岡安辰雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡安 辰雄(おかやす たつお、本名:伊藤 辰雄、1934年5月19日 - 2014年5月31日)は日本の演劇評論家ジャーナリスト

来歴・人物[編集]

日本伝統芸能・芝居などの舞台演劇評論家新聞記者愛知県西尾市生まれ。 名古屋市を拠点に活動した。

東海地方を中心に演劇・舞台芸術評論のリーダー的存在であり、造詣が深く関係者からも厚い信頼を得た第一人者。舞台芸術の育成に大きく貢献した人物[1]

御園座名鉄ホール中日劇場の興業を軸に半世紀以上、主たる興業の稽古取材・プログラム執筆を手掛けた。 歌舞伎・芝居・舞踊などを一般の観劇者に判りやすい解説文を書くことがポリシーであり、ユーモア溢れる人柄で多くの役者・舞台関係者から慕われた。 中京五流舞踊公演のほか西川流名古屋をどりは評論当初から携わった。 新聞記者としては「芸能」のほかに「釣り」「囲碁」などの取材執筆も晩年まで担当した。

所属歴[編集]

  • 日本演劇協会評論部[2]
  • CBCクラブ名誉会員
  • 2010年あいちトリエンナーレ 公募選考委員[3]
  • 名古屋演劇ペンクラブ理事
  • 中京通信
  • むすめ歌舞伎顧問
  • 日本舞踊芝流芝之会顧問

エピソード[編集]

ファクシミリが一般普及以前の時代、雑誌「演劇界」への原稿送付は取材・観劇後すぐに名古屋中央郵便局に出向き、立って執筆を行い速達投函が常だった。記者となって最初の取材は丹下キヨ子。  

受賞歴[編集]

  • 2001年 NPO世界劇場会議 名古屋 第6回ITCN文化賞受賞[4]
  • 2011年 第52回CBCクラブ文化賞受賞 [5]
  • 2012年 愛知大学優秀奨励賞受賞[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知大学奨励賞受賞者一覧ページ”. 2014年11月25日閲覧。
  2. ^ 日本演劇協会”. 2014年11月24日閲覧。
  3. ^ 2010年あいちトリエンナーレ公募選考委員”. 2014年11月24日閲覧。
  4. ^ 第6回ITCN文化賞”. 2014年11月24日閲覧。
  5. ^ CBCクラブ文化賞”. 2014年11月24日閲覧。
  6. ^ 2012年 愛知大学優秀奨励賞 (PDF)”. 2014年11月24日閲覧。