オスカル・ケルネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケルネル田圃

オスカル・ケルネル(Oskar Kellner、1851年5月13日-1911年9月22日)は、農芸化学者

日本土壌肥料学と施肥技術の発展に尽くしたドイツ出身のお雇い外国人帝国大学農科大学で教鞭を執った。

ケルネルが研究の際に試験田として使用していたことから命名された「ケルネル田圃(たんぼ)」という田圃が、目黒区駒場野公園に存在する。現在、近隣に所在する筑波大学附属駒場中・高等学校の生徒の水田稲作実習に使われており、同校の入学式および卒業式では、ケルネル田圃で収穫された米で炊かれた赤飯が新入生、卒業生に配布される。

また、同じく駒場にキャンパスをかまえる東京大学教養学部では、平成18年度より、必修授業である「英語I」での一年生のリスニング教材に、ケルネルの功績を題材にしたものが登場している。

略歴[編集]

  • 1881年明治14)11月5日 来日。
  • 1892年(明治25)12月31日 日本永住を決意していたが、本国から要請されドイツに帰国。

その他[編集]

地元駒場で毎年行われている創作かかし大会『かかしコンクール[主催東京都農業協同組合中央会]』の冠は『ケルネルたんぼ』となっており、ケルネルの業績を讃えている。

外部リンク[編集]