黄梅院 (京都市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
黄梅院
直中庭.jpg
枯山水庭園・直中庭
所在地 京都府京都市北区紫野大徳寺町83-1
宗派 臨済宗大徳寺派
寺格 大徳寺塔頭
創建年 永禄5年(1562年
開基 春林宗俶
文化財 本堂(附:玄関)、庫裏、伝雲谷等顔筆 襖絵(重要文化財)
法人番号 6130005001207
テンプレートを表示

黄梅院(おうばいいん)は、京都府京都市北区紫野にある、臨済宗大徳寺派の寺院。同派大本山大徳寺塔頭。通常は非公開だか、春と秋に特別公開される。

歴史[編集]

永禄5年(1562年)に織田信長が父・信秀の追善供養のため春林宗俶(大徳寺98世)を迎えて創建、黄梅庵と名付けられた。天正18年(1582年)の本能寺の変により信長が急逝し、その葬儀が羽柴秀吉により大徳寺で盛大に行われた。秀吉は信長の塔所として黄梅庵を改築したが、主君の塔所としては小さすぎるという理由から大徳寺山内に総見院を新たに創建した。その後、春林の法嗣の玉仲宗琇(大徳寺112世)が入寺し、小早川隆景の帰依を受け、堂宇を整備。黄梅院と改められた。天正16年(1588年)に隆景の援助で本堂が建立されている。当院は近世を通じて小早川氏の宗家の毛利氏の保護下にあった[1]

院内には毛利家、織田家の墓所のほか、小早川隆景、蒲生氏郷などの墓塔がある(非公開)。

建造物[編集]

本堂(重要文化財
天正16年(1588年)に小早川隆景の援助により建立された本瓦葺・入母屋造の建物で、禅宗特有の方丈建築である。内部の襖絵(重要文化財)は雪舟の画風を継承した毛利家御用絵師である雲谷等顔筆で、室中の「竹林七賢図」や檀那の間の「西湖図」など44面が残る[2]。昭和52年(1977年)に約400年ぶりに解体修理が行われた。
唐門(重要文化財)
本堂と同時期に建立される。重要文化財指定名称は「玄関」。  
書院・自休軒(じきゅうけん)
承応元年(1652年)頃の建立[3]。大徳寺を開いた宗峰妙超(大燈国師)の遺墨「自休」を扁額に懸けて軒名としたもので、千利休の師・武野紹鴎好みと伝わる昨夢軒(さくむけん)という4畳半の茶室がある。
茶室・昨夢軒
武野紹鴎好みと伝わる4畳半の茶室。書院に組み込まれているが、元は独立した建物で境内東南側にあり、書院建立時に移築されたという。千利休より時代的に古い紹鴎の「好み」とするには様式的に不審な点もあり、江戸時代後期に復興されたものとの見方もある[3]
庫裏(重要文化財)
天正17年(1589年)に小早川隆景の寄進によって建立された切妻造妻入・杮葺の建物で、禅宗寺院の庫裏としては日本最古級のものである[4]
表門
庫裏と同じく小早川隆景により建立されたもので、平成17年(2005年)に修理された。
鐘楼
鐘は天正19年(1592年)に加藤清正により寄進されたもので、朝鮮伝来のものと伝わる。

庭園[編集]

破頭庭
作仏庭
直中庭(じきちゅうてい)
書院南庭。千利休62歳の時に作られたと伝える苔一面の枯山水庭園で、豊臣秀吉の希望による瓢箪を象った池を手前に配し、加藤清正が持ち帰った朝鮮灯籠が据えられている[5]
破頭庭(はとうてい)
本堂の前庭にあたる簡素な庭で、天正年間に作られたといわれる。
作仏庭(さぶつてい)
本堂の北裏側にある庭で、生々流転(しょうじょうるてん)を表しているという。

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 本堂 附:玄関
  • 庫裏
  • 紙本墨画竹林七賢図 伝雲谷等顔筆 襖貼付16面
  • 紙本墨画芦雁図 伝雲谷等顔筆 襖貼付14面
  • 紙本墨画山水図 伝雲谷等顔筆 襖貼付14面

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『昭和京都名所図会 5 洛中』、p.118; 『国史大辞典』8巻、p.813
  2. ^ 『昭和京都名所図会 5 洛中』、p.118
  3. ^ a b 『国史大辞典』8巻、p.813
  4. ^ 文化遺産データベース「黄梅院庫裏」
  5. ^ この庭については、「江戸末期の作庭で、明治以後にたびたび改造されている」とする資料もある(『昭和京都名所図会 5 洛中』、p.119)

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名大系 京都市の地名』、平凡社、1979
  • 竹村俊則『昭和京都名所図会 5 洛中』、駸々堂、1984
  • 『国史大辞典』、吉川弘文館

座標: 北緯35度2分30.2秒 東経135度44分45.8秒