旧制医学専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
旧愛知県立医学専門学校門跡(名古屋大学鶴舞地区)

旧制医学専門学校(きゅうせいいがくせんもんがっこう)は、太平洋戦争前・中の旧学制における医師養成学校のひとつ。専門学校令により設置された高等教育機関である。

概要

旧制医学専門学校は、入学するために中等学校を卒業し高等予備教育(旧制高等学校もしくは大学予科)を修了する必要があった旧制大学医学部医科大学とは異なり、高等予備教育を経ず5年制の旧制中学校高等女学校卒業により入学し、4年若しくは5年の学修年限により臨床医の即時養成を主な目的とした。明治政府は大学令以前には帝国大学以外に大学としての高等教育を認めておらず、医師の養成は大学レベルの帝国大学と専門学校レベルの医学専門学校の2系統で行われていた。

大正時代になり、原敬内閣の高等教育拡充方針に従って1920年大学令が公布され、帝国大学以外の官公私立大学の設置が認められるようになると、各地の医学専門学校が医科大学に昇格した。この時昇格した学校は下記の通りである。

官立(国立)
岡山医学専門学校(岡山医科大学→岡山大学
新潟医学専門学校(新潟医科大学→新潟大学
金沢医学専門学校(金沢医科大学→金沢大学
長崎医学専門学校(長崎医科大学→長崎大学
千葉医学専門学校(千葉医科大学→千葉大学

公立
京都府立医学専門学校(京都府立医科大学)
・愛知県立医学専門学校(県立愛知医科大学→官立名古屋医科大学→名古屋帝国大学→名古屋大学
熊本医学専門学校(熊本県立熊本医科大学→熊本県立医科大学→熊本医科大学→熊本大学

私立
東京慈恵医院医学専門学校(東京慈恵会医科大学)
日本医学専門学校(日本医科大学)

一方で一連の昇格によって医学専門学校は減少し、昭和の戦前期には官立・公立校は内地に1校もなく、私立の8校(内2校は女子医専)のみになった。この内6校は大正末期から昭和初期にかけて新設されたものであった。外地には朝鮮に官公立3校、私立1校(朝鮮語で教育を行うセプランス総合医専)、台湾に官立1校が存在した。[1]

太平洋戦争戦開戦後は医師速成の必要性から大学医学部や医科大学にも附属の臨時医学専門部を設置し医学専門学校と同等の教育をさせると共に、数多くの医学専門学校が設置された(戦時中の医師不足対策を参照)。 また、日本大学専門部医学科が日本大学医学部に昇格した。

戦後になって僻地の医師不足解消のため医科大学(6年制)よりも短期間で医師を養成する学校が検討されたが、戦前の医専と同じでは医師の質の問題があると判断され6年制での医科大学として自治医科大学が創立された[2]

戦後のA級B級判定

戦後になり医学教育が大学に一本化されることになり、医学専門学校(大学医学専門部を含む)はGHQの審査によりA級校とB級校に選別され、A級校は旧制の医科大学に昇格し、学制改革により新制大学に移行した。A級判定されたのは45校で、うち44校が昇格した。

B級判定とされたのは7校で、いずれも医学科は廃校となり多くが旧制高等学校に転換(戦後特設高等学校と呼ばれている)、高知県立女子医専は女子専門学校に転換して、それぞれ学制改革を迎えた。なお、旧医専には戦災により壊滅したことがB級判定の原因である学校も含まれる。

脚注

  1. ^ 昭和13年出版、欧文社編輯部『全国上級学校大観』、「醫專・齒科醫專・藥專之部」より
  2. ^ 医療の再生に向けて,全体で支援を. (PDF) 『月刊地域医学』Vol.25 No.7 2011年
  3. ^ a b 1・2年次はA級判定され、徳島医科大学に昇格。3・4年次はB級判定され、旧制徳島高校に転換
  4. ^ A級判定されたが、官立移管・旭川移転を実現する運動が起こって結局頓挫。そのため旧制大学への昇格申請には間に合わず、新制大学として開学
  5. ^ a b c d e f 国立大学に移管
  6. ^ 1952年に九州高等医専を廃止して、新制久留米大に医学部を新設。1961年に旧制久留米医大を廃止して、久留米大医学部に合併した
  7. ^ 専門学校令による女子専門学校
  8. ^ 医学科のみ旧制高等学校へ転換。歯学科は福岡県立歯科医学専門学校を経て新制九州歯科大学

関連項目