犬山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
犬山駅
MT-Inuyama Station-WestGate.jpg
西口(2018年6月)
いぬやま
INUYAMA
所在地 愛知県犬山市犬山富士見町14
北緯35度22分49秒 東経136度56分44秒 / 北緯35.38028度 東経136.94556度 / 35.38028; 136.94556座標: 北緯35度22分49秒 東経136度56分44秒 / 北緯35.38028度 東経136.94556度 / 35.38028; 136.94556
駅番号 IY  15 
所属事業者 名古屋鉄道
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 3面6線
乗降人員
-統計年度-
17,532人/日
-2019年-
開業年月日 1912年大正元年)8月6日
乗入路線 3 路線
所属路線 犬山線各務原線直通含む) *
キロ程 24.9 km(枇杷島分岐点起点)
名鉄岐阜から各務原線経由で19.5 km
IY14 犬山口 (0.9 km)
(1.2 km) 犬山遊園 IY16
所属路線 小牧線
キロ程 20.6 km(上飯田起点)
◄ KM01 羽黒 (3.4km)
所属路線 広見線 *
キロ程 0.0 km(犬山起点)
(1.9km) 富岡前HM01 ►
備考 * 両線で直通運転を実施。
テンプレートを表示

犬山駅(いぬやまえき)は、愛知県犬山市犬山富士見町にある、名古屋鉄道(名鉄)のである。駅番号はIY15

犬山線から小牧線広見線が分岐する結節点である。各務原線の大半の電車も当駅を起点・終点としている。

歴史[編集]

  • 1912年大正元年)8月6日 - 犬山線の開通と同時に開業する。
  • 1923年(大正12年)5月1日 - 押切町駅名古屋市)から直通運転を開始するとともに、急行列車が設定される。
  • 1926年(大正15年) - 線路が犬山橋駅(現 犬山遊園駅)まで延伸される。
  • 1927年昭和2年)4月 - 駅が現在地へ移転する。
    • 開業当初は現在よりも西側(西口駐車場のあった場所)に駅があったといわれる。
  • 1931年(昭和6年)4月29日 - 大曽根線(現 小牧線)が接続する。
  • 1946年(昭和21年)3月1日 - 広見線の起点が当駅に変更される。
  • 1966年(昭和41年)2月10日 - 貨物営業廃止[1]。ニチボー専用線(0.2 km)廃止[2]
  • 1972年(昭和47年)9月27日 - 急行(後の特急)「北アルプス」が停車するようになる。
  • 1984年(昭和59年)2月 - 駅改良工事に着手する[3]
  • 1985年(昭和60年)
    • 2月24日 - 東西連絡通路と現在の駅舎の供用を開始する[4]。のりばを2面4線から3面6線に拡大する。
    • 4月7日 - 東口を開設し、バス・タクシー乗り場などが整備される[4]
  • 1987年(昭和62年)5月 - 自動改札機設置[5]
  • 1990年平成2年)度 - 西口エスカレータ設置[6]
  • 1991年(平成3年)度 - 東口エスカレータ設置[6]
  • 1992年(平成4年)2月4日 - 西口に駅ビルが完成する[7]
  • 1993年(平成5年)8月 - 配線を変更し、0番線を新設する[8]
  • 1998年(平成10年)度 - 東口エレベータ設置[6]
  • 2003年(平成15年)3月27日 - プリペイドカード「トランパス」を、小牧線のみ供用を開始する(のちに犬山線・広見線にも拡大)。
  • 2009年(平成21年)度 - 2010年(平成22年)度 - 西口と各ホームのエレベータ、北改札口、バリアフリー対応トイレを設置[6]
  • 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」のサービス開始とともに、当駅での供用を開始する。
  • 2012年(平成24年)2月29日 - 「トランパス」のサービス終了に伴い、当駅での供用も終了する。

駅構造[編集]

