糸井重里のバス釣りNo.1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

糸井重里のバス釣りNo.1』(いといしげさとのバスつりナンバーワン)は、バス釣りをテーマとした任天堂ゲームソフトのシリーズである。開発はHAL研究所が担当。

概要[編集]

本作はバス釣り好きで有名なコピーライター糸井重里(発売当時、HAL研究所の取締役監査役)が監修を務めており[注釈 1]、赤星湖と呼ばれる架空の湖でバスフィッシングを楽しむ釣りシミュレーションゲーム。釣り独特の感覚を巧みに再現しており細部に作り込まれている。スーパーファミコン版ではサテラビュー対応となっており、セント・ギガによる衛星放送でバス釣り大会が開催された。

評価[編集]

実際の釣り同様に釣れるまでに時間のかかるゲーム性や、発売ハードのユーザー層に上手くセールスできなかったことから、バス釣りブーム(1999年頃)前後に発売ながらも、NINTENDO64版は一時期はワゴンセールの定番となっていた(任天堂が生産本数を読み違えたという声もある)。しかしながら決してゲーム自体のデキが悪いわけではなく、完成度の高いBGMや、釣りパートの他にもキャラとの会話等もジョークを織り交ぜたバリエーションの多さで楽しませてくれる等プレイした人の評価は高い。

シリーズ作品[編集]

TVCM[編集]

  • 糸井重里のバス釣りNo.1 決定版!(藤井隆が出演した。)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 糸井本人もゲーム中に出演している。

出典[編集]

外部リンク[編集]