金東祚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金 東祚
各種表記
ハングル 김동조
漢字 金東祚
発音: キム・ドンジョ
日本語読み: きん・とうそ
テンプレートを表示

金 東祚(김동조 キム・ドンジョ 1918年8月14日 - 2004年12月9日[1])は、韓国の政治家。1965年から1967年にかけて初代駐日大使を務め、1973年から1975年にかけては大韓民国外務部の長官(外相)を務めた。

人物[編集]

1918年釜山府で生まれる。京城高等商業学校を経て、九州帝国大学法文学部法科を卒業。李東煥内務次官は高等商業学校の同期。厚生省および内務省に勤務する。駐日大使として着任した時、信任状捧呈式のために皇居にやってきた際、外務省儀典長だった藤山楢一は、金に「あなたは九州帝大出身だから、日本語でやられるでしょ」と言うと、金は「いや、オレは英語でやる」と答えた。捧呈が終わって昭和天皇は金と雑談している。近づいてみると金が日本語で「陛下、もう少し韓国の海苔を買ってください」と場違いな注文をしていた[2][3]

着任翌年の1966年、サムスン物産による韓国へのサッカリン密輸事件に関わる[4]。笹子勝哉によると、金はサムスングループ代表者(当時)である李秉チョルの私兵だとされ、また三井物産日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約交渉の過程において、金の依頼を受け、駐日韓国大使公邸の提供を行った。これは三井不動産が管理していた山陽特殊製鋼(1965年倒産)東京寮だったものであり、韓国はこの代金を1973年ごろに支払っている。価格は1億9000万円であった[5]

2004年12月9日ソウル特別市で死去。

脚注[編集]

  1. ^ “‘한국외교 산증인’ 김동조 전 외무부장관 별세”. ハンギョレ. (2004年12月9日). http://www.hani.co.kr/section-005100036/2004/12/005100036200412092135001.html 2007年10月23日閲覧。 
  2. ^ 岩見隆夫 『陛下の御質問 昭和天皇と戦後政治徳間文庫 [い-27-1] ISBN 4198903565、86-87p/文春文庫 [い-58-1] ISBN 978-4167679408、93-94p
  3. ^ 「戦後日韓経済関係の形成における両国財界人の役割 - 」日韓文化
  4. ^ 室伏哲郎実録 日本汚職史』 ちくま文庫 [む-2-1] ISBN 4480022031、374p
  5. ^ 笹子勝哉 『政治資金 吸収マシーンのからくり現代教養文庫 1217(B-205) ISBN 4390112171、93-94p。93pにサッカリン密輸事件のことも記されている。
公職
先代:
金溶植
大韓民国の旗 大韓民国外務部長官
第16代:1973 - 1975
次代:
朴東鎮
外交職
先代:
(創設)
大韓民国の旗 駐日大韓民国大使
初代:1965 - 1967
次代:
厳敏永
先代:
金顕哲
大韓民国の旗 在アメリカ合衆国大韓民国大使
第8代:1967 - 1973
次代:
咸秉春