天野浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天野 浩
人物情報
生誕 1960年9月11日(55歳)
静岡県浜松市
国籍 日本の旗 日本
出身校 名古屋大学工学部電子工学科
名古屋大学大学院工学研究科
学問
研究分野 半導体工学
研究機関 名古屋大学
名城大学
博士課程
指導教員
赤崎勇
主な業績 高輝度青色発光ダイオード(青色LED)開発
影響を
受けた人物
赤崎勇
主な受賞歴 ノーベル物理学賞(2014年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2014年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:高輝度で省電力の白色光源を可能にした青色発光ダイオードの発明

天野 浩(あまの ひろし、1960年9月11日 - )は、日本の電子工学者工学博士名古屋大学)。専門は、半導体工学名古屋大学特別教授、同大学大学院工学研究科教授、同大学未来エレクトロニクス集積研究センター長、同大学赤﨑記念研究センター長、名城大学LED共同研究センター運営委員。

赤崎勇と共に、世界初の青色発光ダイオード(青色LED)の開発に成功した。2014年、左記の業績により、赤崎勇、中村修二とともにノーベル物理学賞を受賞[1]

人物・来歴[編集]

静岡県浜松市スズキ技術者の子として生まれる。静岡県立浜松西高等学校首席卒業を経て、名古屋大学大学院工学研究科修士課程修了後、就職を考えていたが、大学4年から指導を受けていた指導教官の赤崎勇教授から「何でもこなせる学生」であると高く評価され、強い勧めを受けて博士課程に進学。1989年名古屋大学 工学博士。論文の題は「GaNのMOVPE成長と光電物性及び青色発光素子への応用に関する研究」[2]。 名古屋大学工学部助手を経て、1992年から、赤崎研究室が名城大学に移ったことに伴い、退官し、名城大学理工学部講師に着任。名城大学理工学部教授を経て、2010年から名古屋大学大学院工学研究科教授。研究熱心であることで知られ、大学の研究室は、平日、休日、正月など、常に夜遅くまで明かりが灯っており「不夜城」と呼ばれた[3]

小学校ではサッカーソフトボールに、小学校高学年から中学にかけてはアマチュア無線に熱中。ソフトボールではキャッチャーを、サッカーではゴールキーパーを務めた。中学校までは勉強が嫌いだったが、数学は得意だった。高校入学直後のテストで学年10位となるなど、高校からは勉強や研究の目的は人の役に立つことであるとの考えから、勉強に真剣に取り組むようになり、毎日夜遅くまで机に向かっていたという[4]。高校受験時に、学区内トップの静岡県立浜松北高等学校(旧制浜松一中)ではなく、学区内ナンバー2の静岡県立浜松西高等学校(旧制浜松二中)にしたり、大学受験時には、大学共通第1次学力試験の結果が予想を下回ったため、志望校を京都大学工学部から1ランク落とし名古屋大学工学部に変更するなど、「何でも1ランク落として安全圏を歩く。」と母からは評される[5]。また、楽観的かつ温厚な性格で、研究室の学生によると、怒っているのを見たことがないという[6][7]

年譜[編集]

  • 1960年 静岡県浜松市出身[8]
  • 1973年 浜松市立広沢小学校卒業
  • 1976年 浜松市立蜆塚中学校卒業
  • 1979年 静岡県立浜松西高等学校卒業(首席・卒業生総代)
  • 1983年 名古屋大学工学部電子工学科卒業
  • 1985年 名古屋大学大学院工学研究科電気工学・電気工学第二および電子工学専攻博士前期課程修了
  • 1988年 名古屋大学大学院工学研究科電気工学・電気工学第二および電子工学専攻博士後期課程単位取得満期退学
  • 1988年 名古屋大学工学部電子工学科助手(文部教官)
  • 1989年 名古屋大学から工学博士の学位を取得(課程博士)
  • 1992年 退官、名城大学理工学部講師
  • 1998年 名城大学理工学部助教授
  • 2002年 名城大学理工学部教授
  • 2010年 名古屋大学大学院工学研究科電子情報システム専攻電子工学分野半導体工学講座教授、名城大学LED共同研究センター運営委員
  • 2011年 名古屋大学大学院工学研究科赤﨑記念研究センター長、名古屋大学工学研究科附属プラズマナノ工学研究センター運営委員
  • 2015年 名古屋大学特別教授、名古屋大学未来材料・システム研究所附属未来エレクトロニクス集積研究センター長、浜松科学館名誉館長[9][10][11]

家族[編集]

栄典・受賞歴[編集]

主な著書[編集]

  • 『ワイドギャップ半導体 あけぼのから最前線へ』培風館、2013年
  • 『天野先生の「青色LEDの世界」:天野先生の「青色LEDの世界』(共著)講談社ブルーバックス、2015年

脚注[編集]

  1. ^ a b ノーベル物理学賞に赤崎、中村、天野の3氏 青色LED開発 産経新聞 2014年10月7日閲覧
  2. ^ 博士論文書誌データベースによる
  3. ^ 快挙の師弟、笑顔で握手=「今も緊張」天野さん―赤崎さん、不夜城紹介・ノーベル賞 | ガジェット通信
  4. ^ 「<ノーベル物理学賞>天野さん、成功の秘訣「自分で目標設定」」@S[アットエス] by 静岡新聞 10月11日(土)7時29分配信
  5. ^ (2/2) 勉強嫌いほどノーベル賞がとれる!天野教授も赤崎教授も学生時代はスポーツ優先 : J-CASTテレビウォッチ
  6. ^ 「天野浩さんの人柄を仲間が紹介」
  7. ^ ノーベル物理学賞受賞の天野浩教授 研究に没頭「とにかく熱心」 静岡(1/2ページ) - 産経ニュース
  8. ^ 天野 浩 (PDF) 武田計測先端知財団
  9. ^ 「浜松科学館は重要 ― 天野名誉館長「楽しさ伝えたい」 」 『中日新聞』(中日新聞東海本社) 2015年4月7日付朝刊 p.16(浜松・遠州版)
  10. ^ 「天野さん「特別教授」に 名古屋大が名誉称号授与 」スポニチ2015年3月16日
  11. ^ [1]名古屋大学
  12. ^ 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人:朝日新聞デジタル
  13. ^ 静岡新聞 (2015年1月21日). “ノーベル賞・天野教授に県民栄誉賞贈呈 静岡”. 2015年7月3日閲覧。
  14. ^ 「 「産業の街 発展に期待」― 名誉市民・天野名大教授が講演」 『中日新聞』(中日新聞東海本社) 2015年7月2日付朝刊 第12版 p.31(社会面)

外部リンク[編集]