企救郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡県企救郡の位置

企救郡(きくぐん)は、福岡県豊前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

小倉城下[3]、城野村、上城野村、片野新町村[4]、水町村、蜷田村、下石田村、上石田村、隠蓑村、下横代村、上横代村、丸ヶ口村、堀越村、志井村、徳力村、上南方村、下南方村、守恒村、北方村、北方新町村、●下曽根村、中曽根村、上曽根村、東朽網村、西朽網村、下貫村、中貫村、上貫村、上長野村、下長野村、津田村、田原村、祇園町村、長尾村、能行村、辻蔵村、三岳村、田代村、合馬村、吉兼村、●山本村、春吉村、道原村、頂吉村、矢山村、呼野村、小森村、●市丸村、木下村、井手浦村、新道寺村、石原町村、母原村、高津尾村、徳光村、片野村、萩崎村、三郎丸村、中津口村、砂原村、大畠村、足立村、熊本村、●黒原村、湯川村、葛原村、葛原新町村、沼村、吉田村、下吉田村、吉志村、恒見村、下富野村、上富野村、赤坂村、新町村、馬寄村、原町村(現・北九州市門司区)[5]、大里村、柳村、二十町村[6]、小森江村、●楠原村、門司村、田野浦村、白野江村、大積村、喜多久村、柄杓田村、黒川村、平山村、伊川村、猿喰村、畑村、今津村、●篠崎村[7]、今村、●蒲生村、高野村、小熊野村、高槻村、荒生田村、上到津村、●下到津村、井堀村、中原村、●干上村[8]、田町村、菜園場村、原町村(現・北九州市小倉北区)[9]、金田村、馬島[10]、藍島[11]
  • 慶応3年(1867年)3月 - 長州戦争により小倉藩が移転して香春藩となり、全域が山口藩預地となる。
  • 明治2年(1869年)8月 - 日田県の管轄となる[12]
  • 明治初年 - 下石田村・上石田村が合併して石田村となる。(1町111村)
  • 明治3年(1870年)(1町110村)
    • 下横代村・上横代村が合併して横代村となる。
    • 原町村(柳ヶ浦)が改称して東原町村となる。
  • 明治4年11月14日1871年12月25日) - 第1次府県統合により小倉県の管轄となる。
  • 明治9年(1876年4月18日 - 第2次府県統合により福岡県の管轄となる。
  • 明治10年(1877年) - 上到津村・下到津村が合併して到津村となる。(1町109村)
  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の福岡県での施行により、行政区画としての企救郡が発足。郡役所が小倉に設置。
  • 明治20年(1887年) - 以下の町村の統合が行われる。(1町69村)
    • 三萩野村 ← 片野新町村、片野村、萩崎村、三郎丸村
    • 南方村 ← 上南方村、下南方村
    • 曽根村 ← 下曽根村、中曽根村、上曽根村
    • 朽網村 ← 東朽網村、西朽網村
    • 貫村 ← 下貫村、中貫村、上貫村
    • 長野村 ← 上長野村、下長野村
    • 長行村 ← 祇園町村、長尾村、能行村、高野村
    • 辻三村 ← 辻蔵村、三岳村
    • 徳吉村 ← 吉兼村、徳光村
    • 砂津村 ← 中津口村、砂原村
    • 足原村 ← 大畠村、足立村、熊本村、黒原村
    • 富野村 ← 下富野村、上富野村
    • 柳ヶ浦村 ← 新町村、馬寄村、東原町村、大里村、柳村、二十町村
    • 槻田村 ← 高槻村、荒生田村
    • 板櫃村 ← 到津村、干上村、田町村、原町村(現・北九州市小倉北区)、金田村
    • 中井村 ← 井堀村、中原村、菜園場村
    • 上城野村・水町村が城野村に、丸ヶ口村が横代村に、北方新町村が北方村に、葛原新町村が葛原村に、下吉田村が吉田村に、楠原村が門司村に、平山村が伊川村にそれぞれ合併。

町村制以降の沿革[編集]

