杉崎光世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉崎 光世(すぎさき みつよ、1929年昭和4年)4月19日 - 2018年平成30年)6月12日[1])は、日本法学者教育者九州国際大学名誉教授。専門分野は家族法板垣退助の曾孫[2][3]。旧姓は川瀬で、婚姻により杉崎姓を名乗るが、のち川瀬に復姓。

来歴[編集]

1929年昭和4年)4月19日日本福音ルーテル八幡教会牧師川瀬徳太郎の二女として、福岡県八幡市大字槻田1194番地に生まれる。母は乾正士の長女 美世子(みよし)[2][3]西南女学院を卒業後、八幡大学法経学部に進み、さらに九州大学大学院で博士課程の単位を取得した。杉崎哲生との婚姻により杉崎姓を名乗る。

1974年昭和49年)1月、福岡家庭裁判所家事調停委員小倉支部に奉職し、1976年昭和51年)1月、福岡家庭裁判所参与員に任ぜらる。1977年昭和52年)8月、「北九州いのちの電話」の運営委員となり、1981年昭和56年)4月、同上の社会福祉法人化に伴い評議員となる。1980年昭和55年)8月より10年に渡って北九州市立公民館運営審議会の委員を務める。

また、北九州市婦人問題懇談会委員、北九州市地方港湾審議会委員、北九州コミュニティ研究会委員、北九州市青少年問題協議会委員、北九州市公害健康被害認定審査会委員[4]、北九州市社会福祉審議会委員などを務め、1984年昭和59年)9月、福岡家庭裁判所より表彰を受ける。

その後、北九州市婦人問題推進会議委員、小倉調停協会理事、北九州市生涯学習の推進会議委員、北九州市福祉サービス協会理事を務め、1989年平成元年)10月、北九州港開港100年にあたり、北九州市長より功労者として表彰を受け、さらに1992年平成4年)11月、福岡高等裁判所より表彰、また1994年平成6年)2月の北九州市制31周年記念日には北九州市より永年勤続表彰を受けた。

その他、北九州市国民保険運営協議会委員、小倉調停協会理事、北九州市障害者施策推進協議会委員、北九州市障害療育事業団理事、北九州市精神保健福祉審議会委員を歴任し、1998年平成10年)4月には、小倉調停協会副会長、小倉女性調停委員懇話会会長、福岡県女性調停委員懇話会副会長、福岡調停協会連合会会報編集委員を務めた。

学歴[編集]

  • 1949年昭和24年)3月、西南女学院専門学校 英語科卒業
  • 1953年(昭和28年)3月、八幡大学法経学部 第一部法律学科卒業
  • 1955年(昭和30年)3月、九州大学大学院法学研究科私法学専攻 修士課程修了
  • 1961年(昭和36年)3月、九州大学大学院法学研究科私法学専攻 博士課程単位取得満期退学

職歴[編集]

学術論文[編集]

  • 『英国私法における妻の地位』九州大学大学院修士論文、1955年昭和30年)
  • 『英国における既婚婦人の財産上の地位-その歴史的過程-』九大法学第1号、1957年(昭和32年)
  • 『イギリスの妻の権利義務』西南女学院短期大学研究紀要 第6号、1960年(昭和35年)
  • 『詐害行為と詐害の意思』西南女学院短期大学研究紀要 第7号、1961年(昭和36年)
  • 『イギリスの離婚原因』西南女学院短期大学研究紀要 第9号、1963年(昭和38年)
  • 『家庭生活の指導原理』九州家政学会誌(要旨集)第18巻、1971年(昭和46年)
  • 『重婚的内縁事案に対する女子短大生の反応調査』九州家政学会誌(要旨集)第18巻、1971年(昭和46年)
  • 『へそくり金の法的性質』近畿大学女子短期大学研究紀要 第4号、1973年(昭和48年)
  • 『老人の私的扶養に関する一考察』九州女子大学紀要 第13巻第1号、1977年(昭和52年)
  • 『夫婦財産制の類型』八幡大学社会文化研究所紀要 第5号、1979年(昭和54年)
  • 『家庭生活の理念』八幡大学社会文化研究所紀要 第6号、1980年(昭和55年)
  • 『老親扶養に関する家事審判例』八幡大学論集 第36巻第2、3合併号、1985年(昭和60年)
  • 『遺言について(1)』八幡大学論集 第37巻第3号、1986年(昭和61年)
  • 『遺言について(2)』八幡大学論集 第37巻第4号、1987年(昭和62年)
  • 『遺言の取消』九州国際大学法学論集 第4巻第3号、1998年平成10年)
  • 『老親の扶養をめぐる紛争』九州国際大学法学論集 第6巻第3号、2000年(平成12年)

