黒川通軌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

黒川 通軌(くろかわ みちのり、1843年2月12日天保14年1月14日) - 1903年3月6日[1])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将男爵

経歴[編集]

伊予小松藩士・黒川定之丞の長男として生れる[2]。小松藩権少属を経て、明治政府に出仕し、兵部省糾問少佑、糾問大佑、糾問権正、糾問正を歴任し、1872年陸軍省6等出仕・陸軍裁判所評事兼勤となる。陸軍裁判所長、軍馬局長などを歴任し、西南戦争では別働第4旅団長官代理として出征、さらに別働第2旅団参謀長を勤めた。1878年11月、陸軍少将に昇進。

広島鎮台司令官、中部監軍部長心得などを歴任し、1885年5月、陸軍中将。名古屋鎮台司令官、第3師団長、第4師団長などを経て、1893年11月、東宮武官長兼東宮大夫に就任。1897年10月に休職した。1902年10月21日、予備役に編入[3]

1887年(明治20年)5月24日、勲功により男爵に叙され華族となった[2][4]。1903年(明治36年)3月6日没、61歳。

栄典[編集]

家族・親族[編集]

妻は筆代(飯尾瞿堂三女、弘化4年9月22日- 明治41年4月)[2]。『平成新修旧華族家系大成』には以下の1男3女を載せる[2]

嗣子の黒川幹太郎貴族院議員を務めた。幹太郎の死後は養子の黒川秀雄(黒川通幸長男)が跡を継いだが、秀雄が1937年(昭和12年)に没したあと襲爵の手続きがなされなかった[2]

脚注[編集]

  1. ^ 一柳頼紹”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク所収). 2014年4月2日閲覧。。平成新修旧華族家系大成では3月8日没とする。
  2. ^ a b c d e 平成新修旧華族家系大成』上、p.559
  3. ^ 『官報』第5792号、明治35年10月23日。
  4. ^ 『官報』第1169号、明治20年5月25日。
  5. ^ 陸軍少将黒川通軌外六名勲二等ニ進叙』 アジア歴史資料センター Ref.A15110025500 
  6. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  7. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  8. ^ 『官報』第2971号「叙任及辞令」1893年5月27日。
  9. ^ 『官報』第4293号「叙任及辞令」1897年10月21日。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
黒川(通軌)家初代
1887年 - 1903年
次代:
黒川幹太郎