北京興亜学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北京興亜学院
創立 1939年
所在地 中国・北京
初代校長 辻野朔次郎
廃止 1945年?
後身校
同窓会

北京興亜学院 (ペキンこうあがくいん) は、中国語・中国文化の研究教育団体だった北京同学会によって1939年昭和14年) に設立され、1941年旧制専門学校となった学校。1943年からは東亜同文会による運営となった。

概要[編集]

  • 1903年明治36年)、北京在留邦人により中国語研究のために設立された私塾 「支那語研究会」 を起源とする。
  • 改称・改組を重ねた後、1928年には「日語科」(日本語学科)を設置し、日本人に中国語を、中国人に日本語を教える語学校となった。
  • 1939年北京興亜学院と改称後、3年制高等商業学校に準じた学科内容に変更された。
  • 1941年専門学校令により認可された後、1944年北京経済専門学校と改称された。
  • 1945年、日本の敗戦・内地への日本人引き上げにより事実上廃校となった。

沿革[編集]

語学校時代[編集]

  • 1903年8月: 北京在留の東京外国語学校清語科出身者らが発起人となり、私塾 支那語研究会を設立。
    • 北京・東単二条胡同に所在。
  • 1905年12月: 清語同学会と改称。北京・霞公府紗帽胡同に移転。
  • 1913年大日本支那語同学会と改称 (校長: 西田畊一)。
  • 1923年9月: 北京・東単二条胡同の日本人学校校舎に移転。
  • 1925年6月10日: 北京同学会語学校と改称。
    • 正科: 3年制 (支那語・関連学科を教授)。
    • 夜学部 (1921年設立の北京夜学校を改組): 2年制 (支那語・英語・実務科目を教授)。
  • 1925年6月17日: 創立式を挙行。
  • 1928年5月: 日語科を設置。
  • 1931年3月: 北京同学会語学校校則制定。
    • 華語正科 (2年制)・研究科 (1年制)・夜学科 (2年制)・日語科初級班 (6ヶ月)・日語科高級班 (6ヶ月) を設置。
  • 1935年4月1日: 北京・東城小羊毛胡同26号 (元・横浜正金銀行社宅) に移転。
    • 規則改正: 華語班正科 (2年制、中学校卒以上対象)・別科 (2年制)・研究科 (1年制、専門学校卒程度対象)・日語班普通科 (6ヶ月)・日語班高等科 (6ヶ月) を設置。
    • 校歌制定。『丈夫大地を踏むところ』 (小池定雄・日比生登 作詞、美野崎敏治 作曲)。
  • 1939年5月: 在北京大使館から興亜院華北連絡部文化局に所管変更。

北京興亜学院時代[編集]

  • 1939年12月1日: 北京興亜学院と改称。
  • 1940年初頭: 北京同学会の財団法人化認可。
  • 1940年3月: 第1回卒業 (語学校時代の入学者)。
  • 1940年4月: 学則制定。
    • 本科3年制 (主要学科目は皇民科・支那学・支那経済・商業実務・支那語)・別科 (支那語コース。各半年制: 初級班・中級班・高級班・補習班)。
    • 語学から経済学・商学に比重が移された。
  • 1941年12月23日: 勅令第1199号で専門学校認可
  • 1941年12月29日: 第3回卒業 (3ヶ月繰上卒業)。
  • 1942年9月5日: 第4回卒業 (6ヶ月繰上卒業)。
  • 1943年2月: 逍遙歌発表。 『朔風砂塵を吹きまきて』 (中島八太郎 作詞、長瀬重男 作曲)。
  • 1943年11月1日: 北京同学会から東亜同文会に移管。
    • 北京同学会は東亜同文会に吸収された。
  • 1944年4月: 北京・西城宣武門内絨線胡同に移転。小羊毛胡同の旧校地は寮となる。

北京経済専門学校時代[編集]

  • 1944年8月1日: 7月31日付勅令第486号で北京経済専門学校と改称。
  • 1944年9月18日: 第1回卒業。
  • 1945年9月25日: 第2回卒業生に卒業証明書を発行。

日本の敗戦により内地に引き揚げ、富山県の旧呉羽紡績工場跡地への移転も画策されたが実現せず、事実上の廃校となった (法規上の学校廃止は、1947年3月とされる)。

歴代校長[編集]

北京同学会語学校
  • 校長: 中山龍次 (1925年6月 - 1927年)
  • 校長: 辻野朔次郎 (1927年 - 1939年11月)
北京興亜学院
  • 院長: 辻野朔次郎 (1939年12月1日 - 1939年12月5日死去)
  • 院長事務取扱: 辻田力 (1939年12月5日 - 1940年3月1日)
  • 院長: 中目覚 (1940年3月1日 - 1943年4月5日)
    • 大阪外国語学校名誉教授
  • 院長事務取扱: 別所孝太郎 (1943年4月5日 - 1943年10月10日)
  • 院長事務取扱: 坂本龍起 (1943年10月10日 - 1944年7月31日)
北京経済専門学校
  • 校長: 市谷信義 (1944年8月1日 - 1945年5月死去)
  • 校長事務取扱: 山田昊 (1945年5月 - )

校地の変遷と継承[編集]

著名な出身者[編集]

関連書籍[編集]

  • 那須清(編) 『北京同学会の回想』 不二出版、1995年11月。
  • 霞山会 『東亜同文会史・昭和編』 霞山会、2003年8月、115頁-117頁・583頁-587頁。

関連項目[編集]