島式ホーム3面6線の地上駅橋上駅舎を有している。上飯田連絡線開通に備えて1番線の南側に0番線を設け、4面7線にする計画もあったが[9]、配線変更で0番線に相当する留置線[8]が整備されるに留まり、ホームの増設などは実施されなかった。現在この留置線は地下鉄鶴舞線直通用車両の留置に使われている。

南改札口と北改札口があり、改札外の東西連絡通路沿いに向かい合って位置している。ともに自動券売機[注釈 1]自動改札機、ICカードチャージ機、そして北改札口内には自動精算機を備えている。

売店は改札口西側すぐにある。

列車の発着番線が方面ごとに決まっておらず、同じ方面の同種列車であっても発車番線が時間によって異なる。また、他の方面へ向かう場合は、降りたホームでそのまま乗り換えができないこともある。

各ホームと自由通路東西に計5つのエレベータが設置されており、北改札口を入ったところにはバリアフリー対応トイレが設置されている。

のりば[10]
1 2 3 4 5 6 路線 方向 行先 備考
IY 犬山線 下り 新鵜沼名鉄岐阜方面[10] 新鵜沼から各務原線に直通あり
IY 犬山線 上り 名鉄名古屋方面[10] 上小田井から地下鉄鶴舞線に直通あり
KM 小牧線 上り 平安通方面[10][注釈 2] 上飯田から地下鉄上飯田線に直通あり
HM 広見線(犬山〜新可児) 下り 新可児方面[10] 全列車新可児行きであり、御嵩方面へは新可児駅で乗り換えが必要

配線図[編集]

名鉄 犬山駅 構内配線略図
↑ 犬山線
江南岩倉名古屋方面

小牧線
平安通方面
名鉄 犬山駅 構内配線略図
犬山線・各務原線
新鵜沼岐阜方面
↓ I:犬山検査場車庫線
    K:広見線 新可児方面
凡例
出典:[11]


テナント[編集]

  • もちたけ 犬山駅コンコース店(西口駅ビル2階)[1]
  • ファミリーマート エスタシオ 犬山駅店(西口駅ビル2階、名鉄産業運営)[2]
  • EIGHT PARK CAFE 犬山店(西口駅ビル1階、エイトデザイン運営)[3]
  • ハチカフェ犬山(西口駅ビル1階、エイトデザイン運営)[4]
  • ブーランジェリープーブー犬山店[12](東側自由通路上)
  • ロッテリア名鉄犬山駅店

運行ダイヤ[編集]

当駅で種別変更する列車が多い。系統ごとの概要は以下のとおりである。

  • 日中の名鉄名古屋・中部国際空港方面からの準急新可児行きは当駅から普通になるほか、新可児からの名鉄名古屋方面直通の普通は当駅から準急になる。(岩倉駅から北は準急のまま各駅に停車する)ミュースカイ・快速特急・特急と新鵜沼止まりは種別変更を行わず、そのまま新鵜沼駅まで直通する。朝にはミュースカイ・特急が新可児駅から到着するが、種別変更せず名鉄名古屋方面へ直通する。
  • 名鉄岐阜方面からの列車は当駅では種別変更を行わない(変更する場合、新鵜沼駅で変更してから当駅に到着する)。名鉄名古屋方面からの大部分の普通列車と広見線の半数の普通列車[注釈 3]、朝のラッシュ時以降の各務原線直通列車は当駅始発・終着である。
  • 小牧線列車、地下鉄鶴舞線直通列車は新鵜沼方面や新可児方面へは乗り入れない。[注釈 4]

当駅から犬山検査場への出・入庫列車や新鵜沼への回送列車も運転されているほか、一部の当駅止まりの列車は当駅到着後に車庫へ入らず行先を変更の上延長運行することもある。(東岡崎から来た普通犬山行きが、そのまま普通岐阜行きや普通新可児行きに変更など)

