ヘレン・シャルフベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘレン・シャルフベック
Helene Schjerfbeck.jpeg
Helene Schjerfbeck
生誕1862年7月10日
 フィンランド
死没 (1946-01-23) 1946年1月23日(83歳没)
サルツヨバーデン(Saltsjöbaden)
国籍 フィンランド
教育パリ
著名な実績画家
代表作快復期(1888年)、お針子(働く女性)(1905年)
受賞パリ万博で受賞[1]
影響を受けた
芸術家
マネセザンヌホイッスラーエル・グレコ

ヘレン・シャルフベックフィンランド語: Helene Schjerfbeck1862年7月10日 - 1946年1月23日)は、フィンランド女性画家

略年譜[編集]

3歳のときに階段から落ちて腰を痛め、足が不自由になった[1]。小学校には通えなかったが1873年の秋、11歳のときにフィンランドの芸術協会(Suomen Taideyhdistys)の描画学校で美術に入学[1]。1880年、18歳で政府の旅行許可を受け、奨学金を得てパリに渡り[1]、写実主義の画家レオン・ボナに学び、私立の美術学校・アカデミー・コラロッシで学んだ。

1883年にイギリス人の画家に会って婚約したが、1885年に一方的に婚約を破棄された[1]。 1885年春にパリの有名なサロンで初めて展示。1889年のパリ万国博覧会で銅賞受賞[1]

1890年代に、ヘルシンキのフィンランド絵画協会の美術学校(現在の Taideyliopiston Kuvataideakatemia)で教え始め、教えた学生にはヒルダ・フルディーン(Hilda Flodin: 1877–1958)らがいる。病気がちなこともあって、1902年に職を辞すると、有名な療養所のあるヒュビンカー(Hyvinkää)に移り、母親の世話をしながら作品を描いた。1917年にヘルシンキで最初の個展を開いた。

フィンランドで最も尊敬される画家の一人である[2]が、当時は同世代の人からは批判されていた。1917年にGöstaStenman主催の個展の後にファンを獲得し始めた[3]

1923年に母親が亡くなった後、1925年からウーシマー県の沿岸の町エケネスに住んだ。1939年にロシアとの戦争のためエケネスを離れ、その後スウェーデンに移り、ストックホルム郊外のサルツヨバーデン(Saltsjöbaden)に移り、1946年にそこで亡くなった。

作品[編集]

  • 洗濯干し 1883年 - フィンランド国立アテネウム美術館
  • 扉 1884年
  • 自画像 1884-1885年
  • 母と子 1886年
  • 快復期 1888年
  • 雪の中の傷ついた戦士 1880年
  • お針子(働く女性) 1905年
  • 赤いりんご 1915年 - フィンランド国立アテネウム美術館蔵
  • 黒い背景の自画像 1915年 
  • ロマの女1919年
  • 諸島から来た女性 1929年
  • 黒いりんごのある静物 1944年 - ディドリクセン美術館
  • 自画像、光と影 1945年 - ユレンベリ美術館

日本における主要な展覧会[編集]

広島県三次市で開催されたヘレン・シャルフベックの特別展

脚注[編集]

外部リンク[編集]