丸谷嘉長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

丸谷 嘉長(まるたに よしひさ、1962年9月29日 - )は、日本写真家。愛称は「マル」。

来歴[編集]

赤坂スタジオ勤務後、富永民生に師事し1990年に独立、(有)丸谷嘉長写真事務所を設立した。以来、広告、雑誌を中心に様々な表現の場で活動している。

日本コカ・コーラからだ巡茶」、英会話イーオン、明治製菓、興和、JA、花王、NEC、京王電鉄、DoCoMo等の広告をはじめ、「週刊文春」「週刊プレイボーイ」「サンデー毎日」「週刊現代」「UOMO」「CREA」「FRaU」「STORY」「VoCE」「Sports Graphic Number」、等幅広いジャンルの雑誌の撮影を行う。2007年には「読売ウィークリー」の「ドラマな表紙」を約半年間担当し、俳優や女優に毎回独特なシチュエーションとストーリーを考え撮影を行い個性的な表紙となった。

写真集も多く手掛け、小西真奈美「27」は約6年間撮影し、30,000枚におよぶ写真の中から作られた。スチールだけではなくNTTドコモ新潟P&GのCMやFayray「over」のPVオリジナルムービー「UNTITLED」等ムービーの撮影も行っている。

2013年12月より約3ヶ月間、ライカプロフェッショナルストアにて「昼間の星 〜 Stars in the daytime 〜」展を開催。 会期中には様々なクリエイターを招きライブ感溢れるシューティングイベントも開催された。 丸谷自身のライカSシステムを通じて表現される世界観とクリエイターの感性がぶつかり、展示会場で新たな作品を生み出す印象的な展示会となった。

主な作品[編集]

広告[編集]

  • 日本コカ・コーラ「からだ巡茶」
  • 英会話イーオン
  • 京王電鉄
  • JA
  • 明治製菓
  • MEGMILK
  • 興和
  • マクドナルド
  • 日立
  • 花王
  • エーザイ
  • 読売新聞
  • EPSON
  • カルビー
  • エースコック
  • 京都きもの友禅

など

雑誌[編集]

【週刊誌】

  • 週刊文春
  • 週刊プレイボーイ
  • サンデー毎日
  • 週刊現代

【月刊誌】

  • 東京カレンダー
  • CREA
  • UOMO
  • FRaU
  • STORY/美STORY
  • VoCE
  • T.
  • 一個人
  • ダ・ヴィンチ
  • Number
  • Cut
  • 野性時代
  • POPEYE

---休刊---

  • BART
  • Invitation
  • Esquire
  • 月刊テレビガイドMuse

写真集 ・本[編集]


  • 島田雅彦:「不惑の手習い」(集英社)2008

ジャケット[編集]

他多数。

外部リンク[編集]