ボーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボーロ
Marubōro.jpg
丸ボーロ
別名 ぼうろ
種類 菓子
発祥地 ポルトガルの旗 ポルトガル
主な材料 小麦粉鶏卵砂糖
テンプレートを表示

ボーロ (bolo) とは、ポルトガル語においてはケーキを主とする菓子の総称であり[1]、特定の菓子の名前ではない。ただ、日本語においては小麦粉砂糖鶏卵牛乳を材料とした南蛮焼き菓子の事を指す[2]

日本での歴史[編集]

日本には16世紀に伝えられ、江戸時代の『古今名物御前菓子秘伝抄』などの菓子の製法書に製法が残されているものの、当時は材料として鶏卵は用いられていなかった[3]。その後、次第に材料に胡麻大豆などを用いる工夫も重ねられ、造形も王冠状、あるいは花びらのような形に成形された花ぼうろとして親しまれていた様子が『名代干菓子山殿』や『小紋裁』に記述されている。しかし、花ぼうろは成形の手間などから次第に廃れ、2016年現在その痕跡は沖縄県花ボウルとして見るに留まる[3][注釈 1]

日本のボーロの材料[編集]

たまごボーロ
蕎麦ほうる

日本のボーロは、小麦粉の他にも、そば粉片栗粉を主原料にする場合がある。これらの粉に、鶏卵、砂糖などを加え、場合によっては膨張剤も添加してから捏ね、成型してから焼き上げる。一般的にはカリッとした軽い歯ざわりと、口中で溶ける食感が特徴である。しかし、中にはカステラのように、しっとり焼き上げた物も見られる。形は、丸めてから平たくした物や、小粒の物など様々である。なお、小粒のボーロは、離乳食として用いられる場合もある。このように、材料も形状も食感も様々であり、販売される商品名にも様々な名称が用いられている。

地域の土産物[編集]

丸ぼうろ」は佐賀市の銘菓であり、佐賀を始めとする九州の土産菓子として有名である[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 他のボーロと異なり、沖縄の花ボウルは複雑な形をしており、食感はクッキーに近い。

出典[編集]

  1. ^ 和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典『ボーロ』 - コトバンク、2018年9月9日閲覧。
  2. ^ 中山圭子 2006, p. 126.
  3. ^ a b 中山圭子 2006, p. 127.
  4. ^ 佐賀んもんのソウルスイーツ……”. SAGA MAGA. 2020年3月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 中山圭子 『事典 和菓子の世界』 岩波書店、2006年2月24日。ISBN 4-00-080307-7ISBN 978-4-00-080307-6 

関連項目[編集]