朝鮮建国準備委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝鮮建国準備委員会
Preparatory Committee for National Construction in Chemulpo.JPG
米軍の訪問を受ける建準済物浦(仁川)支部
各種表記
ハングル 건국준비위원회
漢字 建國準備委員會
発音 コングッチュンビウィウォヌェ
(コングチュンビウィウォンフェ)
日本語読み: けんこくじゅんびいいんかい
2000年式
MR式
英語
Geonguk junbi wiwonhoe
Kŏnguk chunbi wiwŏnhoe
Preparatory Committee for National Construction
テンプレートを表示

朝鮮建国準備委員会(ちょうせんけんこくじゅんびいいんかい)は、1945年8月15日から9月7日までの連合軍軍政期呂運亨などが中心となって朝鮮総督府から行政権を引き受けるために作った組職。略称は「建準」。

概要[編集]

1945年8月15日夜、呂運亨は1年前の1944年8月に自分が結成した「建国同盟」を母体にして建国準備委員会を発足させた。委員長は呂運亨、副委員長は安在鴻が就いた。ちなみに「朝鮮建国準備委員会」という名称の発案者は安在鴻である。

1945年9月4日には全体会議が開かれて、副委員長に弁護士の許憲を立てるなど執行委員改編があった。9月6日夜に京畿女子高講堂で約1千名余が参加し「朝鮮人民共和国」樹立を宣言し、発展的解消した。

綱領[編集]

  • 私たちは完全な独立国家の建設を期する。
  • 私たちは全民族の政治的・社会的基本要求を実現することができる民主政権の樹立を期する。
  • 私たちは一時的過渡期において国内秩序を自主的に維持して大衆生活の確保を期する。

関連項目[編集]