山田耕三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 耕三郎(やまだ こうざぶろう、1917年大正6年)1月15日2012年平成24年)9月22日)は、日本政治家滋賀県下坂本村村長、大津市議会議員、滋賀県議会議員を歴任。第20代大津市長(2期)となり、革新派の市長として福祉事業などを推進、「福祉の山耕」と呼ばれた。その後参議院議員を2期務め、一の会連合参議院に加わった。大津市名誉市民。勲二等瑞宝章

来歴・人物[編集]

1934年、滋賀県立膳所中学校(現・滋賀県立膳所高等学校)を卒業、1935年4月に島津製作所に入社[1]

1949年4月に下坂本村村長となり[1]、村長として大津市との合併に反対したが、在任中の1950年に合併した[2]1951年4月から1959年4月まで大津市議会議員を務め[1]、在日米軍の大津キャンプ返還運動を主導した[3]1959年4月から1971年まで滋賀県議会議員を務めた[1]

1972年社会党共産党の支持と労働組合の支援を受け、滋賀県初の革新首長として大津市長に当選した[4]助役に市建設部長山田豊三郎、収入役に同総務部長の田中和夫が就任した[5]。電車で初登庁したことが話題となった[5]。山田は市長として「市民本位の市政」を政治信条とし、「福祉は行政の原点」との信念を持った[1]

オイルショックが起こり、市の財政が危機に陥る中でも、福祉事業を推進して成果を収めた[6]。特に「乳幼児検診・大津1974年方式」、「障害乳幼児対策・大津1975年方式」など、全国でも先進的な児童福祉政策を行った[1][7]

他にも、市民センター建設や、人口増加に対応して学校施設や保育施設の整備、大津駅前都市の改造、瀬田駅前土地区画整理などの都市基盤整備も行った[1][7]。また、市民との対話を目的に、市長巡回相談も行った[5]

1959年から1974年まで下阪本農業協同組合長を務めた[1]

1976年に無投票で再任するが、1980年に参院議員に転じて退任。第12回参議院議員通常選挙に無所属で出馬し当選。中山千夏美濃部亮吉と共に院内会派一の会」を結成。その後、連合参議院初代代表に就任した。

1992年7月に政界引退。1992年11月に勲二等瑞宝章を受章。

1993年6月に滋賀地方自治研究センター理事長となった[1]10月1日に「卓越した行政手腕を発揮し、大津市発展の基礎を築」き、「福祉の向上と地方自治の確立に尽力」したとして大津市名誉市民に表彰される[1]

2012年9月22日、95歳で死去[8]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j "大津市名誉市民の略歴および業績" 大津市: 2008年3月10日閲覧.
  2. ^ 『新修 大津市史 6 現代』p303-304
  3. ^ 『新修 大津市史 6 現代』p391
  4. ^ 『新修 大津市史 6 現代』p499
  5. ^ a b c 『新修 大津市史 6 現代』p500
  6. ^ 『新修 大津市史 6 現代』p501,504
  7. ^ a b 『新修 大津市史 6 現代』p504
  8. ^ 山田耕三郎さん死去 元大津市長・参院議員 朝日新聞 2013年11月13日

参考文献[編集]

  • 大津市 『新修 大津市史 6 現代』 (大津市役所、1983年)
公職
先代:
西田善一
Flag of Otsu, Shiga.svg 大津市長
第20代:1972年 - 1980年
次代:
山田豊三郎