旧制医学専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

旧制医学専門学校(きゅうせいいがくせんもんがっこう)は、太平洋戦争前・中の旧学制における医師養成学校のひとつ。

概要[編集]

旧制医学専門学校は、大学医学部医科大学と違い、5年制の中等学校および3年制の予備教育(旧制高等学校もしくは大学予科)を経ないで、5年制の旧制中学校高等女学校卒業により入学し、4年ないし5年の修業年限で臨床医の即時養成を主な目的とした。明治政府は当初、帝国大学以外に大学レベルの医学教育を認めなかったため、現在の私立医科大学の多くは戦後までは医学専門学校だった。(#戦後のA級B級判定参照)

大正時代になり大学令が公布され、国立(官立)では岡山医学専門学校(岡山医科大学→岡山大学)、新潟医学専門学校(新潟医科大学→新潟大学)、金沢医学専門学校(金沢医科大学→金沢大学)、長崎医学専門学校(長崎医科大学→長崎大学)、千葉医学専門学校(千葉医科大学→千葉大学)、公立では京都府立医学専門学校(京都府立医科大学)、愛知県立医学専門学校(県立愛知医科大学→官立名古屋医科大学→名古屋帝国大学→名古屋大学)、熊本医学専門学校(熊本県立熊本医科大学→熊本県立医科大学→熊本医科大学→熊本大学)、私立では東京慈恵医院医学専門学校(東京慈恵会医科大学)、日本医学専門学校(日本医科大学)が医科大学に昇格した。

その後しばらくは大学への昇格は無かったが、戦争直前に日本大学専門部医科が日本大学医学部に昇格している。

戦中には医師速成の必要性から大学医学部や医科大学にも附属の臨時医学専門部を設置し医学専門学校と同等の教育をさせると共に、数多くの医学専門学校が設置された(戦時中の医師不足対策の項を参照)。

戦後のA級B級判定[編集]

戦後になり医学教育が大学に一本化されることになり、医学専門学校(大学医学専門部を含む)はGHQの審査によりA級校とB級校に選別され、A級校は旧制の医科大学に昇格し、学制改革により新制大学に移行した。A級判定されたのは45校で、うち44校が昇格した。

B級判定とされたのは7校で、いずれも医学科は廃校となり多くが旧制高校に転換(戦後特設高校と呼ばれている)、高知県立女子医専は女子専門学校に転換して、それぞれ学制改革を迎えた。なお旧医専には戦災により壊滅したことがB級判定の原因である学校も含まれる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 1・2年次はA級判定され、徳島医科大学に昇格。3・4年次はB級判定され、旧制徳島高校に転換
  2. ^ A級判定されたが、官立移管・旭川移転を実現する運動が起こって結局頓挫。そのため旧制大学への昇格申請には間に合わず、新制大学として開学
  3. ^ a b c d e f 国立大学に移管
  4. ^ 1952年に九州高等医専を廃止して、新制久留米大に医学部を新設。1961年に旧制久留米医大を廃止して、久留米大医学部に合併した
  5. ^ 専門学校令による女子専門学校
  6. ^ 医学科のみ旧制高等学校へ転換。歯学科は福岡県立歯科医学専門学校を経て新制九州歯科大学

関連項目[編集]