世界の歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世界史から転送)
移動先: 案内検索

世界の歴史(せかいのれきし)では、太古、地球上に現れた人類が長い歴史を経て現代に至るまでを略述する。

概要[編集]

人類史のはじまり[編集]

最古の人類、ルーシーの骨(複製)

チャールズ・ダーウィンによれば、地球上のすべての生物は原始生物から自然淘汰を経てより高等な生物へ進化を遂げたものとして把握される(進化論)。ヒトを含む霊長類もその例にもれない。

人類と他の動物、他の霊長類の区別は、古来、神学上、哲学上の主要テーマのひとつとなり、諸学の発展した今日においてもさまざまな見解があるが、直立二足歩行こそが基準であるとの考えが有力である。それは、記録のない時代のことを証拠資料をもとに判断することはできないが、化石骨とその出土層位さえ与えられれば直立二足歩行の可能性は解剖学人類学の見地からの検討が可能となるのである。その年代は従来約400万年前といわれていたが、今日では約500万年前、学者によっては550万年前ないし600万年前の年代があたえられている。

約540万年前、現在のところ最古の猿人とよばれるアフリカ大陸アウストラロピテクス属が登場した。これが最初の人類とされている。東アフリカのタンザニアで、猿人の一種である、ジンジャントロプスの化石が発見された。

200万年前から100万年前、アフリカ大陸からユーラシア大陸に生活の場を広げたと考えられる。

約50万年前、原人が登場する。北京原人ジャワ原人が著名である。かれらの脳容量は猿人の約2倍(約1,000ミリリットル)あったと推定される。洞穴や河岸に住み、堅果採集狩猟生業としていたことが知られ、礫石器や火の使用の痕跡も確認されている。

約20万年前、旧人が現れた。ネアンデルタール人などの旧人の脳の容量は現世人類とほぼ同じ(1,300-1,600ミリリットル)で、剥片石器の使用が認められる。地質学上、氷河期にあたっていたため、をともなう住居に住んだり、毛皮衣服を着るなどの生活上の工夫がみられる。死者の埋葬もおこなわれており、たがいに協力しあって生活を営んでいたことが知られている

現生人類が登場するのは約4万年前のこととされる。化石人骨ではクロマニョン人が確認されている。クロマニョン人が描いたとされている壁画が、フランスのラスコーやスペインのアルタミラで発見された。

古代文明と諸地域世界の成立[編集]

現生人類は、次第に、狩猟や採集などの獲得経済から、農耕、牧畜などの生産経済へと移行していった。その中でも、狩猟や採集が比較的困難な、砂漠及び乾燥地帯などの地域かつ、農耕に必要な条件である、川が近くにある地域の人類が、いち早く集住をはじめ、そこで農耕や牧畜を行い、一定の食料を安定して生産できるように努めた。そしてそれが次第に文明へと進化して行った。(日本の文明の発展が比較的遅れてしまったのは、日本が森林や海など、食料を採集や狩猟で供給できる十分な環境があったため、集住や農耕をする必要性が比較的低かったためという説もある。)

4大文明の誕生と盛衰[編集]

そして、いち早く文明を築き、発展していったものが主に4つあると言われている。 一つは、今のイランなどの場所に位置する、メソポタミア文明、そしてエジプト文明、中国の黄河文明、そしてインダス文明。これらを総称して世界四大文明という。 また、これにアメリカ大陸メソアメリカ文明アンデス文明をくわえて、六大文明とすることもある。 エジプト文明とメソポタミア文明をあわせて、オリエント文明と呼ぶこともある。 オリエントとは「日ののぼるところ」及び「東方」を意味する。

メソポタミア文明[編集]

メソポタミア文明は、ティグリス川流域やユーフラテス川流域、またはその間で発達した文明である。 灌漑農業が発達したメソポタミア南部では、急激に人口が増え、数多くの大村落が成立し、それはやがて都市へと発展していった。紀元前2700年頃までに、シュメール人という民族がウルウルクなどの都市国家を形成し、神権政治を行った。また、楔形文字とよばれる文字も発明された。 しかし、セム語系のアッカド人が彼らを征服しメソポタミアを統一した。アッカドの王は「四方世界の王」と称し、この言葉は「四天王」の語源となった。  そして、時は進み今度はセム語系のアムル人古バビロニア(バビロン第一王朝)を建て、バビロン第一王朝のハンムラビ王は「目には目を、歯には歯を」で有名なハンムラビ法典をつくった。 その後、その頃には珍しい鉄製の武器をはやくから使用していたインド=ヨーロッパ語族ヒッタイトが彼らを滅ぼし、アナトリア高原(現在のトルコ付近)に国家を建国した。また、バビロン第一王朝滅亡後のバビロニアにはカッシート人、その北にはミタンニ王国、そして後述のエジプト新王国も含めて諸王国が並立する複雑な政治状況が生じ、しばらく続いた。 この時代の過程で、太陰暦が誕生し、これに修正を加えた太陰太陽暦も誕生し、天文、数学など様々な学問が発達した。

