田淵実夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田淵 実夫
たぶち じつお
生年月日 1909年1月25日
出生地 広島県三次市
没年月日 (1991-03-08) 1991年3月8日(82歳没)
出身校 関西大学
所属政党 日本社会党

選挙区 旧広島3区
当選回数 1回
在任期間 1947年4月25日 - 1948年12月23日
テンプレートを表示

田淵 実夫(たぶち じつお、1909年1月25日[1] - 1991年3月8日[2])は、日本の俳人、政治家、民俗学者。

経歴[編集]

俳号・十風子広島県三次市生まれ。関西大学卒、京都大学大学院言語学専攻博士課程満期退学。中学、高校、大学教師ののち、1947年、第23回衆議院議員総選挙旧広島3区から日本社会党公認で出馬し初当選。1949年、落選。広島市立図書館長。広島市文化センター管理者。比治山女子短期大学教授[3]広島女学院大学教授[1]広島方言、石垣などを研究した。

著書[編集]

  • 『ちちしろ水 なつかしの動物民俗記』学友館図書 1952
  • 『日本の石垣』朝日テレビニュース社出版部 1967
  • 『石垣 ものと人間の文化史』法政大学出版局 1975
  • 『広島の方言とその語源』鼎出版社 1977
  • 『筆 ものと人間の文化史』法政大学出版局 1978
  • 『動物風土記』全3巻 小峰書店 こみねライブラリー 1979-81
  • 『いるかの海あびどりの海』村上勉絵 小峰書店 民話のえほん 1980
  • 『天牛水馬 句集』田淵十風子 東京美術 1982
  • 『瓢箪花咲く 俳諧風土』田淵十風子 牧羊社 1984
  • 『古里かなし』田淵十風子 牧羊社 現代俳句選集 1985

共著編[編集]

  • 『写真集明治大正昭和広島 ふるさとの想い出200』編 国書刊行会 1981
  • 『日本の技 8 山陽・四国潮の技 山陽・瀬戸内・四国』平川林木共編集 集英社 1983

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、689頁。
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 『石垣』著者紹介