犬山中央病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 総合犬山中央病院
Sogo Inuyama Chuo Hospital.JPG
2005年撮影
情報
正式名称 社会医療法人 志聖会 総合犬山中央病院
英語名称 Inuyama Chuo General Hospital
前身 医療法人 社団 志聖会 犬山中央病院
標榜診療科 内科、消化器科、循環器科、呼吸器科、神経内科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、放射線科、麻酔科、こう門科、リハビリテーション科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科
許可病床数

316床


一般病床:316床
職員数 450
開設者 社会医療法人 志聖会
管理者 竹腰昭道(院長)
開設年月日 1982年昭和57年)4月5日
所在地
484-8511
愛知県犬山市大字五郎丸字二タ子塚6
位置 北緯35度21分49.6秒
東経136度56分48.5秒
二次医療圏 尾張北部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

総合犬山中央病院(そうごういぬやまちゅうおうびょういん)は、愛知県犬山市にある病院である。社会医療法人志聖会が運営する。犬山市丹羽郡扶桑町大口町可児市各務原市鵜沼地区を主な診療圏とした病院である。また2次救急告示医療機関である。回復期リハビリテーション施設も併設している。

特徴[編集]

  • 愛知県尾張北部医療圏の南部地域(丹羽郡大口町・扶桑町、犬山市)と岐阜県可児市、各務原市の一部の急性期医療を担う病院である。

診察科[編集]

各種認定[編集]

沿革[編集]

  • 1982年(昭和57年) 犬山中央病院 開設。
  • 1982年(昭和57年) 予防検診事業(人間ドック、成人病検診)開始。
  • 1988年(昭和63年) 病院広報紙『ごろまるだより』発刊。
  • 1988年(昭和63年) 院内保育施設『たんぽぽ』開設。
  • 1995年(平成7年)  救急輪番制病院群 指定。
  • 1998年(平成10年) 総合病院 承認。
  • 2001年(平成13年) 開放型病院 承認。
  • 2003年(平成15年) 臨床研修病院 指定。
  • 2004年(平成16年) 回復期リハビリテーション病棟竣工。
  • 2013年(平成25年) RI棟竣工式、内覧会実施
  • 2013年(平成25年) 社会医療法人認可取得 新法人名 社会医療法人 志聖会に改称  同時に病医院名も 総合犬山中央病院に改称

交通機関[編集]

もしくは

  • 岐阜バスコミュニティ明治村行き「犬山中央病院東」バス停下車。

付属施設[編集]

  • 循環器センター
  • 脳卒中センター
  • 健康管理センター

提携施設[編集]

  • 尾北看護専門学校

関連項目[編集]

時津風部屋力士暴行死事件

外部リンク[編集]