渡瀬庄三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡瀬 庄三郎(わたせ しょうざぶろう、1862年12月31日文久2年11月11日) - 1929年昭和4年)3月8日)は、日本動物学者。名前は荘三郎とも表記。

東京(帝国)大学動物学教室の第5代教授。日本哺乳類学会初代会頭。沖縄島へマングースを移入したことで知られる。米国ウッズホール英語版にあるMarine Biological Laboratory(MBL)に学生および講師として滞在した最初の日本人。

人物[編集]

幕末江戸に生まれ、少年期の7~13歳までを沼津で過ごす。沼津兵学校附属小学校を卒業後上京、東京英語学校、東京大学予備門を経て、1880年(明治13年)、札幌農学校に入学。卒業後ただちに東京大学理学部動物学科に入学、動物学教室の第3代教授であった箕作佳吉に師事し、箕作と後に第4代教授となる飯島魁の下で、セミの発音器と金魚の尾鰭の発生について研究。その後、箕作と同様に、米国ジョンズ・ホプキンズ大学ウィリアム・キース・ブルックス英語版: William Keith Brooks)のもとに留学。理学博士となり、1890年よりクラーク大学英語版助手として頭足類複眼形態学的研究を行い、シカゴ大学では教授として教鞭をとった[1]。渡米後十余年を経て帰国、1910年、東京帝国大学に動物学第三講座が増設されると同講座の初代教授に就任し、細胞学組織学を講義した。1924年東京帝国大学を退職。

研究活動[編集]

渡瀬は頭足類の発生、生物発光などを研究したが、大きな方向性としては、生物地理学および応用動物学を志向した。前者の例としては、渡瀬線の発見がよく知られている。渡瀬は南西諸島生物相を検討するうち、屋久島種子島奄美群島の間(厳密にはトカラ列島の悪石島と小宝島の間)に、生物地理区旧北区東洋区を分割する分布境界線が存在することに気づき、1926年(昭和元年)にこれを発表した。この分布境界線は、現在も渡瀬線(渡瀬ライン)の名で知られている。また、後者では、シロアリ等の害虫の駆除法の研究や、養業の指導を行った。実験用としてウシガエルをはじめて輸入し、1910年にはハブノネズミの駆除を目的として沖縄島フイリマングースを移入したが、これらは結果的に、ウシガエル、アメリカザリガニ(ウシガエルの餌として輸入されたものが野生化)、マングースといった外来種を、日本生態系にもたらすこととなった。1928年(昭和3年)、蜂須賀正氏と共に日本生物地理学会を創設している。さらに渡瀬は、天然記念物保護法の発令に向けて運動し、1919年(大正8年)にこれを実現。同時に、「日本犬保守運動」の中心人物でもあり、急速に失われつつあった日本犬の保護に尽力したが、秋田犬をはじめとする日本犬の天然記念物指定の実現(1931年)を見ることなく世を去った。渡瀬の研究を引き継ぎ、積極的に推進した後進はほとんどなく、彼の没後、その学統は自然消滅した。

栄典[編集]

著書[編集]

論文[編集]

門下生[編集]

その他[編集]

  • 教育者・渡瀬寅次郎は実兄。
  • 渡瀬の研究テーマの一つに生物発光があり、ホタルについての著書として『学芸叢談−蛍の話』(1902年)がある。
  • 南西諸島に分布するジネズミ属の1種、ワタセジネズミ Crocidura watasei Kuroda 1924の和名は、渡瀬庄三郎にちなんだもの。また、渡瀬は「烏賊の発光器」という論文(1905年)によって、光を発する小さなイカを「ホタルイカ」と名づけ、以降、従来はコイカ・マツイカ等と呼ばれていたこのイカは、ホタルイカの名で呼ばれるようになった。ホタルイカの学名 Watasenia scintillans のうち、渡瀬にちなんだ前半の属名は、石川千代松からの献名である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 渡瀬庄三郎(わたせ しょうざぶろう)とは世界大百科事典第2版)には「客員教授」とある。
  2. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。
  3. ^ 『官報』第3509号「叙任及辞令」1924年5月7日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]