その他研究著書[編集]

  • 『家庭教育に関する調査 第二次報告』北九州市教育委員会、1973年昭和48年)
  • 『老人をめぐる法律問題-老人扶養に関する審判例-』北九州老年問題研究会誌第1号、1985年(昭和60年)
  • 『ジェンダーを学ぶ』堤かなめ、窪田由紀編、海鳥社、1998年平成10年)

学会報告[編集]

  • 『夫婦財産制に関する一考察』第15回日本家政学会九州支部大会、1968年昭和43年)
  • 『臍繰金の法的性質』第16回日本家政学会九州支部大会、1969年(昭和44年)
  • 『家庭生活の指導原理』第18回日本家政学会九州支部大会、1971年(昭和46年)
  • 『わが国における老人の扶養と福祉』第48回九州法学会、1973年(昭和48年)

翻訳[編集]

  • 『イギリスの婚姻方式(第一部)』八幡大学論集 第39巻第3号、1988年昭和63年)
  • 『イギリスの婚姻方式(第二部)』八幡大学論集 第39巻第4号、1989年平成元年)
  • 『無効な婚姻(イギリス法)(第一部)序論』九州国際大学法学論集 第2巻第1号、1990年(平成2年)
  • 『無効な婚姻(イギリス法)(第二部)婚姻の無効原因』九州国際大学法学論集 第2巻第2号、1990年(平成2年)

著書・共著[編集]

  • 『家族の法と歴史』有地亨江守五夫ほか編、法律文化社1981年昭和56年)
  • 『現代社会と民法V 親族法・相続法』大原長和、大塚勝美、本城武雄編、嵯峨野書院、1987年(昭和62年)
  • 『現代家族法の諸問題』有地亨編、弘文社1990年平成2年)
  • 『現代社会と民法V 親族法・相続法(新版)』大原長和、大塚勝美、本城武雄編、嵯峨野書院、1991年(平成3年)
  • 『親族法・相続法 市民社会の法シリーズV』本城武雄、緒方直人編、嵯峨野書院、1998年(平成10年)
  • 『板垣薨去百年とルーテル八幡教会百年』川瀬光世(所収『板垣精神』一般社団法人板垣退助先生顕彰会編、2019年(平成31年)2月11日)

補註[編集]

  1. ^ 『板垣精神 : 明治維新百五十年・板垣退助先生薨去百回忌記念』”. 一般社団法人 板垣退助先生顕彰会 (2019年2月11日). 2019年8月30日閲覧。
  2. ^ a b 『牧師・川瀬徳太郎先生を憶う』(所収『折尾女子学園五十年史』折尾女子学園記念史編纂委員会編、昭和60年(1985年)11月1日)
  3. ^ a b 『卵塔物語』乾常美編(所収『南国史談』第22号)
  4. ^ 平成6年8月まで12年10ヶ月務める

参考文献[編集]

  • 『杉崎光世先生略歴および主要著作目録 (後藤巖教授・大路博美教授・杉崎光世教授退職記念号)』九州国際大学法学論集 6(3) 巻末1-7 (2000年3月)
  • 『折尾女子学園五十年史』折尾女子学園記念史編纂委員会編、1985年(昭和60年)11月1日
  • 『卵塔物語』乾常美編(所収『南国史談』第22号)