岡田正勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 正勝(おかだ まさかつ、大正11年(1922年12月8日 - 平成18年(2006年3月5日)は、日本政治家広島県福山市出身。民社党衆議院議員

略歴[編集]

昭和15年(1940年満州国撫順工業(大学?)土木科を卒業する。昭和26年(1951年)三原市議会議員に当選。5期務める。昭和46年(1971年広島県議会議員に当選。2期を務めた後、昭和54年(1979年)旧広島3区から衆議院議員総選挙に立候補し当選する。当選回数4回。平成2年(1990年第39回衆議院議員総選挙には立候補せず、引退した。

平成5年(1993年)勲二等瑞宝章を受章。平成18年(2006年)3月5日喉頭癌のため死去。83歳だった。