上原茂次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上原 茂次(うえはら しげじ、1893年明治26年)11月28日 - 1971年(昭和46年)5月28日)は滋賀県の政治家。大津市長を12年間務めるなど、地方自治に活躍した。

生涯[編集]

1893年(明治26年)11月28日、滋賀県高島郡大溝町(現高島市)に生まれた[1]1911年(明治44年)京都市立第一商業学校(現・京都市立西京高等学校)を卒業後、東京にて岩波書店に務め、3年余り東京にいた後、京都に戻り印刷業立ち上げを計画したが頓挫し、故郷に戻った[1]

1927年(昭和2年)、滋賀県会議員選挙に立候補するが落選、同年は長男を病で失い失意の年であったが、1929年(昭和4年)に大溝町議会議員に選ばれ、1930年(昭和5年)3月28日、前町長の辞任を受けて大溝町長に就任した[1]。理想選挙を掲げて積極的に政治活動を行い、この頃既に高島民正倶楽部会長となっていた。1931年(昭和6年)民政党より出馬し、念願の滋賀県会議員に当選した。

1930年(昭和5年)には、世界恐慌の煽りを受け農村の窮乏から女子進学者が激減した、大溝町立実科高等女学校存続のため、前田節と共に女子教育の重要性を説き、1936年(昭和11年)、同校の県立学校移管(滋賀県立藤樹実科高等女学校)を実現した。併せて初代校長に中江藤樹研究家の松本懿義を招き、中江藤樹の学風を基本とする徳育中心の女学校として生まれ変わらせた(1940年(昭和15年)3月には藤樹高等女学校と改称し、昭和23年4月滋賀県立今津中学校と統合され、現在滋賀県立高島高等学校となった)[2]

高島町長としての実績をもって、1952年(昭和27年)滋賀県大津市長選挙に立候補し当選した。大津市長としては、財政赤字脱却を図ると共に、教育施設の充実、道路等の整備、市民の健康と憩いの場である皇子山総合運動公園皇子が丘公園整備に尽力した。12年に亘り市長職に励み、1964年(昭和39年)引退した。1970年(昭和45年)大津市名誉市民に叙され、1971年(昭和46年)5月28日、77歳で死去した。

略歴[編集]

  • 1911年(明治44年)京都市立第一商業学校を卒業。
  • 1929年(昭和4年)滋賀県高島郡大溝町議会議員に就任。
  • 1930年(昭和5年)滋賀県高島郡大溝町長に就任。(以後、1938,1939,1941年を併せて4回就任)
  • 1931年(昭和6年)滋賀県会議員に就任。(以後大溝町長の合間)
  • 1943年(昭和18年)滋賀県高島郡高島町長に就任。
  • 1952年(昭和27年)滋賀県大津市長に就任。
  • 1964年(昭和39年)引退。
  • 1970年(昭和45年)大津市名誉市民。

主な業績[編集]

  • 大津市の財政再建5か年計画を樹立し、財政赤字を解消。
  • 大津市の教育3か年計画に基づき義務教育施設の充実をはかる。
  • 大津市の都市計画事業を策定し、湖岸道路の建設に着手。
  • 米駐留軍宿舎用地の返還運動を成功させ、跡地に皇子山総合運動公園・皇子が丘公園を落成。
  • 名神高速道路大津インターチェンジを現地に誘致(計画段階では現在の京都東インターチェンジが大津インターチェンジの予定であった)。
  • 県立石山高等学校の設立を誘致。

関連事項[編集]

上原茂次に係る書籍
  • 「高島町史」(高島町 1983年)
  • 「新大津市史 上巻」(奈良本辰也・大津市編 大津市 1962年)
  • 「大津」(大津市編 淡交新社 1964年)
  • 「日本の歴代市長 市制施行百年の歩み 第2巻」(歴代知事編纂会編 歴代知事編纂会 1984年)
  • 「滋賀県議会100年」(滋賀県議会 1979年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「滋賀県人物名鑑 下巻」(滋賀日出新聞社 1931年)
  2. ^ 「高島町史」(高島町 1983年)
公職
先代:
佐治誠吉
Flag of Otsu, Shiga.svg 大津市長
第18代:1952 - 1964
次代:
西田善一