北川明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

北川 明(きたがわ あきら、1943年 - )は、日本の編集者実業家第三書館代表。

来歴[編集]

京都大学工学部卒業[1]東京都新宿区西早稲田に出版社、第三書館を設立。

日本赤軍[編集]

1975年昭和50年)、日本赤軍兵站委員会のメンバーだった島田恭一とスウェーデンの警察当局によって逮捕され、日本に強制送還されている[2]。同年9月、2人は羽田空港で逮捕された[2]。理由は旅券法違反で、2人はドイツ連邦共和国(当時、西ドイツ)の日本人商社員誘拐・身代金奪取作戦に参加する予定だったとされる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 木村英輝著「トゥーマッチな野郎たち」『団塊パンチ』(飛鳥新社)200頁
  2. ^ a b c 1975年9月4日付『毎日新聞』『読売新聞

関連項目[編集]