愛知県立西尾高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
愛知県立西尾高等学校
Aichi-Prefectural-Nishio-High-School-1.jpg
過去の名称 愛知県立西尾中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 愛知県の旗 愛知県
学区 普通科 三河2群Bグループ
併合学校 愛知県立西尾高等女学校
愛知県立幡豆高等学校
校訓 「進取」「自主」「克己」
設立年月日 1918年2月22日
共学・別学 男女共学
分校 一色 (1952年独立)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制[1]
高校コード 23184D
所在地 445-0803
愛知県西尾市桜町奥新田2-2
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

愛知県立西尾高等学校(あいちけんりつ にしおこうとうがっこう)は、愛知県西尾市桜町奥新田にある公立高等学校。旧制学校以来の伝統校で、西尾市、幡豆郡を中心とした、西三河南部における難関校であり、安城市碧南市蒲郡市岡崎市からの通学生も多い。

沿革[編集]

通用門門柱(登録有形文化財

旧西尾高等女学校[編集]

旧制西尾中学校[編集]

  • 1926年(大正15年) - 愛知県立西尾中学校設立(旧制)。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革により愛知県立西尾高等学校となる。

西尾高等学校[編集]

  • 1948年(昭和23年)10月1日 - 愛知県立幡豆高等学校と愛知県立西尾高等学校が合併して(新)愛知県立西尾高等学校となり、男女共学となる。
  • 1949年(昭和24年) - 総合制実施により愛知県立西尾実業高等学校と合併。一色町及び吉田町の定時制農業課程も分校として併置。
  • 1950年(昭和25年) - 高等学校再配置転換により、旧西尾実業高等学校(現愛知県立鶴城丘高等学校)および吉田分校が分離。
  • 1952年(昭和27年)4月1日 - 一色分校が愛知県立一色高等学校として分離独立。
  • 2017年(平成29年)6月28日 - 通用門門柱が国の登録有形文化財に登録された[1][2]

教育目標[編集]

教育基本法に則り、知性高く、情操豊かで、進取の気性、自主的な精神、強固な克己心を備えた健康な国民を育成する。

著名な出身者[編集]

最寄駅[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 西尾市の文化財 愛知県立西尾高等学校通用門門柱 - 西尾市役所
  2. ^ 相坂穣 (2017年3月11日). “文化審議会答申 県内対象 重要文化財 万葉集(紀州本) 登録有形文化財 県立高13校正門など”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 県内版 26 

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]