広見線と名鉄名古屋方面を直通する列車を中心に、当駅で増解結を行うこともある。当駅構内に犬山乗務区があり、一部の急行などでは乗務員の交代も行われている。

現存する名鉄車両では、4000系以外すべての車両が発着する唯一の駅である。

利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は16,057人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中22位、犬山線(17駅)中5位、広見線(11駅)中1位、小牧線(14駅)中1位であった[13]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は22,145人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中16位、 犬山線(17駅)中3位、広見線・八百津線(16駅)中1位、小牧線(14駅)中1位であった[14]
  • 『名鉄 1983』によると、1981年度当時の一日平均乗降人員は17,372人であり、この値は名鉄全駅中18位であった[15]

『愛知県統計書』『愛知県統計年鑑』『犬山市の統計』各号によると、一日平均乗車人員および一日平均乗降人員の推移は以下の通りである。

一日平均乗車・乗降人員の推移
乗車人員乗降人員備考
総数定期
1914(大正03)年度210428[16]
1915(大正04)年度198397[17]
1916(大正05)年度253509[18]
1917(大正06)年度292592[19]
1918(大正07)年度339683[20]
1919(大正08)年度401807[21]
1920(大正09)年度447894[22]
1921(大正10)年度399797[23]
1922(大正11)年度472939[24]
1923(大正12)年度468938[25]
1924(大正13)年度5131026[26]
1925(大正14)年度5401066[27]
1926(大正15)年度4951028[28]
1927(昭和02)年度423896[29]
1928(昭和03)年度
1929(昭和04)年度
1930(昭和05)年度399835[30]
1931(昭和06)年度3136634月29日大曽根線(現・小牧線)開業[31]
1932(昭和07)年度278586[32]
1933(昭和08)年度370790[33]
1934(昭和09)年度282595[34]
1935(昭和10)年度354718[35]
1936(昭和11)年度303627[36]
1937(昭和12)年度4861019[37]
1938(昭和13)年度6081238[38]
1939(昭和14)年度9612010[39]
1940(昭和15)年度11672487[40]
1941(昭和16)年度
1942(昭和17)年度
1943(昭和18)年度
1944(昭和19)年度
1945(昭和20)年度1946年3月1日広見線起点変更
1946(昭和21)年度*5490[41]
1947(昭和22)年度
1948(昭和23)年*3942*8003期間は1948年1月 - 1948年12月末[42]
1949(昭和24)年度*3953*7981期間は1949年5月 - 1950年4月末[43]
1950(昭和25)年度*3208*6589期間は1949年11月 - 1950年10月末[44]
1951(昭和26)年度*4246*8626[45]
1952(昭和27)年度42798585[46]
1953(昭和28)年度45179090[47]
1954(昭和29)年度49219860[48]
1955(昭和30)年度48439718[49]
1956(昭和31)年度527810654[50]
1957(昭和32)年度546311009[51]
1958(昭和33)年度
1959(昭和34)年度
1960(昭和35)年度
1961(昭和36)年度
1962(昭和37)年度
1963(昭和38)年度
1964(昭和39)年度
1965(昭和40)年度8315604416830[52][53]
1966(昭和41)年度8889639317730[53]
1967(昭和42)年度9309669718513[53]
1968(昭和43)年度9504675418898[53]
1969(昭和44)年度9950697919704[53]
1970(昭和45)年度10499723320885[52][53]
1971(昭和46)年度10296700720492[52][53]
1972(昭和47)年度10488697920880[52][53]
1973(昭和48)年度9978622919886[52][53]
1974(昭和49)年度9897621319691[52][53]
1975(昭和50)年度9334582418581[52][53]
1976(昭和51)年度9009559517918[52][54]
1977(昭和52)年度8993556217883[52][54]
1978(昭和53)年度9060555018003[52][54]
1979(昭和54)年度8941539517764[52][54]
1980(昭和55)年度8991534017875[52][55]
1981(昭和56)年度8955536917784[52][56]
1982(昭和57)年度8900535717661[52][57]
1983(昭和58)年度6649515513250[52][58]
1984(昭和59)年度8596509617132[52][59]
1985(昭和60)年度8790513417496[52][60]
1986(昭和61)年度8944525317794[52][61]
1987(昭和62)年度9000528117966[52][62]
1988(昭和63)年度9822542419516[52][63]
1989(平成元)年度10008554219897[52][64]
1990(平成02)年度10273577320406[52][65]
1991(平成03)年度10808602721427[52][66]
1992(平成04)年度10922611121663[52][67]
1993(平成05)年度11034616521899[52][68]
1994(平成06)年度11050621721893[52][69]
1995(平成07)年度11137630422076[52][70]
1996(平成08)年度10999616621769[52][71]
1997(平成09)年度10372585320577[52][72]
1998(平成10)年度10008559419806[52][73]
1999(平成11)年度9588535318968[52][74]
2000(平成12)年度9263519018329[52][75]
2001(平成13)年度9072508217989[52][76]
2002(平成14)年度8870500217610[52][77]
2003(平成15)年度8773473617553[52][78]
2004(平成16)年度8565455517123[52][79]
2005(平成17)年度8615447317243[52][80]
2006(平成18)年度8299435416602[52][81]
2007(平成19)年度8216429616452[52][82]
2008(平成20)年度8186427116396[52][83]
2009(平成21)年度7807414015604[52][84]
2010(平成22)年度7749414615475[52][85]
2011(平成23)年度778315541[52]
2012(平成24)年度801315927[52]
2013(平成25)年度806616057[52]
2014(平成26)年度814416161[52]
2015(平成27)年度858517050[52]
2016(平成28)年度874217347[52]
2017(平成29)年度879417409[52]
2018(平成30)年度896617771[52]
2019(令和元)年度883217532[52]
2020(令和02)年度619912379[52]

