安藤広太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1956年
銅像(丹波市柏原町の生家跡地)

安藤 広太郎(あんどう ひろたろう、1871年9月15日明治4年8月1日) - 1958年昭和33年)10月14日)は、明治から昭和期における農政家、農学者。農学博士[1]

加藤茂苞との共同研究で、世界で初めてイネの人為交配による新種の作成に成功したことで知られる。 九州帝国大学東京帝国大学農学部教授を併任、農商務省農事試験場長、内閣顧問文化勲章受章。

略歴[編集]

家族・親族[編集]

安藤家
  • 父・久次郎(兵庫県平民[1]
  • 継母・いわ(兵庫県平民、上野豊三郎の姉)[1]
  • [1]
  • 妻・はな(兵庫県平民、本庄久兵衛の二女)[1]
1873年 -

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『人事興信録 6版』人事興信所、1921年、あ9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年5月30日閲覧。
  2. ^ 『官報』1938年2月8日 敍任及辭令