JR東海エクスプレス・カード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

JR東海エクスプレス・カード(ジェイアールとうかいエクスプレス・カード)は、東海旅客鉄道(JR東海)の提携カードクレジットカード)である。

以下、「JR東海エクスプレス・カード」を単に「エクスプレス・カード」と表記している箇所がある。

概要[編集]

1989年平成元年)6月1日[1]セントラルファイナンス(現:セディナ。以下「CF」と表記)において個人会員と法人契約による法人会員の募集を開始。2004年3月まで個人会員はJR東海と関係した一部加盟店でのみ利用可能なハウスカードのみであった。

主に東海道新幹線出張で高頻度利用する法人客をメインターゲットとしており、法人会員では個別に優遇条件が設定されている。開始当初よりオペレータを介してJR全線の指定席券をチケットレス予約し、乗車日にJR東海の指定席券売機またはJR全線きっぷうりばで発券する「電話予約サービス[2]」があり、後述のエクスプレス予約開始までカードサービスの目玉となっていた。

2001年(平成13年)9月3日、エクスプレス・カード会員を対象としたエクスプレス予約が開始。東海道新幹線のコンコースを中心として会員の募集勧誘が積極的に行われるようになる。2004年(平成16年)4月にJR東海みどりの窓口が国際クレジットブランド加盟店となり他社クレジットカード会員に開放すると同時に、VISA/マスターカード/JCB搭載のCF(現:セディナCF)提携カードにリニューアルした、個人向けカードの新規発行・募集が開始。

個人用においては2004年3月までJR東海のJR全線きっぷうりばではエクスプレス・カードとJRカード(JR6社と各ブランドの提携)以外のクレジットブランドを扱わなかったため、電話予約サービス・エクスプレス予約利用のほか、定期乗車券FREX新幹線回数券など高額商品のクレジット決済用途において一定の需要が存在した。

2006年(平成18年)8月31日で会員専用電話予約サービスは廃止され、JR東海でのチケットレス購入はエクスプレス予約のみとなった[3]2008年(平成20年)3月よりエクスプレス予約会員を対象としたEX-ICサービスが開始された。

ビューカード東急カードなど他鉄道会社系クレジットカードとは異なり、系列駅ビル提携カードクレディセゾンを介して発行しており[4]これらのカードにはエクスプレス・カードの機能は付かない(ただし、クレジットブランド経由でスマートEXの登録利用は可能)。その一方で、東京駅一番街キュービックプラザ新横浜アソシアホテルズ&リゾーツにおいては、エクスプレス・カードを含むエクスプレス予約会員証提示による特典を用意している。

特徴[編集]

エクスプレス予約[編集]

東海道新幹線及び西日本旅客鉄道(JR西日本)の山陽新幹線のインターネットチケットレス予約サービスであるエクスプレス予約を利用する事が出来る。

2008年3月ダイヤ改正より「EX-IC」が開始され、e特急券の代わりにエクスプレス予約会員専用のEX-ICカード+交通系ICカードの2枚もしくは、エクスプレス予約会員登録[5]済みのモバイルSuicaを新幹線自動改札機にかざすのみで乗車可能となる。これに伴い、エクスプレス・カード(個人用ハウス)加盟店にモバイルSuicaも追加された。

2009年12月5日より、エクスプレス・カード個人用専用でEX-ICカードにJR東海のTOICA機能を一体化した「EX-ICカード(TOICA機能付き)」の発行も開始され、それまでモバイルSuicaしか対応していなかった1枚(単体)のICカードによるEX-ICの利用が可能となった。

種類[編集]

個人用[編集]

セディナ(CF)[6]がJR東海と提携し発行する。国際ブランドはマスターカード・JCB・VISAから選択が可能。年会費は国際ブランド化より1,000円(税抜)。

「エクスプレス予約」以外の国際ブランドによるショッピング(JR東海・西日本以外のみどりの窓口を含む)、キャッシング、「ワンダフルプレゼント21(ポイントサービス)」などクレジット機能はすべて発行元のセディナCF(VISA・Master・JCB)として提供されている[7]。別途申込により家族カード(個人単位でエクスプレス予約会員となるため年会費は本人会員と同額)、ETCカードや『セディナ iD』及び「セディナ QUICPay」の発行に対応している。

ハウスカード[編集]

2004年3月以前は、国際ブランド無しの黄土色にJR東海のホログラムがデザインされたハウスカードのみ発行されていた。#JR東海「そうだ 京都、行こう。」エクスプレス・カードは更に2016年3月までハウスカードのみであった(同年10月にCF VISAブランド付となり入会を再開)。国際ブランド付きへの切替は審査が伴うため、自動ではなく任意で受け付けている[8]

JR東日本は旧カードの加盟店でないため、JR東日本のに於いて現在でも「エクスプレスカードは利用できません」と掲示している箇所があるが、現行の個人用であれば国際ブランド経由でJR東日本のみどりの窓口びゅうプラザ指定席券売機・多機能券売機(定期券購入のみ)及びえきねっとを利用する事は出来る。これは北海道旅客鉄道(JR北海道)・四国旅客鉄道(JR四国)・九州旅客鉄道(JR九州)でも同様である。なお、JR西日本では旧カードの加盟店であるが、e5489の利用は現行の個人用に限られる。

