伊勢湾台風物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊勢湾台風物語
監督 神山征二郎
脚本 神山征二郎
原作 神山征二郎
製作 瀬戸義昭
山田昭男
伊藤叡
出演者 小山茉美
戸田恵子
音楽 針生正男
主題歌 小山茉美「出逢えてよかった」
撮影 藤田正明
編集 尾形治敏
伊藤勇喜子
配給 スペース映像
公開 1989年11月4日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

伊勢湾台風物語』(いせわんたいふうものがたり)は、1989年11月4日に公開された日本アニメーション映画。制作には未来工業が参加しておりメセナの一環として制作された。

概要[編集]

1959年(昭和34年)に東海地方に甚大な被害をもたらした伊勢湾台風による災害被害とその惨劇を描いたアニメーション作品で、名古屋市南部(南区柴田)が舞台とされる。

ストーリー[編集]

 1959年(昭和34年)9月26日、土曜日。小学校6年生の津島ひかりと同級生西沢利夫他クラスメイト達は明日の運動会を楽しみにしていた。しかし、台風15号の接近のため運動会は中止となる。

 その後、台風は勢力を強め紀伊半島潮岬に上陸する。強力な台風で発生した高潮によるはん濫、さらに貯木場から流出した大量の木材により、多数の家々が破壊され大勢の人々も一緒に飲み込まれていった。ひかりの一家は辛くも屋根の上に逃げるが高波が押し寄せ一家は全員流されてしまう。ひかりの愛犬ブチは溺れかけたひかりを背負って濁流の中神社の大木へと泳ぎ着き、ひかりはその枝に漂着するものの自らは波の中へと消えてしまう。そして、逃げ遅れた為に家に閉じ込められた利夫は母と共に天井を破って屋根へ上がろうと試みるが、刻々と濁流が流れ込んでゆく。

 翌日、ひかりは発見され治療を受けるが両親は助からなかった。利夫を可愛がっていた老人徳三はまだ水の引かない利夫の家で驚愕する。それから時は過ぎ、当時の自分と同じ年頃の娘の母となったひかりは、訪れた先のかつての街並である人物と再会して物語は幕を閉じる。各地に甚大な被害をもたらした台風15号は後に伊勢湾台風と呼ばれることになった。

キャスト[編集]

名古屋市が舞台ということもあり、メインの声優陣には愛知県出身者が多く起用されている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 「出逢えてよかった」:小山茉美

関連商品[編集]

  • 『伊勢湾台風物語 (VHS)』(1999年4月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]