田中武雄 (青森県知事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 武雄(たなか たけお、1871年4月25日(明治4年3月6日[1] - 1918年大正7年)2月27日[2])は、日本の逓信官僚。官選青森県知事小倉市長。

経歴[編集]

東京府出身[1]1896年東京法学院を卒業。同年12月、判事検事登用第1回試験文官高等試験行政科試験に合格。逓信省に入省し逓信属となる[1][3]

以後、逓信事務官、逓信書記官、一等郵便局長、逓信省経理局調度課長兼電信灯台用品製造所長、兼台湾総督府事務官、東京逓信経理局長などを経て、熊本逓信管理局長に就任[1]

1913年6月、青森県知事に就任。大凶作への対応に尽力。1914年4月に休職となる[1]。同年に退官[3]1916年12月、小倉市長に就任。1918年2月、上京中に死去した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』100頁。
  2. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1918年3月1日朝刊、5面の訃報より。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』176頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。