上林巨人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上林 巨人
基本情報
本名 上林 巨人
通称 竹原2世[1]
階級 スーパーバンタム級
身長 167cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1987-01-02) 1987年1月2日(31歳)[2]
出身地 日本の旗 日本
広島県江田島市[2]
スタイルボクサーファイター[2]
プロボクシング戦績
総試合数 8
勝ち 7
KO勝ち 4
敗け 0
引き分け 1
テンプレートを表示

上林 巨人(うえばやし なおと、1987年1月2日 - )は、日本男性プロボクサー竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジム所属。階級はスーパーバンタム級広島県江田島市出身[2]

人物[編集]

  • 名前は母親が熱狂的な巨人ファンだったことに由来[3]

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

兄の影響でボクシングを始め[3]広陵高校で高校三冠を獲得[1]カザフスタンで行われたジュニア国際大会で金メダルを獲得[4][5]

日本大学進学後も、晴れの国おかやま国体バンタム級で大学の1年先輩向井寛史を破り優勝[6]。2年次には全日本選手権バンタム級優勝[1]

3年次には世界選手権出場も1回戦で敗退、連覇がかかった全日本選手権も小國以載芦屋大)に敗れ、北京オリンピック予選代表もライバルの萬田竜也(東農大)に奪われた[4]

2008年のチャレンジ!おおいた国体ではフェザー級で優勝する[7]が、全日本選手権では同郷かつ後にプロで同僚となる丸亀光法大)に決勝で敗れ準優勝[8]

2009年の全日本選手権で成松大介(東農大)に敗れて引退し、日大のコーチを務めた[1][3]。後に日出学園のコーチに就任していた[9]

プロ時代[編集]

1学年上の村田諒太東洋大職員)の世界選手権銀メダル獲得などに刺激され、2012年2月に退職してプロ入りを決断[1]。地元・広島の知人から同郷の竹原慎二会長を紹介され竹原&畑山ボクサ・フィットネス・ジムに入門[3]

2012年7月26日、日本ランカーの中嶋孝文(ドリーム)相手にB級プロテストを受験[1]。翌日合格[10]

2012年11月19日、小泉良太(北澤)戦でプロデビュー、2回に右ストレートが決まり相手セコンドがタオルを投げ入れるTKO勝利[11]

2013年3月12日、イムロン・ルークロンタン(タイ王国の旗 タイ)相手にプロ2戦目を行い、ダウンを奪って5回TKO勝利[12]

2013年5月31日、B級グランプリ準決勝として林涼樹(三谷大和スポーツ)と対戦、3-0の判定勝ちで3戦連続KOはならなかった[13][14]

2013年8月7日、B級グランプリ決勝として久我勇作ワタナベ)と対戦、3回にプロ初のダウンを奪われ、0-1の判定で引き分け、優勢点で準優勝となった[15]

2013年11月18日、初の8回戦として東洋太平洋バンタム級12位のマーク・ジョン・ヤップ(フィリピンの旗 フィリピン)と対戦、3-0の判定勝利[16]

2014年4月21日、アニス・セウフィン( インドネシア)と対戦し、41戦のキャリアを持つ相手に一方的な展開、5回に連打を見舞ったところでレフェリーストップTKO、1年1ヶ月ぶりのKO勝利を飾った[17]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:102戦 88勝 (47KO/RSC) 14敗[3]
  • プロボクシング:8戦 7勝 (4KO) 無敗 1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2012年11月19日 勝利 2R 2:39 TKO 小泉良太 (北澤) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2013年3月12日 勝利 5R 1:17 TKO イムロン・ルークロンタン タイ王国の旗 タイ
3 2013年5月31日 勝利 5R 判定3-0 林涼樹 (三谷大和スポーツ) 日本の旗 日本 B級グランプリ準決勝
4 2013年8月25日 引分 5R 判定0-1 久我勇作 (ワタナベ) 日本の旗 日本 B級グランプリ決勝
5 2013年11月18日 勝利 8R 判定3-0 マーク・ジョン・ヤップ フィリピンの旗 フィリピン
6 2014年4月21日 勝利 5R 1:04 TKO アニス・セウフィン  インドネシア
7 2014年8月13日 勝利 2R 1:40 KO シンノイ・シンマナサク タイ王国の旗 タイ
8 2014年12月15日 勝利 8R 判定3-0 オスカル・ブランケット メキシコの旗 メキシコ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

アマチュア
  • 第60回国民体育大会成年の部バンタム級優勝
  • 第76回全日本アマチュアボクシング選手権大会バンタム級優勝
  • 第63回国民体育大会成年の部フェザー級優勝

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “竹原2世!上林巨人がプロテストを受験”. nikkansports.com. (2012年7月27日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20120727-990047.html 
  2. ^ a b c d 所属選手”. 竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネスジム. 2013年11月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e せりしゅんやオフィシャルブログ「せりしゅんや的アマボク通信」より(2013-11-02閲覧)
  4. ^ a b せりしゅんやオフィシャルブログ「せりしゅんや的アマボク通信」より(2013-11-02閲覧)
  5. ^ 三冠 世界王者も倒す”. 中国新聞社. 2013年11月2日閲覧。
  6. ^ “第60回岡山国体”. ボクシングJP. (2005年10月27日). http://www.boxing.jp/cgi/siai_kekka/siai_kekka.cgi?mode=view&no=393 
  7. ^ せりしゅんやオフィシャルブログ「せりしゅんや的アマボク通信」より(2013-11-02閲覧)
  8. ^ “元アマ全日本王者丸亀 7.29プロデビュー”. Boxing News. (2013年6月6日). http://boxingnews.jp/news/522/ 
  9. ^ 日出高校 ボクシング部. “上林巨人(元日出ボクシング部コーチ)のプロ初試合について(ご紹介)”. 2014年1月5日閲覧。
  10. ^ “アマ6冠の超大物・上林がB級合格”. nikkansports.com. (2012年7月28日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20120728-990630.html 
  11. ^ “上林2回TKO白星デビュー/ボクシング”. nikkansports.com. (2012年11月20日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20121120-1049340.html 
  12. ^ “藤岡がメキシカンをKO 女子フライ級”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年3月12日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/03/blog-post_4562.html 
  13. ^ “上林プロ3連勝にも笑顔なし/ボクシング”. nikkansports.com. (2013年5月31日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20130531-1136002.html 
  14. ^ “5.31B級グランプリ準決勝 上林が3連勝”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年5月31日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/05/531.html 
  15. ^ “喜久里、久我らが優勝 B級グランプリ決勝”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年8月7日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/08/b.html 
  16. ^ “上林がヤップに勝利、丸亀も連勝”. Boxing News. (2013年11月18日). http://boxingnews.jp/news/8335/ 
  17. ^ “4.21後楽園ホール結果”. Boxing News. (2013年11月18日). http://boxingnews.jp/news/13235/ 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]