ヘレン・シャルフベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘレン・シャルフベック
Helene Schjerfbeck.jpeg
Helene Schjerfbeck
生誕 1862年7月10日
 フィンランド
死没 (1946-01-23) 1946年1月23日(83歳没)
国籍  フィンランド
教育 パリ
著名な実績 画家
代表作 快復期1888年)、お針子(働く女性)(1905年
受賞 パリ万博で受賞
この人物に影響を
与えた芸術家
マネセザンヌホイッスラーエル・グレコ

ヘレン・シャルフベックフィンランド語: Helene Schjerfbeck1862年7月10日 - 1946年1月23日)は、フィンランド女性画家

略年譜[編集]

3歳のときの事故で腰を痛め、足が不自由になった。1873年の秋に、フィンランドの芸術協会(Suomen Taideyhdistys)の描画学校で非常に早い年齢で美術を勉強し始め、絵の才能を見出された(11歳)。1880年、18歳で政府の旅行許可を受け、奨学金を得てパリに渡り、写実主義の画家、レオン・ボナに学び、私立の美術学校、アカデミー・コラロッシで学んだ。

1883年にイギリス人の画家に会って婚約したが、1885年に一方的に婚約を破棄された。 1885年春にパリの有名なサロンで初めて展示。

今日、フィンランドで最も尊敬される画家の一人である[1]が、当時は同世代の人からは批判されていた。1917年にGöstaStenman主催の個展の後にファンを獲得し始めた。

作品[編集]

etc.

日本における主要な展覧会[編集]

広島県三次市で開催されたヘレン・シャルフベックの特別展

脚注[編集]

外部リンク[編集]