羽田亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
羽田 亨
1953年
人物情報
生誕 (1882-05-15) 1882年5月15日
日本の旗 日本 京都府峰山町
死没 (1955-04-13) 1955年4月13日(72歳没)
出身校 東京帝国大学文科大学史学科
子供 (子)羽田明
(孫)羽田正
学問
研究分野 東洋史
研究機関 京都大学
指導教員 白鳥庫吉
学位 文学博士(京都帝国大学、1922年)
テンプレートを表示

羽田 亨(はねだ とおる、1882年明治15年)5月15日 - 1955年昭和30年)4月13日)は東洋史学者。京都大学名誉教授文化勲章受章者。文学博士(京都帝国大学、1922年)。

人物・生涯[編集]

1882年5月15日、京都府峰山町(後の京丹後市)に生まれる。

内藤湖南桑原隲藏らと共に京大東洋史学の黄金期を築き、「塞外史」の「西域史」の研究においてユーラシア大陸各地の遺文を解明するなど、日本の西域史学の確立に貢献した。内藤・桑原の亡き後は、宮崎市定田村實造らを率い、世界的な東洋史研究の拠点としての京大の立場を確固たるものとした。

1938年には、同じ文学部教授であった濱田耕作京都帝国大学総長の急逝に伴い後任総長に任ぜられ、厳しい時局の中で人文科学研究所・結核研究所・木材研究所などの設立に尽力した。また、広い学識と知見を持った羽田の弁舌は、しばしば他大学の総長を圧倒した。その弁舌をもって、1943年には大学院学生の特別研究制度を実現させた。京大農学部グラウンドで行われた学徒出陣式の際には「諸君、行き給え。そして帰り給え。大学は門を開いて諸君を待っている」という訓示を行い、多くの学生が涙したと言われる。なお京都帝国大学・京都大学では、羽田を最後に文学部から総長に選ばれた者はいない。

1955年4月13日、膵臓癌に肺炎を併発して京都大学医学部附属病院で死去した[1]

内陸アジア研究の発展に寄与した功績を顕彰するため、1966年に旧自宅付近がユーラシア文化研究センターになっている[2]

主著の一つである『西域文明史概論・西域文化史』が、1992年平凡社東洋文庫から復刊された。

家族[編集]

息子の羽田明も東洋史学者(中央アジア史)、孫の羽田亨一は西アジア史(イラン史)研究者(東京外国語大学名誉教授)、同じく孫の羽田正はイスラーム史学者(東大教授)である。

年譜[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

受賞歴・叙勲歴[編集]

著書等[編集]

著書[編集]

  • 『中等東洋史教科書』冨山房、1916年10月。NDLJP:985667
  • 『元朝駅伝雑考』東洋文庫〈東洋文庫叢刊 第1 附篇〉、1930年10月。NDLJP:1864881
  • 『西域文明史概論』弘文堂書房、1931年4月。NDLJP:1224603
    • 『西域文明史概論』弘文堂書房、1940年6月、4版。NDLJP:1919112
    • 『西域文明史概論』弘文堂書房、1948年8月、6版。NDLJP:1042488
  • 『西域文化史』座右宝刊行会、1948年6月。NDLJP:1042487
  • 『羽田博士史学論文集』上巻(歴史篇)、東洋史研究会〈東洋史研究叢刊 3之1〉、1957年11月。
  • 『羽田博士史学論文集』下巻(言語・宗教篇)、東洋史研究会〈東洋史研究叢刊 3之2〉、1958年11月。
  • 『西域文明史概論・西域文化史』平凡社〈東洋文庫 545〉、1992年2月。ISBN 9784582805451
  • 『羽田亨日記』京都大学大学文書館〈京都大学大学文書館資料叢書 1〉、2019年3月。

編書[編集]

  • 『支那学論叢 内藤博士還暦祝賀』弘文堂書房、1926年5月。
  • 『東洋史教授資料』冨山房、1932年11月。
  • 『満和辞典』京都帝国大学満蒙調査会、1937年12月。
  • 『飛鳥・奈良時代の文化』武田薬品工業、1955年5月。

監修[編集]

共編[編集]

記念論集[編集]

  • 『東洋史論叢 羽田博士頌寿記念』羽田博士還暦記念会編、東洋史研究会、1950年11月。

その他[編集]

弟子達の座談会での回想を収録。

脚注[編集]

  1. ^ 羽田亨”. 東文研アーカイブデータベース (2019年6月6日). 2020年4月13日閲覧。
  2. ^ 羽田記念館の沿革”. 京都大学大学院文学研究科・文学部. 2020年4月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]