大連高等商業学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大連高等商業学校
国公私立の別 官立
設立年月日 1936年
創立者 松村行蔵
閉校年月日 1946年
テンプレートを表示

大連高等商業学校 (だいれんこうとうしょうぎょうがっこう) は、1936年昭和11年) 11月に、当時日本の租借地であった関東州大連に設立された旧制専門学校。通称は大連高商

概要[編集]

  • 当初は私立で発足し、1941年4月に官立移管された高等商業学校
  • 修業年限3年の本科のほか、1年制の別科 (1941年4月廃止) を設置した。
  • 第二次世界大戦中に大連経済専門学校大連経専) と改称され、工業経営科が新設された。
  • 終戦後、校地はソ連軍に接収され、1946年5月、廃校となった。
  • 同窓会は 「星浦会」(せいほかい) と称する。

沿革[編集]

私立時代[編集]

  • 1936年11月17日: 福海茂太郎により財団設立。
  • 1937年4月18日: 大連高等商業学校 第1回入学式。翌 19日、授業開始。
  • 1937年9月: 大亜寮開設。
  • 1938年5月: 星浦学会発足 (新聞部・雑誌部・事業部・研究部)。大亜寮寮歌 (玄界灘の) 発表。
  • 1938年10月: 『大連高商論叢』 発刊。
  • 1939年4月: 新亜寮開設。
  • 1939年7月: 逍遙歌 (夕陽照り添う)、応援歌 (渤海湾に) 発表。
  • 1940年3月: 大連高商同窓会発足。

官立時代[編集]

  • 1941年4月2日: 官立移管発令 (大連高等商業学校官制: 勅令第366号)。
星浦学会解消、興亜経済研究所が発足。別科 (修業年限1年) を廃止。
  • 1941年5月5日: 官立大連高等商業学校開校式。
  • 1941年12月: 第3回生、繰り上げ卒業。
  • 1942年9月: 第4回生、繰り上げ卒業。
  • 1944年4月: 大連経済専門学校と改称、工業経営科を新設。
大亜、新亜、白波の三寮を光明寮に統合。新入生は全寮制となる。
  • 1945年9月: 第7回生、卒業手続き。校舎・光明寮がソビエト軍に接収される。
  • 1946年5月25日: 学校存続を断念、在学生 (第8、9回生) に在学証明書を発行して廃校。

歴代校長[編集]

  • 開校準備業務担当: 村川澄 (1936年11月 - 1937年3月)
  • 初代: 松村行蔵 (1937年3月 - 1942年12月) * 病気により退官
  • 第2代: 徳重伍介 (1942年12月 - ) * 元山口高商教授

校地[編集]

発足当初は早苗仮校舎を使用。1938年9月末に光明台校舎が完成し移転した。校歌 (藤山一雄 作詞作曲) に登場するのは光明台である。1944年4月、大連経専に改称した際、早苗校舎 (旧早苗小学校校舎) に移転し、それまでの光明台校舎は光明寮となった。敗戦により、校舎・寮ともにソ連軍に接収され、廃校を迎えた。

著名な出身者[編集]

関連事項[編集]

他の官立高等商業学校については高等商業学校#主要な高等商業学校を参照。

関連書籍[編集]

  • 大連高等商業学校星浦会本部(編) 『大連高等商業学校同窓会名簿』 1994年6月。
    • 年譜・校歌楽譜が掲載されている。
    • 年譜の出典は、星浦会校史編集委員会(編) 『還らざるふるさと - 大連高等商業学校の記録』 1974年10月 と記されている。