蒲生八幡神社 (姶良市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蒲生八幡神社
Kamo hachiman shrine.jpg
所在地 鹿児島県姶良市蒲生町上久徳2259-1
位置 北緯31度45分57.2秒
東経130度34分10.9秒
座標: 北緯31度45分57.2秒 東経130度34分10.9秒
主祭神 応神天皇
仲哀天皇
神功皇后
社格 旧県社
創建 保安4年(1123年)
本殿の様式 神明造
別名 正八幡若宮八幡宮(旧名)
例祭 10月19日
地図
蒲生八幡神社の位置(鹿児島県内)
蒲生八幡神社
蒲生八幡神社
テンプレートを表示

蒲生八幡神社(かもうはちまんじんじゃ)は鹿児島県姶良市蒲生町上久徳にある神社。旧名は「正八幡若宮八幡宮」。

祭神[編集]

応神天皇仲哀天皇神功皇后八幡三神を祀る。

摂社・末社[編集]

歴史[編集]

藤原氏北家教通流の分出とされる蒲生(かもう)氏の初代当主舜清(ちかきよ)保安4年(1123年)に大隅国へ下向、生母が宇佐八幡宮の宮司家出身であった縁で同宮から勧請して創祀したという。戦国時代島津氏との激しい戦いの末に蒲生氏は敗れて島津氏の軍門に下り、弘治3年(1557年)他地に退去させられた。その後島津義弘により社殿が再建される。また元和4年(1618年)12月には義弘から鳥居と額が奉建されたともされる。

昭和60年(1985年)、台風13号の被害により社殿は大破し、現在の社殿はその後再建したものである。また、台風被害の翌年から「蒲生八幡神社」と改名した。2008年頃から社務所を鳥居の近くより社殿左に移転している。

文化財[編集]

蒲生の大クス

その他[編集]

  • 額の裏には社殿再建に関わった人物の名前が記載されていた。
  • 社殿のすぐ近くには蒲生小学校が建っているが、かつて寺院があったとされ、昭和初期に墓地移転の際に地中から巨大な仏像が発掘された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]