浅井基文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅井 基文(あさい もとふみ、1941年7月3日 - )は、日本の元外交官政治学者

経歴[編集]

愛知県生まれ。愛知県立西尾高等学校卒業1963年東京大学法学部を経て外務省に入省。同期には野村一成ら。

中国語研修(台湾及び米国ハーバード大学)、アジア局中国課、条約局条約課、在オーストラリア大使館、在ソ連大使館、調査部分析課を経て、条約局国際協定課長(1978年 - 1980年)、在中国大使館参事官(1980年 - 1983年)、アジア局中国課長(1983年 - 1985年)、イギリス国際戦略研究所研究員(1986年 - 1987年)などを歴任。

1988年東京大学教養学部教授に就任。1990年日本大学法学部教授。1992年明治学院大学国際学部教授を務める(2005年1月まで[1]。)。2005年4月、広島市立大学広島平和研究所所長に就任(2011年3月31日退職)。

日米同盟を基本とした日本外交、特に安倍政権に批判的であり、護憲・平和主義の立場からの論陣を張っている[2]

人物[編集]

外務省に入り中国語研修(チャイナスクール)を選んだ理由について「高校生の頃から、毛沢東周恩来が率いた中国革命の成功と社会主義・中国の新鮮なイメージがなんとなく私の中に育っていたためもあって、中国問題に関わる仕事をしたい気持ちがあったという単純な理由から」と述べている[3]

1992年から2005年まで明治学院大学国際学部教授している間に講義を受けた大学生らが、中国を批判的な目で見る日本のマスコミなどを恥ずかしい。・日本はアジアに対して本当に横柄だ。・先生の講義を受ける前と自身は変わった。・辺野古基地移設反対活動をゼミナールで行っている。・日本に対する失望と反比例して自らの希望を強く持てるようになれた、と発言するようになっている。それに対して浅井は今の日本の若者には希望が持てる!とし、『中国は、弱者の立場の観点を身につけている中国人にはさらに「個」が備わっているから、将来的に民主主義を我がものにする可能性が大きい。逆に日本は弱者の立場の観点も身につけておらず、「個」も極めて希薄な日本人には民主主義の実現には多くの課題が横たわっている』と述べている。[4]

2002年の小泉純一郎首相の北朝鮮の訪問について『拉致問題が最大の問題だという立場に小泉首相が立つのは間違いで、拉致問題は日朝国交正常化の後の交渉する問題であることを忘れてはいけない。物事の順序をひっくり返し、問題をすり替えれば、日本はずっと国際的に信用される国になれないと忘れてはならない』と拉致問題より日本は北朝鮮へ賠償を優先すべきと非難した[5]

護憲[6]として自衛隊の存在そのものが憲法第9条違反、自衛隊の軍事的「国際貢献」も違憲、国連のお墨付きがあれば自衛隊が海外で活動するのももちろん違憲、という同じ第9条の改憲反対派でも自衛隊の維持は賛成派を除くと自身と同じ憲法解釈の護憲ら多くないだろうと憂いている[7]

サッカー観戦好きだが日本人が試合に先立つ君が代の大合唱し、多くのサポーターが日の丸(国旗)を振り回し、日の丸のフェイス・ペインティングすることに恐怖感を覚えている[8]

日本がアメリカなどの戦争重視の政策している先進国を批判する活動・外交を積極的にすれば、国際社会は拍手喝采を日本に対して送ると考えている[9]

日中関係悪化の責任は全ては中国政府や中国国民ではなくて、日本政府と日本人のせいだと考えていて、試合で中国人サポーターが日中関係悪化によって日本人に対してだけブーイングするのは、偏狭な排外主義とは明確に一線を画していると述べている[10]


2009年9月29日、日本が拉致問題解決だけを主張して交渉しようとすることが北朝鮮の非核化を妨げていると主張した[11]

外国からの難民受け入れのために、日本人の意識を変える必要があるとしている。また、集団的自衛権の行使は、アメリカの戦争政策への加担を意味すると述べている[12]

家族[編集]

三人の子供がいる。その内の子供の特に難病を持って産まれた孫を愛情を持って育てている[13]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日本の外交--反省と転換』(岩波書店岩波新書]、1989年)
  • 『外交官--ネゴシエーターの条件』(講談社講談社現代新書]、1991年)
  • 『新しい世界秩序と国連--日本は何をなすべきか』(岩波書店、1991年)
  • 『どこへ行く日本-湾岸戦争の教訓と外交の進路』(かもがわ出版、1991年)
  • 『「国際貢献」と日本--私たちに何ができるか』(岩波書店[岩波ジュニア新書]、1992年)
  • 『国家と国境--国際化社会における秩序と民族自決問題』(ほるぷ出版、1992年)
  • 『私の平和外交論』(新日本出版社、1992年)
  • 『新保守主義--小沢新党は日本をどこへ導くのか』(柏書房、1993年)
  • 『「国連中心主義」と日本国憲法』(岩波書店[岩波ブックレット]、1993年)
  • 『国際的常識と国内的常識--「脱冷戦」後の国際社会と日本の役割』(柏書房、1994年)
  • 『非核の日本・無核の世界』(労働旬報社、1996年)
  • 『平和大国か軍事大国か』(近代文芸社、1997年)
  • 『新ガイドラインQ&A--ここが問題』(青木書店、1997年)
  • 『中国をどう見るか--21世紀の日中関係と米中関係を考える』(高文研、2000年)
  • 『集団的自衛権と日本国憲法』(集英社集英社新書]、2002年)
  • 『戦争する国しない国--戦後保守政治と平和憲法の危機』(青木書店、2004年)
  • 『国際社会のルール(1)平和な世界に生きる』(旬報社、2007年)
  • 『13歳からの平和教室』(かもがわ出版、2010年)
  • 『日英対照 広島に聞く 広島を聞く』(かもがわ出版、2011年)
  • 『ヒロシマと広島』(かもがわ出版、2011年)
  • 『すっきり!わかる 集団的自衛権Q&A』(大月書店、2014年)

編著[編集]

  • 『茶の間で語りあう新ガイドライン』(かもがわ出版、1998年)

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]公式サイト,2005年1月23日.
  2. ^ 元外交官・浅井基文氏 オバマ広島訪問「安倍政権が演出」」,日刊ゲンダイ
  3. ^ http://www.ne.jp/asahi/nd4m-asi/jiwen/thoughts/2011/411.html
  4. ^ [2]日本の若者には希望が持てる!(最終講義に対する学生のリアクションを読んだ感想),公式サイト,2005年1月23日.
  5. ^ [3]「小泉首相の訪朝について」,公式サイト.
  6. ^ [4]「衆議院総選挙の結果について」,公式サイト.
  7. ^ [5]「憲法第9条について考えること Page.1」、公式サイト,2005年4月23日.
  8. ^ [6]「サッカーと君が代・日の丸」.
  9. ^ [7]「日本はどのような国になっていくのか」
  10. ^ [8]「中国と日本:日中関係悪化の主要な責任は日本にある」
  11. ^ 憲法講演:広島平和研究所長・浅井さん「9条は21世紀の道しるべ」 - 毎日新聞 2009年9月29日
  12. ^ [9]「難民の時代、世界はどこに向かうのか」
  13. ^ [10]公式サイト.

外部リンク[編集]