* 千人単位からの概算値

駅周辺[編集]

東西連絡通路(2007年5月5日)

犬山城は当駅よりも隣の犬山遊園駅の方が距離的には近い。ただし城下町を経由しないため公共交通機関で犬山城へ向かう場合、当駅から向かうのが一般的である。

駅の東西の往来は、歩行者および自転車については駅構内(改札外の東西連絡通路)を利用することが可能である。なお、自動車が利用可能な至近の道路として、駅北側の踏切や駅南側の陸橋(愛知県道64号一宮犬山線)などがある。

駅西側は商店街になっており、犬山市役所や犬山市立図書館などもある。犬山城へは西口から徒歩10分ほどの距離に位置している。

駅東側は区画整理され、ヨシヅヤ犬山店が駅前ロータリーに隣接している。

タクシー乗り場は西側・東側ともロータリー内に設置されている。

東口[編集]

犬山駅東口のからくり時計

西口[編集]

路線バス[編集]

バスは一部を除き東口より発着している。

かつては西口にも名鉄バスが乗り入れていたが、2002年9月30日に当駅と新鵜沼駅・鵜沼緑苑団地を結ぶ路線が廃止されたことにより全て無くなった[要出典]

犬山駅:(東口バス停留所
犬山駅:(西口バス停留所
  • 犬山市コミュニティバス(上野線・内田線)

