二之湯武史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
二之湯 武史
にのゆ たけし
生年月日 (1977-01-21) 1977年1月21日(40歳)
出生地 京都府京都市
出身校 京都大学経済学部経済学
所属政党 自由民主党岸田派
親族 二之湯智(父)
二之湯真士(弟)
公式サイト 二之湯たけしオフィシャルサイト

選挙区 滋賀県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2013年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

二之湯 武史(にのゆ たけし、1977年1月21日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)。

経歴[編集]

政策[編集]

以下は、毎日新聞による、複数の選択肢から一つを選ぶ方式のアンケートへの回答[4]

  • 憲法9条を改正して自衛隊を他国同様「国防軍」にすべき。
  • 集団的自衛権の行使が可能になるような、憲法解釈の見直しはすべきではない。
  • 日本の核武装について、国際情勢によっては検討すべき。
  • 首相や閣僚は靖国神社に参拝しても問題ない。
  • 原発は当面必要だが将来的に廃止すべき。

所属議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k プロフィール『滋賀県選挙区 参議院議員 二之湯武史』2016年2月1日閲覧
  2. ^ 財団の概要『稲盛財団』2016年2月1日閲覧
  3. ^ 二之湯さん独走、自民が議席奪還 参院選滋賀選挙区 京都新聞 2013年7月22日
  4. ^ 2013 参院選 選挙区 滋賀 二之湯武史『毎日jp(毎日新聞)』2016年2月1日閲覧
  5. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  6. ^ スポーツを産業に…自民がスポーツビジネス小委員会設置 - スポーツ報知、2016年1月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]