西川太治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西川太治郎

西川 太治郎(にしかわ たいじろう、元治元年5月17日1864年6月20日) - 昭和17年(1942年6月15日[1])は、衆議院議員立憲同志会憲政会)、大津市長

経歴[編集]

近江国浅井郡南浜村(現在の滋賀県長浜市)出身。同人社で学んだ後、1888年明治21年)に東京専門学校(現在の早稲田大学)を卒業した[2]。卒業後、山梨日日新聞の記者となり、3年後に近江新報に主筆として招かれ、1896年(明治29年)には社長に就任した。その一方で、前田正名の地方産業振興運動に加わって全国を奔走。さらに農商務省の嘱託として、1898年(明治31年)にの商工業を視察、1903年(明治36年)には北清やシベリアでの日本製品販売の調査を行った。

1899年(明治32年)、大津市会参事会員となり、大津商業会議所会員、同会頭を歴任し、1907年(明治40年)に県会議員に当選した[3]1908年(明治41年)には大津市長に選出され、1910年(明治43年)まで務めた。

1915年大正4年)、第12回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第13回衆議院議員総選挙でも再選された。

その他、埋もれた志士や学者の顕彰に取り組み、池田屋事件で処刑された一族の西川耕蔵の招魂碑を建立した。

著書[編集]

  • 『全国週遊日記』(1897年)
  • 『長等の桜』(1927年)

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年、478頁。
  2. ^ 『滋賀県名士録』p.56-57
  3. ^ 『現代日本の政治家』立憲同志会p.54-56

参考文献[編集]

  • 細井肇 『現代日本の政治家』 国光社、1916年
  • 滋賀新報社編 『御大典記念 滋賀県名士録』 滋賀県名士録刊行会、1929年


公職
先代:
村田虎次郎
日本の旗 大津市長
4代:1908年 - 1910年
次代:
田村善七