2008年のビュー・エクスプレス特約開始に合わせて、モバイルSuicaの加盟店にエクスプレス・カード(ハウス)が追加された。これにより、個人用ハウスカードでもモバイルSuicaの全ての機能(EX-IC、交通系ICカード相互利用による鉄道・バス乗車、モバイルSuica定期券、Suicaクレジットチャージ、SuicaショッピングサービスSuicaポイントクラブ)が可能である。なお、JR西日本のSMART ICOCAはハウスカードには対応していない。

ハウスカード加盟店[編集]

ハウスカードでは、旧ビューカードコスモ・ザ・カード(CF提携)も取扱している。

など

JR東海「そうだ 京都、行こう。」エクスプレス・カード[編集]

セディナがJR東海と提携し発行する個人用の一種である。JR東海が展開する京都観光キャンペーンである「そうだ 京都、行こう。」に連動した特典が加えられ、京都市内の協力店舗での優待や、会員限定イベントへの参加資格などの特典がある。年会費は2,000円(税抜)。

2016年3月31日限りで一旦新規申込を停止したが、入会者は引き続き利用可能である。同年10月より、CF VISA提携カードとして募集を再開した。

法人用[編集]

エクスプレス予約を法人や部署単位で利用するためのカードである。利用代金は法人又は部署単位での一括決済となる。

JR東海エクスプレス・カード(ビジネス)[編集]

セディナCFまたはジェーシービー[9](2013年以降)が与信のうえ発行する法人用カードである。基本的な機能は個人用と同等ではあるが#ハウスカードであり、エクスプレス予約及び当カードの加盟店に限られる。契約形態により、エクスプレス予約のみ利用できるタイプや、法人と取引している旅行代理店経由で請求されるタイプがある。

ビジネスカード・コーポレートカード[編集]

ジェーシービー(JCB)、三井住友カード三菱UFJニコス[10]クレディセゾンUC)、TS CUBICAMERICAN EXPRESSの法人カード(ビジネスカード・コーポレートカード)に、エクスプレス予約のみを加えたもの。JR東海エクスプレス・カード(ビジネス)と異なり、各カード会社によるVISA、MasterCard又はJCBの各国際ブランド(AMERICAN EXPRESSは同社の直接発行のみ)から選ぶ事が出来る。

ビジネス向け、それも大企業対象であることから、個人用には存在しないゴールドカードも発行されており、提携先によってはJR西日本の窓口でもエクスプレス予約の払い戻しを取り扱っている。可能なものは券面印字の有無(「海C」印字無し、現金券扱い)や、エクスプレス予約ご利用票(受取明細)の記述(「兼領収書」の記載無し)で識別できる。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “JR7社14年のあゆみ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 9. (2001年4月2日) 
  2. ^ JR他社でもJR東日本はビューカードは「とれTEL」、JR西日本は「5489電話予約」として追従
  3. ^ なお、JR東海ではJR他社とは異なり、在来線も対象としたインターネットでの予約サービスは実施していない。
  4. ^ ジェイアール名古屋タカシマヤは「ジェイアール東海タカシマヤカード」・「ジェイアール東海タカシマヤ≪セゾン≫カード」、静岡ターミナル開発は「パルシェアントレALL-Sカード
  5. ^ エクスプレス予約会員番号で管理しているため、ビュー・エクスプレス特約に登録したビューカードに限らず、別のクレジットカード(エクスプレス・カード/J-WESTカード(エクスプレス)/旧プラスEX)に紐付けているエクスプレス予約会員のIDも登録可能
  6. ^ 発行会社のセントラルファイナンス(CF)は2009年(平成21年)にクオーク(QC)・オーエムシーカード(OMC)と合併してセディナとなった。CF・QC(新規発行停止。システム上はCF扱い)・OMCブランドの統合が行われておらず、一般クレジットカード用のエクスプレス予約(旧プラスEX)はOMCブランドのみ登録対象としている。
  7. ^ 2018年現在、JRグループで同様の提携カード形態を採る個人向けクレジットカードはJQカード(JR九州)やJRタワースクエアカード(JR北海道・札幌駅総合開発)がある
  8. ^ JR東海エクスプレス・カード 旧カードからのお切り替え” (日本語). 2009年12月5日閲覧。
  9. ^ 2016年にさくらカードは個人向けについてはジェーシービーが承継した一部の会員を除いてセディナへ吸収合併され、さくらJCB会員はOMCカードをベースにしたセディナJCB会員へ移行した。また、法人向けはさくらカードから引き継ぐ形でセディナがジェーシービーのフランチャイズとして加盟し、JCB本体に準じたサービスを提供している。
  10. ^ MUFGカードのみ。かつてはDCカードUFJカードもラインナップに組まれたが、その後はDCは廃止され、UFJは2012年7月15日で廃止となり、同年7月16日以降の新規発行から順次MUFGに組み込まれた。それとは別に「JCBエクスプレスビジネスカード」が存在するものの、同社が発行している「UFJ JCBカード」ではなくプロパーのJCBカード(旧デザイン)を使用している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]