京城高等商業学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

京城高等商業学校(けいじょうこうとうしょうぎょうがっこう)は、1922年大正11年)3月、日本統治下の朝鮮に設立された旧制専門学校。通称は「京城高商」。

概要[編集]

  • 京城高商の前身は東洋協会によって設立された東洋協会専門学校拓殖大学の前身)京城分校である。この分校が本校から独立して東洋協会京城専門学校、さらに私立京城高商への改組を経て官立専門学校となった。朝鮮総督府の所管学校であり、本科が設置された。
  • 日本統治下の朝鮮に存在した専門学校の中で唯一「内地人」教育を掲げる学校だった。
  • 第二次世界大戦中に京城経済専門学校京城経専)と改称された。
  • 日本の敗戦に伴う廃校ののち、韓国人によるソウル経済専門学校として再発足し、ついで商科大学としてソウル大学校の一部に組み込まれ(現:経営大学)、現在に至っている。
  • 卒業生により同窓会「崇陵会」が組織されている。

沿革[編集]

  • 1907年(明治40年)10月 - 京城府大和町一丁目24番地に「東洋協会専門学校台湾協会学校の後身校)京城分校」が設立される。
    • 河合弘民(文学博士)が幹事に就任。
  • 1915年(大正4年)8月 - 本校の改称に伴い「東洋協会植民専門学校京城分校」と改称。
  • 1916年(大正5年)6月 - 朝鮮総督府により、東洋協会植民専門学校京城分校の設立が認可され、その管轄下に置かれる。
  • 1918年(大正7年)
    • 4月 - 本校の拓殖大学への昇格に伴い、「東洋協会京城専門学校」として独立。(創立年
    • 6月 - 独立に伴い開校式を挙行。
  • 1919年(大正8年)
    • 3月 - 旧・東洋協会植民専門学校の3年修了者の卒業式を挙行。東京本校から派遣された生徒の卒業式はこの時をもって最後となる。
    • 5月 - 京城崇二洞に校舎を新築し移転を完了。同年寄宿舎も新築される。
  • 1920年(大正9年)5月 - 朝鮮総督府・朝鮮銀行満鉄3者出資の財団法人が経営母体となり、「私立京城高等商業学校」に改組される。
  • 1922年(大正11年)3月 - 官立(国立)「京城高等商業学校」に改組される。本科(修業年限3年)を設置し、同年4月に開校。
  • 1941年昭和16年)12月 - 修業年限が2年9ヶ月に短縮され、第22回生の卒業式を繰り上げて挙行。
  • 1944年(昭和19年)4月 - 京城法学専門学校を統合し、「京城経済専門学校」と改称。修業年限をさらに2年6ヶ月に短縮。
  • 1945年(昭和20年)8月 - 日本の敗戦に伴い、廃校
廃校後
  • 1945年10月 - 韓国人による「ソウル経済専門学校」として再発足。
  • 1946年8月 - 国立ソウル大学校を構成する商科大学となる。

歴代校長[編集]

前身である東洋協会京城専門学校・私立京城高等商業学校の時期、および経済専門学校への改称後の時期も含む。

幹事
  • 初代 - 河合弘民(1907年(明治40年)10月 - 1915年(大正4年)4月)
  • 第2代 - 児玉秀雄(1915年(大正4年)4月 - 1916年(大正5年)11月)- (前)朝鮮総督府総務局長
校長
  • 初代 - 吾孫子勝(1916年(大正5年)11月-1921年3月) - 京城専修学校(のちの京城法学専門学校)校長と兼務。
  • 第2代 - 鈴木孫彦(1921年6月-1921年3月) - 初代の専任校長
  • 第3代 - 岩佐重一(1928年3月-1939年4月)
  • 第4代 - 山本智道(1939年4月-1943年4月)
  • 第5代 - 兼安麟太郎(1943年4月-1945年8月) - 1944年4月より京城経専校長。

校地[編集]

関連書籍[編集]

  • 京城高等商業学校(同経済専門学校)同窓会崇陵会 『京城高等商業学校創立70年記念文集;一粒の麦』 1990年
  • 稲葉継雄 『旧韓国~朝鮮の「内地人」教育』 九州大学出版会2005年 ISBN 4873788846
    • 第13章「京城高等商業学校」。

関連事項[編集]

他の官立高等商業学校については高等商業学校#主要な高等商業学校を参照。

外部リンク[編集]