藤原洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 洋 (ふじわら ひろし、1954年 - )は、日本の起業家科学者。現在ブロードバンドタワーの代表取締役CEO。インターネット総合研究所の代表取締役も兼務。京都大学にて宇宙物理学の学士、東京大学にて工学の博士を取得。MPEG技術の標準化に大きな貢献を果たした。

日本IBM日立アスキー等を経て、1996年にインターネット総合研究所を設立。同社は1999年に東証マザーズの第1号上場を果たした。2000年にはブロードバンドタワーを設立、2005年に上場した。ブロードバンドタワーは、データセンター(主なクライアントとしてYahoo! JAPAN)、イーコマース事業等を手がける。同氏は合計3社の上場を果たしている。

科学技術をベースとしたベンチャー起業家としての第一人者である。

経歴[編集]

  • 1977年3月 京都大学 理学部(宇宙物理学科専攻)卒業
  • 1977年4月 日本アイ・ビー・エム株式会社入社
  • 1977年12月 日立エンジニアリング株式会社入社
  • 1985年2月 株式会社アスキー入社
  • 1987年2月 株式会社グラフィックス・コミュニケーション・テクノロジーズ出向 取締役 研究開発本部長
  • 1988年9月 米国ベル通信研究所(Bellcore)訪問研究員
  • 1993年3月 株式会社グラフィックス・コミュニケーション・ラボラトリーズ出向 常務取締役 研究開発本部長
  • 1993年6月 株式会社アスキー取締役
  • 1996年1月 東京大学より工学博士号 取得
  • 1996年12月 株式会社インターネット総合研究所 設立 代表取締役(現任)
  • 2005年11月 株式会社ナノオプトニクス・エナジー 設立 取締役会長(現任)
  • 2012年4月 株式会社ブロードバンドタワー 代表取締役会長兼社長CEO(現任)

公職活動[編集]

  • 内閣府 国民生活審議会 総合企画部会 臨時委員
  • 総務省 ユビキタスネットワーク技術の将来展望に関する調査研究会 構成員
  • 総務省 インターネット基盤委員会 主査代理 一般財団法人インターネット協会 副理事長
  • 総務省 ICT政策タスクフォース メンバー、新たな電波の活用ビジョンに関する検討チーム メンバー、日印ICT成長戦略委員会 委員、周波数オークションに関する懇談会 構成員、新事業創出戦略委員会及び研究開発戦略委員会 合同ワーキンググループ 基本戦略ボード 構成員
  • 鳥取県経済成長戦略会議委員 文部科学省 大学共同利用機関法人自然科学研究機構 経営協議会委員
  • 独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学評議会 評議員

学会活動[編集]

その他の活動[編集]

慶應義塾大学客員教授、会津大学客員教授、多摩美術大学非常勤講師、名古屋大学非常勤講師、東京大学大学院数理科学研究科客員教授、青山学院大学国際マネジメント研究科特任教授歴任。 現在、SBI大学院大学副学長教授、慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授(環境エネルギー情報論)、慶應義塾大学大学院SDM研究科研究プロジェクト教授

出典[編集]