中小田井駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中小田井駅
1991年に高架化された中小田井駅
1991年に高架化された中小田井駅
なかおたい
NAKA OTAI
IY01 下小田井 (1.4km)
(1.1km) 上小田井 IY03
所在地 名古屋市西区中小田井一丁目688
駅番号 IY  02 
所属事業者 Meitetsu logomark 2.svg名古屋鉄道
所属路線 犬山線
キロ程 2.4km(枇杷島分岐点起点)
駅構造 高架駅
ホーム 相対式 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,699人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1912年大正元年)8月6日
テンプレートを表示

中小田井駅(なかおたいえき)は、愛知県名古屋市西区中小田井1丁目にある、名鉄犬山線である。駅番号はIY02。原則普通電車のみが停車するが、平日朝ラッシュ時には一部の急行が当駅と下小田井駅に停車する。

駅構造[編集]

  • 3層の高架駅で、8両編成対応の相対式プラットホーム2面2線である。出札と改札は自動化され、駅員はいない。
  • 2階に改札1ヶ所とトイレ等があり、ホームからの出入り口は上小田井・犬山方向にある。エレベータも併設されている。
のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 犬山線 下り 上小田井岩倉江南犬山方面
2 犬山線 上り 名古屋東岡崎太田川方面

配線図[編集]

中小田井駅 構内配線略図

名古屋方面
中小田井駅 構内配線略図
岩倉・
犬山方面
凡例
出典:[1]


利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は3,367人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中125位、犬山線(17駅)中11位であった[2]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は5,213人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中86位、 犬山線(17駅)中10位であった[3]
  • 『名古屋市統計年鑑』によると、2014年度の1日平均乗車人員は1,699人である。各年度の1日平均乗車人員は以下の通り[4]
年度 1日平均
乗車人員
2000年 1,645
2001年 1,597
2002年 1,521
2003年 1,477
2004年 1,508
2005年 1,533
2006年 1,538
2007年 1,514
2008年 1,603
2009年 1,524
2010年 1,557
2011年 1,602
2012年 1,628
2013年 1,672
2014年 1,699

地下鉄鶴舞線の開業以後、隣の上小田井駅が乗降者を増やしているのに対して、当駅の乗降者は減少している。

駅周辺[編集]

バス[編集]

最寄停留所は、中小田井五丁目となる。以下の路線が乗り入れ、名古屋市交通局により運行されている。

  • 小田12:上小田井駅経由平田住宅行、小田井野田経由平田住宅行

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
犬山線
ミュースカイ快速特急特急快速急行急行準急
通過
急行(特別停車)・■普通
下小田井駅 - 中小田井駅 - 上小田井駅

脚注[編集]

  1. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  2. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  3. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  4. ^ 毎年の統計データ(名古屋市統計年鑑) - 名古屋市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]