ゲイリー芦屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ゲイリー芦屋(ゲイリーあしや、1966年9月13日 - )は、日本音楽家。芸名はアメリカの作曲家 Gary Usher に由来する。音楽制作会社 マニュアル・オブ・エラーズ・アーティスツ所属。

経歴[編集]

東京都出身。幼少の頃からクラシックピアノのレッスンを受けて育つ。中学生時代はイエロー・マジック・オーケストラ、高校生時代はバート・バカラックなどに影響を受ける。大学時代はビッグバンドジャズオーケストラに参加して活動すると共にジャズとクラシック双方の理論を学び、打ち込みによる作曲・編曲を始める。90年より職業作曲家として独立。映画劇伴テレビ番組CMコンピュータゲームなど、多岐にわたるテーマ音楽の作曲家編曲家として活動する一方で、岸野雄一との音楽ユニット「ヒゲの未亡人」にて海外ツアーを行う。イギリスの音楽家 Max Tundra と共演するなど近年は海外の音楽家との交流もさかんである。2015年、担当した映画音楽をコンパイルしたソロアルバム「ウラムの螺旋」をリリース。 [1]

主な音楽担当作[編集]

映画[編集]


オリジナルビデオ[編集]

  • スキャンダラス SEIKO(1996年、佐々木浩久監督)
  • GO CRAZY 銃弾を駆け抜けろ!(1996年、佐々木浩久監督)
  • KILL(1997年、佐々木浩久監督)
  • 呪怨1・2(2000年、清水崇監督)
  • 篭女 KAGOME(2000年、佐々木浩久監督)

テレビ[編集]

ネット配信[編集]

演劇[編集]

  • 鎌塚氏、すくい上げる(倉持裕 作・演出)
  • ライクドロシー(倉持裕作・演出)

CD[編集]

CM[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ゲイリー芦屋オフィシャルウェブサイト プロフィールより

外部リンク[編集]