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
IY 犬山線(全列車とも当駅から犬山遊園方の各駅に停車)
ミュースカイ
江南駅(IY10)- 犬山駅(IY15) - 犬山遊園駅(IY16)
快速特急特急
柏森駅(IY11) - 犬山駅(IY15) - 犬山遊園駅(IY16)
快速急行急行
扶桑駅(IY12) - 犬山駅(IY15) - 犬山遊園駅(IY16)
準急・■普通
犬山口駅(IY14) - 犬山駅(IY15) - 犬山遊園駅(IY16)
HM 広見線(犬山〜新可児)
ミュースカイ・特急
西可児駅(HM03) → 犬山駅(IY15)(→ 名鉄名古屋駅方面)
■普通
(名鉄名古屋駅・名鉄岐阜駅方面 -) 犬山駅(IY15) - 富岡前駅(HM01)
KM 小牧線
羽黒駅(KM01) - (五郎丸信号場)- 犬山駅(IY15)
羽黒駅との間に犬山側より東犬山駅五郎丸駅の2駅があったが、廃止された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 南向きに1台、北向きに1台の2台がある。いずれもタッチパネル式でミューチケットの発売ができ、名古屋市営地下鉄との連絡乗車券はどの券売機でも購入が可能[要出典]。ただし名古屋市営地下鉄との連絡乗車券を購入する場合、上小田井経由と上飯田経由では運賃が異なるが、manaca等の交通系ICカードを利用する場合は最短経路で計算される。
  2. ^ 基本的には3番線。
  3. ^ 当駅でミュースカイおよび新鵜沼方面への急行に接続する。新可児駅では御嵩行に接続しない。
  4. ^ 日本ライン夏祭り花火大会開催時は除く。

出典[編集]

