高等商業学校(現・大阪市立大学の前身)教諭を経て、山口高等商業学校(現・山口大学経済学部の構成母体)教授となり、同校の命にて、1905年(明治38年)経済学研究のため欧米に留学[1][2][3][4]コロンビア大学夏季講座を経て、ウィスコンシン大学大学院で経済学のほか、ポール・ラインシュより殖民政策を学び、文学修士を取得[4][5]。英国、ドイツを経て1907年(明治40年)帰国し、山口高等商校に戻り、高等官となる[4]文部省派遣で清韓視察し、1912年に京都帝国大学助教授となり、殖民政策などを講じる[4]。1918年に同大教授となり、経済学部長、総長(事務取扱)を歴任する[1][2][3]。退職後、同大名誉教授[2]

著作[編集]

  • 『労働問題』巌松堂書店、1913年。
  • 『支那に於ける独逸の経営』巌松堂書店、1914年。
  • 『戦後に対する我実業家の覚悟』戦後経済調査会、1916年。
  • 『我國民ノ海外發展ト南洋新占領地 (法律學經濟學研究叢書 ; 第21冊)』京都法學會、1917年。
  • 『植民政策研究』弘文堂書房、1920年。
  • 『植民地問題私見』弘文堂書房、1921年。
  • 述『我が国情と労資協調問題』電気協会東海支部、1927年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『山本美越乃』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e f 20世紀日本人名事典(日外アソシエーツ)『山本 美越乃』 - コトバンク
  3. ^ a b c d 人事興信所 1928, ヤ169頁.
  4. ^ a b c d e 山本美越乃博士年譜・著書論文目録高木眞助, 經濟論叢 (1934), 38(1) 1934-01
  5. ^ 大学の開講足立宇三郎、同志社大学

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


先代:
原田助
同志社校友会会長
1919年 - 1921年
次代:
松尾音次郎