エジプト文明[編集]

エジプト文明はナイル川を中心として発展した文明である。エジプト文明は、エジプト古王国エジプト中王国、エジプト新王国、の3つの時代に分けられる。 エジプトでは、国家統一以前にノモスと呼ばれる地域の政治的まとまり(領土国家領域国家)が複数存在した。エジプトではメソポタミアよりもはやく統一国家が成立した。紀元前3000年メネスがエジプトを統一し、古王国では、王はファラオと呼ばれた。また、ギザにはピラミッドも誕生した。 中王国時代にはセム語系の戦士集団、ヒクソスシリアから侵入し、国内は一時混乱したが、新王国が起こって彼らを追放し、トトメス3世(古代のナポレオン)は、シリアとヌビアを征服したが、次第に衰退しアッシリアアケメネス朝の侵入を受けて滅亡した。新王国時代には、ツタンカーメンが存在した。また、神聖文字(ヒエログリフ)を使用し、太陽暦が誕生した。

インダス文明[編集]

インダス文明とは、インダス川流域で発展した文明のことであり、位置はインドよりも、どちらかと言えばパキスタン寄りである。インダス文明はドラヴィダ人によって作られたとされる、インド最古の文明で、遺跡としては、モヘンジョダロハラッパーなどがある。インダス文字が作られたが、いまだ解読されていない。 また、この頃のインダス文明では、強大な権力を示す、神殿や王宮が発見されていない。 やがて、滅亡し、インド=ヨーロッパ語族のアーリヤ人が侵入し、パンジャーブ地方に住み着いた。その後、ガンジス川に進出し、その後、今のカースト制と呼ばれる身分制につながるヴァルナ制やジャーティも誕生した。 また、これらの制度を否定して、ブッダ(ガウタマ=シッダールタ)が仏教を、ヴァルダマーナジャイナ教を開いた。

ユーラシアの交流圏[編集]

アジア諸帝国の繁栄[編集]

ヨーロッパ世界の勃興と主権国家体制[編集]

ヨーロッパでは、ルネサンス宗教改革大航海時代が幕を開け、絶対王政が確立した。

近代の確立と帝国主義[編集]

アメリカ合衆国の独立、フランス革命ナポレオンによるフランス第一共和政第一帝政の後、ウィーン会議、フランスの復古王政第二共和政第二帝政第三共和政ドイツイタリアの統一、アメリカの南北戦争産業革命など

帝国主義で列強は世界各地に植民地を形成した。平等の思想である社会主義が台頭した。

20世紀世界へ[編集]

二度の世界大戦は総力戦となった。ロシア革命ソビエト連邦が誕生した。アメリカ合衆国とソ連との間で冷戦が勃発した。

ソビエト連邦の解体とドイツ再統一によって、アメリカが勝利する形で冷戦は終結した。


時代別・歴史の一覧[編集]

注:細かい項目をたくさん並べることが目的ではありません。

人類以前~人類の祖先[編集]

20万年前 - 前10000年[編集]

約2万年前、氷期のピークに。以後、温暖化。
旧石器時代

前10000年 - 紀元前6千年紀[編集]

前10000年から2000年までの世界の人口増加。 垂直(人口)軸は対数表記
中石器時代 - 亜旧石器時代
新石器時代
農耕の開始。温暖化進む。

紀元前5千年紀 - 紀元前3千年紀[編集]

温暖期。現在よりも暖かく、海面も若干高い。
初期の文明が出現し、地域によっては文字の記録が現れる。

紀元前2千年紀 - 紀元前7世紀[編集]

温暖期がピークを超え、やや寒冷化傾向。
青銅器時代鉄器時代

紀元前6世紀 - 紀元前3世紀[編集]

紀元前2世紀 - 2世紀[編集]

古代の超大国の出現

3世紀 - 4世紀[編集]

5世紀 - 6世紀[編集]

7世紀[編集]

8世紀[編集]

9世紀[編集]

10世紀[編集]

11世紀[編集]

12世紀[編集]

13世紀[編集]

14世紀[編集]

15世紀[編集]

16世紀[編集]

17世紀[編集]

18世紀[編集]

19世紀[編集]

20世紀[編集]

前半
後半

21世紀[編集]

世界の歴史の一覧[編集]

地域・各国史[編集]

以下はカテゴリ「世界史」に含まれるサブカテゴリまたは分類された個別記事の一覧である。

東アジア[編集]

東南アジア[編集]

中央ユーラシア・中央アジア[編集]

南アジア[編集]

西アジア[編集]

アフリカ[編集]

ヨーロッパ・ロシア[編集]

アメリカ[編集]

オセアニア・太平洋[編集]

一体的な世界史を試みた歴史書[編集]

欧米で「歴史の父」と呼ばれるヘロドトス紀元前5世紀頃に著したとされる『歴史』は、ヘロドトスが知りえた時代と地域の歴史に関するもので、自らが属するギリシア文明圏を超えた世界を展望した最初の歴史書といえるものであった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]