  1. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、1018頁。 
  2. ^ 清水武、田中義人、澤内一晃 『名古屋鉄道の貨物輸送』フォト・パブリッシング、2021年、268頁。ISBN 978-4802132701 
  3. ^ 鉄道ピクトリアル 1984年5月号 93頁
  4. ^ a b 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、1058頁。 
  5. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、570頁。 
  6. ^ a b c d 犬山市議会定例会、2014年11月4日
  7. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、1076頁。 
  8. ^ a b 寺沢秀樹 「輸送と運転 近年の動向」、『鉄道ピクトリアル No.624 1996年7月号臨時増刊』 鉄道図書刊行会、p.26
  9. ^ 地下鉄との相互直通運転と小牧線の複線化 - 名古屋鉄道、(ウェイバックマシンによるアーカイブ、2001年1月16日取得、2016年3月27日閲覧)。
  10. ^ a b c d e 各駅詳細情報|犬山線|犬山|駅構内図”. 名古屋鉄道. 2021年10月3日閲覧。
  11. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  12. ^ 犬山店オープンのお知らせ”. 2021年11月27日閲覧。
  13. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。 
  14. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。 
  15. ^ 名古屋鉄道(編集) 『名鉄 1983』名古屋鉄道、1983年、36頁。 
  16. ^ 愛知県統計書. 大正3年』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  17. ^ 愛知県統計書. 大正4年』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  18. ^ 愛知県統計書. 大正5年』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  19. ^ 愛知県統計書. 大正6年』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  20. ^ 愛知県統計書. 大正7年』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  21. ^ 愛知県統計書. 大正8年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  22. ^ 愛知県統計書. 大正9年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  23. ^ 愛知県統計書. 大正10年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  24. ^ 愛知県統計書. 大正11年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  25. ^ 愛知県統計書. 大正12年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  26. ^ 愛知県統計書. 大正13年』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  27. ^ 愛知県統計書. 大正14年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  28. ^ 愛知県統計書. 大正15・昭和元年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  29. ^ 愛知県統計書. 昭和2年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  30. ^ 愛知県統計書. 昭和5年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  31. ^ 愛知県統計書. 昭和6年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  32. ^ 愛知県統計書. 昭和7年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  33. ^ 愛知県統計書. 昭和8年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  34. ^ 愛知県統計書. 昭和9年 第1編 土地、戸口、其他』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  35. ^ 愛知県統計書. 昭和10年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  36. ^ 愛知県統計書. 昭和11年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  37. ^ 愛知県統計書. 昭和12年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  38. ^ 愛知県統計書. 昭和13年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  39. ^ 愛知県統計書. 昭和14年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  40. ^ 愛知県統計書. 昭和15年 第1編 土地、戸口、其他』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  41. ^ 愛知県統計書. 昭和21年』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  42. ^ 愛知県統計書. 昭和23年』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  43. ^ 愛知県統計書. 昭和24年』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  44. ^ 愛知県(編)『愛知県統計年鑑 昭和27年刊行』、愛知県、1952年、332-333頁
  45. ^ 愛知県(編)『愛知県統計年鑑 昭和28年刊行』、愛知県、1953年、316-317頁
  46. ^ 愛知県(編)『愛知県統計年鑑 昭和29年刊行』、愛知県、1954年、335-336頁
  47. ^ 愛知県(編)『愛知県統計年鑑 昭和30年刊行』、愛知県、1955年、311-312頁
  48. ^ 愛知県(編)『愛知県統計年鑑 昭和31年刊行』、愛知県、1956年、309-310頁
  49. ^ 愛知県(編)『愛知県統計年鑑 昭和32年刊行』、愛知県、1957年、325-326頁
  50. ^ 愛知県(編)『愛知県統計年鑑 昭和33年刊行』、愛知県、1958年、341-342頁
  51. ^ 愛知県(編)『愛知県統計年鑑 昭和34年刊行』、愛知県、1959年、385-836頁
  52. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az 犬山市の統計(オープンデータ)”. 犬山市. 2022年8月1日閲覧。
  53. ^ a b c d e f g h i j k 犬山市企画開発課(編)『犬山市の統計 昭和51年版』、犬山市、1976年、35頁
  54. ^ a b c d 犬山市総務部総務課(編)『犬山市の統計 昭和55年版』、犬山市、1980年、41頁
  55. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和57年刊』、愛知県、1982年、241頁
  56. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和58年刊』、愛知県、1983年、225頁
  57. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和59年刊』、愛知県、1984年、225頁
  58. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和60年刊』、愛知県、1985年、243頁
  59. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和61年刊』、愛知県、1986年、237頁
  60. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和62年刊』、愛知県、1987年、225頁
  61. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和63年刊』、愛知県、1988年、225頁
  62. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成元年刊』、愛知県、1989年、227頁
  63. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成2年刊』、愛知県、1990年、225頁
  64. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成3年刊』、愛知県、1991年、227頁
  65. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成4年刊』、愛知県、1992年、231頁
  66. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成5年刊』、愛知県、1993年、223頁
  67. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成6年度刊』、愛知県、1995年、223頁
  68. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成7年度刊』、愛知県、1996年、第10章 運輸・通信
  69. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成8年度刊』、愛知県、1997年、第10章 運輸・通信
  70. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成9年度刊』、愛知県、1998年、第10章 運輸・通信
  71. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成10年度刊』、愛知県、1999年、第10章 運輸・通信
  72. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成11年度刊』、愛知県、2000年、第10章 運輸・通信
  73. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成12年度刊』、愛知県、2001年、第10章 運輸・通信
  74. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成13年度刊』、愛知県、2002年、第10章 運輸・通信
  75. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成14年度刊』、愛知県、2003年、第10章 運輸・通信
  76. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成15年度刊』、愛知県、2004年、第10章 運輸・通信
  77. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成16年度刊』、愛知県、2005年、第10章 運輸・通信
  78. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成17年度刊』、愛知県、2006年、第10章 運輸・通信
  79. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成18年度刊』、愛知県、2007年、第10章 運輸・通信
  80. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成19年度刊』、愛知県、2008年、第10章 運輸・通信
  81. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成20年度刊』、愛知県、2009年、第10章 運輸・通信
  82. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成21年度刊』、愛知県、2010年、第10章 運輸・通信
  83. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成22年度刊』、愛知県、2011年、第10章 運輸・情報通信
  84. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成23年度刊』、愛知県、2012年、第10章 運輸・情報通信
  85. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成24年度刊』、愛知県、2013年、第10章 運輸・情報通信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]