全国市議会議長会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全国市議会議長会
正式名称 全国市議会議長会
英語名称 National Association of Chairpersons of City Councils
組織形態  総務大臣への届出団体
所在地 東京都千代田区平河町2-4-2 全国都市会館6階
法人番号 4700150002944
代表 山田 一仁 (札幌市議会議長)
目的 地方自治の本旨にそい、都市の興隆発展を図ることを目的とする。
設立年月日 1932年5月21日
関連組織 市議会議員共済会
ウェブサイト 全国市議会議長会
テンプレートを表示
全国市議会議長会が入居している全国都市会館の外観

全国市議会議長会(ぜんこくしぎかいぎちょうかい、英称: National Association of Chairpersons of City Councils)は、市議会区議会による地方自治の協議会。国に地方への支援を訴えている。2019年1月7日現在の会長は札幌市議会議長の山田一仁である。

地方六団体の一つであり、他の全国知事会全国都道府県議会議長会全国市長会全国町村会全国町村議会議長会と共に地方自治確立対策協議会を組織している。 地方自治法第263条の3にある全国的連合組織として総務大臣に届出られた団体であり、地方自治に影響を与える事項について内閣、国会に意見書を提出できることとされている。

概要[編集]

1932年5月21日に全国112市(当時)の市議会が、議会権限強化、市財政強化のために全国市会議長会として発足した。戦後は全国市議会議長会と名称を変え、地方議会の権限強化、地方自治の活性化、地方分権などの活動を行なっている。[1]その他にも市議会の活性化についての協議や全国の市議会の活動の実態や定数・報酬や市議会議員についての事などを調査・研究している。

また全国の多くの市議会で採用されている共通記章を定めている。その他に一定年数以上勤めた市議会議員に対しての永年勤続表彰を行なっている。

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「70年の歩み」を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]