かもめ食堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かもめ食堂
監督 荻上直子
脚本 荻上直子
原作 群ようこ
製作 かもめ商会
出演者 小林聡美
片桐はいり
もたいまさこ
ヤルッコ・ニエミ
マルック・ペルトラ
音楽 近藤達郎
撮影 トゥオモ・ヴィルタネン
編集 普嶋信一
配給 メディア・スーツ
公開 日本の旗 2006年3月11日
フィンランドの旗 2006年9月29日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
フィンランドの旗 フィンランド
言語 日本語
フィンランド語
興行収入 5.8億円 [1]
テンプレートを表示
Kahvila Suomi

かもめ食堂』(かもめしょくどう)は、2006年3月公開の日本映画小林聡美片桐はいりもたいまさこのトリプル主演。監督は『バーバー吉野』『恋は五・七・五!』『めがね』の荻上直子、原作者は群ようこ。キャッチコピーは「ハラゴシラエして歩くのだ」で、個性的な面々がフィンランドヘルシンキを舞台に、ゆったりと交流を繰り広げていく様子を描く。第28回ヨコハマ映画祭(2007年)にて第5位を獲得した。

本作品は、実際に存在する現地の食堂・カハヴィラ スオミ(Kahvila SUOMI)を「かもめ食堂」として使用した。2015年現在も実在し、日本人観光客の少ないフィンランドにおいて日本人の集中する観光スポットとなっている。また、フィンランド政府観光局が撮影協力したため、マリメッコイッタラなど、フィンランド企業の商品がプロダクト・プレイスメントとして多く登場する。

2007年2月、映画と同じスタッフ、フィンランドロケで小林聡美がイメージキャラクターをつとめているCM(パスコの食パン「超熟」、2007年1月末のリニューアル以降)にて、かもめ食堂が再現された。

あらすじ[編集]

サチエ(演:小林聡美)はフィンランドの首都ヘルシンキにて、「かもめ食堂」という日本食の食堂を営んでいる。しかし、近所の人々からは小さい人のおかしな店と敬遠され、客は全く来ない。

そんな折、食堂にやってきた日本かぶれの青年・トンミからガッチャマンの歌の歌詞を質問され、思い出せず悶々としていたサチエは、町の書店で背の高い日本人女性・ミドリ(演:片桐はいり)を見かける。意を決して「ガッチャマンの歌詞を教えて下さい」と話しかけると、ミドリはすぐに全歌詞を書き上げた。旅をしようと世界地図の前で目をつぶり、指した所がフィンランドだったというミドリに縁を感じたサチエは、彼女を家に招き入れ、やがて食堂で働いてもらうことになる。

ミドリは食堂を繁盛させようと様々なアイデアを出すが、一方でサチエはかもめ食堂のメインはあくまで「おにぎり」であるというポリシーを持っており、譲らない。だが、ある日思い立ってシナモンロールを焼くと、いつも遠巻きに見ていた主婦たちがその匂いに釣られて来店し、その日を境に少しずつ客が入るようになる。

そんなある日、マサコ(演:もたいまさこ)という日本人旅行者がかもめ食堂を訪れる。マサコは介護していた両親が亡くなった後、ある時ふと目にしたテレビでフィンランドのエアギター選手権を知り、おおらかな国民性に惹かれてフィンランドまでやって来たのだった。空港で荷物を紛失して足止めを受けていたマサコは、荷物が見つかるまでの間、観光をしながらかもめ食堂へ度々来店し、そのうち食堂を手伝うようになる。

キャスト・スタッフ[編集]

キャスト[編集]

小林聡美 - サチエ
かもめ食堂を経営する女性。子供の頃から合気道を嗜み、夜寝る前に膝行(しっこう)という座り技の基本をやるのが日課である。また、作中では時々プールで泳いでいる。合気道に至っては、後述の食堂に忍び込んだマッティをねじ伏せるなど、自身より大柄な男性をもなぎ倒す程の技量を持つ。

芯の通った知的な女性でフィンランド語も流暢である。

片桐はいり - ミドリ
ある理由から世界地図を広げて目を瞑り指で指した所へ行ってやると決心し、フィンランドに辿り着いた日本人女性。「ムーミン」が好きで、様々な知識を持つ。イラストを描くのが好きで、食堂のメニューに挿絵を描いたり、店内に絵を飾るなどする。
もたいまさこ - マサコ
両親の介護を終え、フィンランドにきた日本人旅行客の女性。空港で荷物を紛失し、見つかるまで食堂の手伝いなどをしながらのんびり待つ。リーサの話を親身になって聞き、サチエたちに事情を話した後、ミドリから「フィンランド語が話せるの?」との問いに「いいえ」と答えるなど、飄々としている。

荷物が見つかり帰国する事をサチエ達に伝えるが、その中身を開けてみると…。 その後、見知らぬ老人男性から猫を譲り受け、再びかもめ食堂で働く事となる。

マルック・ペルトラ(Markku Peltola) - マッティ
サチエに美味しいコーヒーを入れるおまじない「コピ・ルアック」を教える。とある事情から食堂に侵入するが、サチエに取り押さえられた。
Tarja Markus - リーサ
かもめ食堂を遠くから睨んでいる老婦人。ある日食堂にやってきて自分の話を聞くよう要求するが、ひっくり返って倒れ、マサコに介助された。
ヤルッコ・ニエミ - トンミ・ヒルトネン
かもめ食堂にやってきたフィンランド人の青年で、かもめ食堂に初めて入店した客でもある。日本かぶれで、サチエにガッチャマンの主題歌の歌詞を尋ねた。サチエが設定した「お客様第一号だからコーヒー代は永遠にタダ」という決まりにより、初来店時から無料でコーヒーを飲みに来ている。自身の名前をミドリに漢字で書くように頼んだ際、「豚身昼斗念」と書いてもらい、気に入る。

スタッフ[編集]

小説/DVD[編集]

  • かもめ食堂(単行本)ISBN 978-4344010970
  • かもめ食堂(映画) ASIN B000ELGLDA

脚注[編集]

外部リンク[編集]