1.文字ヶ関村 2.小倉町 3.柳ヶ浦村 4.東郷村 5.松ヶ江村 6.足立村 7.霧岳村 8.曽根村 9.朽網村 10.芝津村 11.城野村 12.東紫村 13.西紫村 14.板櫃村 15.西谷村 16.中谷村 17.東谷村(紫:北九州市 桃:行橋市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。全域が現・北九州市。(1町16村)
    • 文字ヶ関村 ← 小森江村、門司村、田野浦村
    • 小倉町 ← 小倉城下[13]、砂津村[長浜浦]、板櫃村[平松浦]
    • 柳ヶ浦村(単独村制)
    • 東郷村 ← 大積村、白野江村、黒川村、喜多久村、柄杓田村
    • 松ヶ江村 ← 猿喰村、畑村、今津村、吉志村、恒見村、伊川村
    • 足立村 ← 富野村、赤坂村、三萩野村、砂津村[長浜浦を除く]、足原村
    • 霧岳村 ← 湯川村、葛原村、沼村、吉田村
    • 曽根村 ← 曽根村、田原村
    • 朽網村 ← 朽網村、曽根新田[14]
    • 芝津村 ← 貫村、長野村、津田村
    • 城野村 ← 横代村、石田村、隠蓑村、蜷田村、堀越村、城野村
    • 東紫村 ← 北方村、守恒村、徳力村、南方村、志井村
    • 西紫村 ← 蒲生村、今村、小熊野村、篠崎村
    • 板櫃村 ← 板櫃村[平松浦を除く]、中井村、槻田村、馬島、藍島
    • 西谷村 ← 長行村、辻三村、合馬村、田代村、徳吉村
    • 中谷村 ← 高津尾村、山本村、春吉村、道原村、頂吉村
    • 東谷村 ← 石原町村、新道寺村、母原村、井手浦村、木下村、市丸村、小森村、呼野村、矢山村[本村・内蔵・千仏地区]
    • 矢山村の一部(別所・大行事地区)が京都郡椿市村の一部となる。
  • 明治27年(1894年8月1日 - 文字ヶ関村が町制施行・改称して門司町となる。(2町15村)
  • 明治29年(1896年7月1日 - 郡制を施行。
  • 明治32年(1899年)4月1日 - 門司町が市制施行して門司市となり、郡より離脱。(1町15村)
  • 明治33年(1900年)4月1日 - 小倉町が市制施行して小倉市となり、郡より離脱。(15村)
  • 明治40年(1907年6月1日(10村)
    • 霧岳村・曽根村・朽網村・芝津村が合併し、改めて曽根村が発足。
    • 城野村・東紫村が合併して企救村が発足。
  • 明治41年(1908年)4月1日 - 西紫村が分割し、一部(蒲生・今村)が企救村に、残部(小熊野・篠崎)が板櫃村にそれぞれ編入。(10村)
  • 明治41年(1908年12月1日 - 柳ヶ浦村が町制施行・改称して大里町となる。(1町9村)
  • 大正6年(1917年10月1日 - 企救村が町制施行して企救町となる。(2町8村)
  • 大正11年(1922年)10月1日 - 板櫃村が町制施行して板櫃町となる。(3町7村)
  • 大正12年(1923年
    • 2月1日 - 大里町が門司市に編入。(2町7村)
    • 4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 大正14年(1925年4月28日 - 板櫃町が分割し、一部(槻田・小熊野の各一部)が八幡市に、残部が小倉市にそれぞれ編入。(1町7村)
  • 昭和2年(1927年)4月1日 - 足立村が小倉市に編入。(1町6村)
  • 昭和4年(1929年11月1日 - 東郷村が門司市に編入。(1町5村)
  • 昭和9年(1934年)4月1日 - 曽根村が町制施行して曽根町となる。(2町4村)
  • 昭和10年(1935年)時点での当郡の面積は203.07平方km、人口は47,389人(男25,717人・女21,672人)[15]
  • 昭和12年(1937年9月1日 - 企救町が小倉市に編入。(1町4村)
  • 昭和16年(1941年)4月1日 - 中谷村・西谷村が小倉市に編入。(1町2村)
  • 昭和17年(1942年5月15日(1村)
    • 曽根町が小倉市に編入。
    • 松ヶ江村が門司市に編入。
  • 昭和23年(1948年9月10日 - 東谷村が小倉市に編入。同日企救郡消滅。福岡県内では1896年の郡の再編以来、初の郡消滅となった。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和29年(1954年)4月1日に小倉市の一部(田代の一部)が八幡市に編入。
  2. ^ 記載は日田県。
  3. ^ 小倉城下各町の総称。無高のため記載なし。本項では便宜的に1町として扱う。
  4. ^ 記載は片野新田村。
  5. ^ 記載は東原町村。
  6. ^ 記載は弐拾町村。
  7. ^ ●上篠崎村・●下篠崎村に分かれて記載。
  8. ^ 記載は日明村。
  9. ^ 記載は西原町村。
  10. ^ 無高のため記載なし。
  11. ^ 記載は干上村のうちとみられる。
  12. ^ 末広利人「日田県管地化の実体:佐伯藩預所の場合 (PDF) 」 大分縣地方史 No.105(1982年3月) pp.20- 37、大分県地方史研究会
  13. ^ この時点では京町、博労町、船頭町、舟町、新魚町、魚町、鳥町、大坂町、宝町、船場町、米町、鍛冶町、堺町、紺屋町、古船場町、馬借町、室町、西魚町、八百屋町、大門町、堅町、西紺屋町、西鍛冶町、田町、鋳物師町が存在。
  14. ^ 明治22年に朽網村から分立。本項では村数に数えない。
  15. ^ 昭和10年国勢調査による。国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能。

参考文献[編集]

関連項目[編集]