高柳広蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高柳 広蔵(たかやなぎ ひろぞう、1867年1月18日慶応2年12月13日) - 1947年昭和22年)2月14日)は、日本政治家北海道岩見沢村長、岩見沢町長、岩見沢市長。

経歴[編集]

上野国(後の群馬県佐波郡豊受村、現伊勢崎市)に生まれる。東京法学院(現・中央大学)を卒業。

1895年(明治28年)7月、岩見澤村毛陽に入植し200町歩の開墾に従事。1901年(明治34年)7月10日、2代目岩見澤村長に就任。以来、39年間にわたり岩見沢村長、町長、市長を務める。

1901年(明治34年)6月11日今井勇吉が辞職した為、1901年7月10日に村会の村長選挙により高柳を選出。1901年7月10日(~1906年1月31日)岩見澤村長(2代目)に就任。1907年2月1日(~1909年7月10日)町制施行に伴い初代岩見澤町長に就任。1909年には前岩見澤沢町助役だった小田切亮二に町長選で破れる。その後、1913年10月20日岩見澤町議に対して町長による再選の斡旋があったとの批判により小田切が辞任。1913年12月11日(~1943年3月31日)岩見澤町長(3代目)に再就任。1943年5月12日(~1945年4月25日)市制施行に伴い初代岩見沢市長に就任。1945年に引退し、1947年、80歳で没。

1952年(昭和27年)には「高柳広蔵翁顕彰会」が同市の有志らによって設立され、功績を称え市庁舎前庭に銅像が立っている(1953年8月7日建立)

エピソード[編集]

岩見沢草創期から入植・開墾していたことや学識が深かったこともあり、岩見沢村民の推薦を受けて村長に就任。長期に渡り首長に留まっていたが、その運営手法は、大地主豪農優先・優遇の観点で村政・町政・市政にあたる事も多く、庶民からは「広蔵ではなく『狭』蔵である」と批判されることも多かった。

受賞歴[編集]

  • 1939年(昭和14年)12月勲五等
  • 1944年(昭和19年)自治顕功賞
  • 1963年(昭和38年)岩見沢市市制施行及び自治功労者表彰

家族[編集]

子息の高柳正雄も岩見沢市内で小中学校校長を歴任したことにより岩見沢市自治功労者表彰を受けている。 孫には北海タイムス代表取締役社長を務めた高柳幸雄などがいる。

参考文献[編集]

岩見澤百年史編纂委員会編『岩見澤百年史』(岩見沢市、1985年)

先代:
今井勇吉
岩見沢村村長
第2代:高柳広蔵 1901 - 1906
次代:
-
先代:
-
岩見沢町町長
初代:高柳広蔵 1907 - 1909
次代:
小田切亮二
先代:
小田切亮二
岩見沢町町長
第3代:高柳広蔵 1913 - 1943
次代:
-
先代:
-
岩見沢市市長
初代:高柳広蔵 1943 - 1945
次代:
川村芳次