メリー・ロレッタ・ダージス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

メリー・ロレッタ・ダージスMary Loretta Dardis1876年6月1日 - 1947年12月31日)は、日本の医学者野口英世の妻。アメリカ人。

年譜[編集]

1876年6月1日、アメリカ合衆国ペンシルベニア州スクラントンにて炭鉱労働者の父アンドルー・ダージス、母フランセスの長女として生まれる。ダージス家はアイルランド系移民であった。

ハイスクール卒業後、ニューヨーク市に移り、ニューヨークのレストラン(一説には、酒場)でロックフェラー医学研究所の野口英世と意気投合。結婚を持ちかけ、1911年4月10日メリーは英世と結婚。夫、野口英世は基礎医学の分野で数々の業績をあげ世界的な名声を得て、ノーベル生理学・医学賞にノミネートされるほどの大学者になるが、それには妻メリーの献身的な支えがあった。

1928年昭和3年)5月21日、英世がアフリカアクラ(当時はイギリス領。現在はガーナ共和国首都)で黄熱病によって死去した後も、医学博士野口英世未亡人として慎みをもって余生を過ごし、1947年12月31日、ニューヨーク市にて動脈血栓のため亡くなった。71歳。墓所は英世と同じニューヨーク市ブロンクス区ウッドローン墓地にある。

英世とメリーとの間には子供はなかった[注釈 1]

人物[編集]

優しく大らかな人柄で、英世が細菌標本を自宅に持ち帰っても平気だったといわれる[1]。夫婦仲もよく、「ヒディ」「メージー」と呼び合い、英世はアフリカからもメリーあてに電報を送っている[1]。しかしながら一方で酒乱でもあり、酔うと人前であっても英世に暴力をふるうこともあったという。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 詳細不明ながら2人は英世の(姉の長男)を養子にしたとされ、メリーは福島県に在住する義姉イヌに仕送りを欠かさなかったといわれている。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]